外国人との恋愛や国際結婚には、昔から「相手はビザが欲しいだけ」とか「偽装結婚」といった偏見が根強い。一時期、日本に出稼ぎに来る外国人たちの間では、就労制限が緩い「日本人配偶者等」の在留資格が人気だった(藤原良 作家・ノンフィクションライター)。

 ***

 日本人と結婚した外国人に与えられる在留資格は、日本人と同様の就労が認められ、ほぼ制限なく自由に仕事をすることができる。つまり、他の在留資格よりも多く稼げるわけだ。

 だが、日本人と結婚することは、そう簡単ではない。近年は「ネット系ハニートラップ詐欺」が話題を集めているが、インターネットのない時代から外国人は日本人を騙して見せかけの結婚をしたり、違法ブローカーに数十万円の仲介料を支払って偽装結婚に手を染めたりしてきた。

 ちなみに警察庁によると、現在でも偽装結婚は全国で年400件前後の検挙数に達しているという。このため外国人から求婚されると、かなりの日本人が疑いの眼差しで見てしまう。ところが、実は昨今、外国人たちに変化が見受けられるのだ。

 これまで日本に来た外国人は入管法に詳しくなかった。「とにかく日本人と結婚するしか方法がない」と勝手に思い込んでいた。

 しかし、日本に住む外国人が増加し、様々な情報を蓄積、それを外国人コミュニティなどで共有していったことで、他にも方法があると気づいたのだ。それは「外国人同士で結婚をしても在留資格が得られる」という事実だった。

「日本人と結婚しなくていい」

 その在留資格を「家族滞在」という。これは、日本の滞在資格を持つ外国人の労働者や留学生と結婚すると、その外国人の夫や妻、子供も被扶養者として日本に在留できる資格である。

 具体的に言えば、在留資格を持つイラン人男性と、資格を持たないルーマニア人女性が結婚すると、ルーマニア人女性は家族滞在の資格を得ることができる。二人は夫婦として日本に住めるのだ。家族滞在の在留期間は5年を超えない範囲とされてはいるが、更新は随時可能だ。

 家族滞在の制度を利用することで、「日本人と無理矢理に結婚しなくても日本に住める」ことを知った外国人たちは、これまで以上に大きな解放感を味わっているという。

 ルーマニア人女性のエマさんは在留資格を得るため、これまで数人の日本人男性と交際してきた。だが「日本の男は優柔不断で性的魅力もゼロ」というのが本音で、「家族滞在資格のおかげで、もう日本の男と我慢してつき合わなくてもいいからとてもよかったです」と喜ぶ。

 エマさんの友人のアデリナさんも「外国人の男のほうが合っている」と率直に打ち明ける。彼女は現在、エンジニアとして日本で働き、滞在資格も持つインド人男性と交際しているそうだ。

 中国人女性のスーシャンさんは「もう日本の男はカネがないでしょ。日本でお金持ちのヨーロッパ人男性と結婚すればいいのよ」と話す。実際、スーシャンさんは東京都内でヨーロッパ人男性と結婚して暮らしている。

「就労時間制限」の抜け穴

 ペルー人男性のアレックスさんは「日本の女からだけじゃなく、日本にいる外国の女からも貢いでもらってるよ」と話す。彼は日本人男性に嫌気がさしたロシア人女性のアンナさんと日本で結婚した。

 滞在資格を持つアレックスさんと結婚したことで、アンナさんは家族滞在の資格を得ることができた。そこでアンナさんは、月々の家賃を自分一人で払っている。横浜市の賃貸マンションだから家賃はそれほど安くない。しかしアンナさんは家族滞在の資格が必要なため、家賃の全額負担を受け入れている。日本に住む外国人にも色々なライフスタイルがある。

 ちなみに、家族滞在の資格だと、週28時間までの就労しか認められていない。だが、この規定に苦しめられている外国人は少ないようだ。

 ベトナム人のチャンさんは、ふたつのアルバイトを掛け持ちしている。一つの勤務先は自分が持つ家族滞在の資格を使い、もう一つの勤務先では友人の資格証(在留カード)を見せて面接をクリアした。

 顔写真付きのカードではあるが、日本人にベトナム人の顔は見分けがつかないことが多い。また、かなりの日本人が身分証に顔写真が付いているだけで信用してしまい、写真と実際の顔を丁寧に見比べたりはしない。こうしてチャンさんは、週28時間以上、働いているという。

在留資格は33種類

 また、地方の建設業などでは、慢性的な人手不足が続いている。外国人労働者のオーバーワークを暗黙の了解で黙認している日本人管理者も多い。今後、日本で社会問題となることは間違いないだろう。

 こうした外国人を取材すると、日本に特別な興味を持っていない者も目立つ。不景気が長く続いている日本経済に期待しているわけでもない。にもかかわらず、なぜ彼らは日本に住もうとするのだろうか?

 それは、日本人が「外国人に気を使う」からである。マナー違反など日本人なら許されないことでも、「外国人だから」と多目に見られることも多い。世界広しとは言え、こんな国は日本ぐらいしかない。こうした傾向を知ると、外国人は日本を離れたくなくなるという。

 そもそも在留資格という制度は、国家が人口や治安、感染病の予防など、様々な管理統制のために用いている。改めて在留資格について簡単に解説しておきたい。

 日本に住む外国人は何かしらの在留資格を持っている。入管法で定められた法的資格で大きく種類分けをすると、永住者や日本人配偶者の資格などで知られる身分系のものと、留学や技能実習などで知られる活動系のものとがあり、在留資格は全部で33種類もある。

制限のない難民認定

 在留資格はそれぞれの種類によって、日本での滞在期間、就労内容、活動範囲等が細かく設けられている。例えば「興行」という在留資格なら、滞在期間は15日間から3年間で、興行や芸能に係る活動だけが認められている。「介護」なら3カ月から5年間。介護業務に従事することだけが認められている。

 基本的に、一人の外国人が保有できる在留資格は一つだけだ。しかし入管から資格外活動の許可を取得すれば、在留資格以外の仕事をすることも可能となる。また滞在期間を延長したい場合は、その都度入管に出向いて更新手続きをすればいい。もしも更新を忘れて在留資格の期限が切れたままにしておくと、その時点でオーバーステイとなる。働くと不法就労となり、収監や強制送還の原因となってしまう。

 こういった資格だけでなく、難民認定によって日本国内に在留する方法もある。難民は難民条約(難民の地位に関する条約)によって保護され、年金や福祉手当や扶養手当の受給も可能となり、就労制限なども特にない。かなりオールマイティーなものである。

 昨今、埼玉県内に多く住むクルド人たちに関する問題がSNSなどで問題視されている。彼らの多くが、難民、もしくは難民申請期間中、または家族滞在の在留資格者である。

高いコミュニケーション能力

 国を持たない少数民族としてトルコ国内で迫害を受け、日本に難民として逃れてきたクルド人たちが、1990年代から埼玉県の川口市とその周辺に住むようになった。

 クルド人の集住地としては国内最大で、約3000人以上が暮らしていると言われている。だが、不法滞在者も多く、川口市も正確な滞在者数が掴めていない状況だ。

 無免許運転や暴走など、クルド人の問題行為は日常化している。2023年7月には、殺人未遂事件を起こしたトルコ国籍の男性とのトラブルが原因で、市内の病院前に100人以上のクルド人が殺到。救急搬送の受け入れが5時間以上も停止され、県警の機動隊が出動する騒ぎになった。

 SNSなどでは日本にいるクルド人たちに対して否定的な見方が多いが、彼らに対して好意的な意見も少なからずある。実際にクルド人たちを現場作業員として雇ったことがある解体業者の社長は「日本人の作業員よりも扱いやすい」と言う。

「日本人は職人魂というか、変なプライドがあって、現場でのコミュニケーションが取り難いことがよくあります。『それはこっちがやることじゃない』とか、『これはそっちでやってくれ』とか、『それは言わなくても分かるだろう』とか、立場が上だとか下だとか……。でもクルド人ならそんなことはなく、日本人と一緒に和気藹々と働き、頼んだり頼まれたりしながらチーム単位で平等に作業をこなします。日本語は上手ではありませんが、日本人よりコミュニケーションがスムーズなのです。日本人より手際がいい作業員もいます。ビザの問題とかいろいろあるのは分かってますけど、実際、現場が円滑に回るんで文句はないですよ」

タテ社会と外国人

 今では日本人より“出世”するクルド人も出現している。日本人の常識に照らし合わせると、クルド人の問題行動に非難が集中することは当然だ。しかしながら彼らの持つ高いコミュニケーション能力から日本人が学べることも少なくないはずだ。

 実際、日本の職場環境には、ややいびつなところがある。いまだにタテ社会がはびこっているのは、その一例だ。

 上下関係を明確にすることで指揮系統が一本化され、業務を効率よく進められるのがタテ社会のメリットだ。しかしながら、日本で上司の責任逃れは日常茶飯事だろう。

 タテ社会がパワハラやセクハラの温床になっていることも多い。「巧妙にハラスメントを行う者が、日本の会社では出世する」という指摘もあるほどだ。そしてクルド人たちは、高いコミュニケーション能力で、タテ社会=ハラスメント社会にも順応してしまう。

 たとえ「不法滞在者」とか「不法就労者」と呼ばれようとも、法律の網だけでなく、日本のハラスメント社会の隙間をぬうようにして、在留外国人は社会進出を果たしていく。それが偽らざる現実のようだ。

藤原良(ふじわら・りょう)
作家・ノンフィクションライター。週刊誌や月刊誌等で、マンガ原作やアウトロー記事を多数執筆。万物斉同の精神で取材や執筆にあたり、主にアウトロー分野のライターとして定評がある。2020年に『山口組対山口組』(太田出版)を上梓。

デイリー新潮編集部