「私たちに求められるのは、この国を守り抜くため、精強かつ持続力のある地方隊をつくり上げること」──こう部下に訓示した人物が誰だかお分かりだろうか。正解は、海上自衛隊で最も階級が高い「海将」に女性で初めて昇任した近藤奈津枝氏(57)だ。

 ***

 ちなみに、自衛隊で女性が「将」に昇進したのは、陸将、空将を含め初。青森県むつ市にある海上自衛隊大湊地方総監部の総監となり、昨年12月23日、着任式に臨んだ。

 訓示には冒頭で紹介したもののほかに、「すべての隊員が、日曜日の夜に『月曜日に出勤するのが楽しみで仕方ない』と思える組織こそが結果を出せる」という興味深い言葉もある。

 いずれにしても、それほど自衛隊に詳しくない人でも、「とてつもなく偉い人」というイメージは強いはずだ。担当記者が言う。

「海上自衛隊の“海将”は、諸外国の海軍や旧帝国海軍では“中将”に相当します。例えば、真珠湾攻撃で有名な山本五十六は1934年に海軍中将となりました。そして39年に55歳で連合艦隊司令長官に任命されています。近藤さんは、当時の山本五十六と同じ階級というわけです。海上自衛隊の普通の隊員にとっては、文字通り“神様”のように偉い人です」

 その近藤氏だが、非常にユニークな経歴の持ち主でもある。1966年に山口県で生まれ、大学は地元の国立・山口大学に進んだ。そして卒業すると、中学校の臨時採用教員として国語を教えていたのだ。海上自衛隊の関係者が言う。

最初は看護師

「近藤さんは市役所で自衛官募集のパンフレットを見たのがきっかけで、1989年に海上自衛隊に入隊しました。これまで自衛隊で活躍する女性といえば、92年に防衛大学校に初めて入学した女子学生たちが常に注目を集めてきました。海上自衛隊では、女性として初めて練習艦の艦長になった東良子さん(50)、初めてイージス艦の艦長となった大谷三穂さん(52)といった方々です。近藤さんは彼女らより前の世代で、まさに女性尉官のパイオニアと言っていいでしょう」

 旧帝国海軍が女性に門戸を開くことはなかった。一方、1954年に発足した自衛隊は当初から女性自衛官を採用した。だが、当時の定員17万人のうち女性自衛官は144人。おまけに職種も限定され、全員が看護師だった。

「女性自衛官の草分けは医療関係者」という歴史があるため、自衛隊で初めて将官となった佐伯光(ひかる)氏(80)は海上自衛隊の医官だった。佐伯氏は2000年に自衛隊中央病院リハビリテーション科部長に就任し、翌01年に海将補に昇任。海外の階級だと「海軍少将」になる。

潜水艦の衝撃

「近藤さんが自衛隊に応募した時、防大は女性を受け入れていませんでした。一方、海上自衛隊は、一般幹部候補生の課程なら女性も応募できました。一般の大学を卒業して採用されると、広島県江田島市にある幹部候補生学校に入学します。採用と同時に海曹長に任命され、教育が終わると3等海尉になります。こうして彼女の自衛官人生が始まったわけですが、当時、海上自衛隊の艦艇はトイレや寝室が男性のものしかなく、女性を受け入れることができませんでした。そのため近藤さんは、一貫して経理・補給部門を歩むことになったのです」(同・関係者)

 自衛隊の女性登用は、やはり諸外国と比較すると遅れているという。例えば、海上自衛隊で女性自衛官が護衛艦に配置されるようになったのは2008年。つい最近のことと言っていいだろう。

「近藤さんは優秀な人だと評判だったので、海将に就任されてもそれほど驚きませんでした。個人的には、2018年に女性自衛官でも潜水艦に配置されるようになった時のほうがびっくりしました。潜水艦は狭いので、男性だけで運用するしかないと言われてきました。アメリカでは10年から配置制限がなくなりましたが、あちらは原子力潜水艦なので図体が大きく、女性用の入浴施設もトイレも寝室も整備できます。一方、海上自衛隊の潜水艦はディーゼル艦なので手狭です。レイアウトは大変だったと思います」(同・関係者)

「近藤さんは豪傑」

 今では、女性自衛官をさらに増やすことが最重要目標の一つだという。

「海上自衛隊では23年にセクハラ問題が発覚しました。実のところ、ちょっと前までは『女性が乗っている艦は第一線級じゃない』といった陰口が聞こえてくることがありました。女性に対するセクハラや偏見を減らすためにも、女性自衛官を増やす必要があります。自衛官に応募する女性は、男性より確たる動機と強い意欲を持っていることが多く、結果として非常に優秀です。さらに、海上自衛隊の場合、慢性的な人手不足に悩まされています。もっと多くの女性に入ってもらいたいというのが現場の切実な声です」(同・関係者)

 ちなみに、近藤氏は酒席を好み、おまけに酒も強いという。ある時、場が盛り上がって全員が深酒してしまった。翌日、一緒に呑んでいた男性陣が二日酔いで苦しんでいるところ、近藤氏は涼しい顔で出勤。いつもと変わらぬ態度で勤務を始めたという。「近藤さんは豪傑です」と言われているそうだ。

デイリー新潮編集部