反省が見られない被告を、今後も弁護する必要などあるのか──SNSなどに相次いで投稿された怒りの声をまとめると、こんな具合になるだろうか。毎日新聞(電子版)が2月26日に配信した記事、「『俺が出るまで待っておけよ』 東名あおり事故の被告、裁判官に」はネット上で拡散して注目を集め、多くの読者が憤りを露わにした。

 ***

 2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路下り線を乗用車で走行していた石橋和歩被告は、一家4人が乗るワゴン車に妨害運転を繰り返して停車させた。これが原因で大型トラックによる追突事故が発生。父親と母親が死亡し、娘2人が軽傷を負った。

 石橋被告は自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などで起訴。18年12月、横浜地裁での裁判員裁判は懲役18年の判決を下した。

 ところが19年12月、東京高裁は横浜地裁における公判前整理手続きに不備があったと問題視し、一審判決を破棄。再び横浜地裁で差し戻し審が開かれ、22年6月、改めて懲役18年が言い渡された。

 そして2月26日、東京高裁で差し戻しの控訴審における判決公判が開かれ、裁判長は差し戻し後の1審判決を支持、石橋被告の控訴を棄却した。担当記者が言う。

「判決の言い渡しが終わると、信じられないことが起きました。石橋被告が退廷する際に、裁判官に向かって、『俺が出るまで待っておけよ』と言い放ったのです。様々な解釈が可能な発言ではありますが、やはり“お礼参り”を示唆した脅迫と考えて間違いないでしょう。XなどSNSでは毎日新聞の記事を引用し、石橋被告の暴言を非難する投稿が相次ぎました」

工藤会の裁判でも脅迫

 テレ朝newsは石橋被告の脅迫行為を報道した際、特定危険指定暴力団・工藤会(本部・北九州市)のトップ、野村悟被告も判決公判で裁判長を脅したことに触れた(註)。

「工藤会は福岡県内で一般市民を襲撃した4つの事件を引きおこし、野村被告は殺人罪や組織犯罪処罰法違反罪(組織的な殺人未遂)などで起訴されました。2021年8月に福岡地裁が死刑判決を言い渡すと、野村被告は裁判長に向かって『公正な判断をお願いしたのに全然公正じゃない』、『生涯後悔するぞ』と大きな声を上げたのです。これも明白な脅迫行為だと言えます」(同・記者)

 テレ朝newsの記事では省略されたが、この日の法廷では工藤会ナンバー2の田上不美夫被告にも無期懲役の判決が下り、田上被告も裁判長に向かって脅しの文句を口にした。

「田上被告は、裁判長の名字をさん付けで呼び、『ひどいな、あんた』と言い放った上で、『東京の裁判官になって良かったね』と思わせ振りな発言をしました。裁判長は2019年の初公判から結審まで野村・田上両被告の公判を担当しましたが、21年4月に東京高裁に異動したのです。そのため判決公判では福岡に出張して判決文を読み上げました。田上被告の発言に『今も福岡地裁に勤務していたら、身に危険が及んだぞ』という脅迫の意図があったのは明らかでしょう」(同・記者)

「俺は平清盛の末裔だぞ!」

 石橋、野村、田上の各被告による暴言は常軌を逸している──呆れ、怒りを覚える人は多いに違いない。だが実のところ、裁判官に捨て台詞を吐く被告は極めて珍しい──というわけではないのだ。

 2017年3月、祈祷師を自称する男性被告の初公判が宇都宮地裁で開かれた。被告は「龍神」を名乗り、難病を治す力を持つと公言。1型糖尿病だった小学2年生の男児の母親から相談を受けると、インスリン投与を中止させて男児を衰弱死させたとして逮捕され、殺人罪などで起訴されていた。

「初公判で被告は入廷すると、『始まる前にちょっと』と発言しました。当然ながら裁判長が制止しました。続いて裁判員が入廷すると、再び『開廷前に一言』と発言。同じように裁判長が制止すると、『あなたは罷免だ! 冤罪だ!』と叫んだのです。その後も不規則発言を続けたため、退廷を命じられました。刑務官が近藤被告を連れ出そうとすると、『八百長裁判長!』と叫び続けたのです。『俺は平清盛の末裔だぞ!』と叫んだと報じたメディアもありました」(同・記者)

「殺してやるよ」

 制裁裁判という法律用語をご存知の方は少ないだろう。暴言や暴行などで裁判所の職務執行を妨害した際に開かれる裁判で、法曹関係者の間では実施例が少ないことでも知られている。その対象となるのは、大半が被告か傍聴人という。

「2013年3月19日、京都地裁で制裁裁判が開かれました。麻薬特例法違反などに問われたイラン人被告の初公判が地裁で開かれたのですが、被告は裁判長などに向かって『ここで潰してやるよ。殺してやるよ』と脅迫したのです。そのため制裁裁判が開かれ、監置5日が決定しました。監置とは監置場に収容される罰を指します。同じ日に麻薬特例法違反罪の判決公判も開かれ、懲役10年、罰金500万円、追徴金1657万円の実刑判決が被告に言い渡されました」(同・記者)

 04年9月には水戸地裁下妻支部で制裁裁判が開かれた。万引きの事後強盗罪で懲役5年を求刑された男性被告が裁判官に「早くしろよこの野郎」と怒鳴り、証言台を蹴って倒した。この行為に対し、監置15日が決定した。

「証言台ではなく、長机をひっくり返して制裁裁判が開かれたこともあります。08年3月、土浦連続通り魔事件が発生しました。当時、24歳だった被告が茨城県土浦市で2人を殺し、7人を負傷させました。09年7月、水戸地裁で開かれた第5回公判の終了直後、被告は突然、被告人席の前にあったスチール製の長机をひっくり返したのです。ただちに制裁裁判が開かれ、監置10日が決まりました」(同・記者)

100通の脅迫状

 閉廷後、取材に応じた弁護士は「早く死刑になりたいのに裁判がすんなり進まないのと、歯が痛いのに歯医者になかなか診てもらえないというイライラがあったのではないか」と被告が机をひっくり返した理由について推測した。

 ちなみにその後の裁判では、09年12月に死刑が言い渡された。弁護士は即日控訴したが、被告は控訴を取り下げ、10年1月に判決が確定。13年2月に死刑が執行された。

 法廷内で脅迫するのではなく、被告が拘置所から裁判官など関係者に脅迫文を送りつけたという事件が発生したこともある。

 02年9月、福岡県二丈町(現・糸島市)で立てこもり事件が発生した。包丁を持った男が人質2人を取って義弟宅に籠城。「妻と子供に会わせろ」などと要求した。人質の1人だった男の義母は解放されたが、男の姪にあたる小学校3年生の女児は殺害された。

「男は殺人罪などで起訴され、被告となりました。02年12月、福岡地裁で初公判が開かれました。ところが公判が進むにつれ、被告が裁判官や検察官、親族らに『笑うな』、『貴様らはグルだ』、『覚えとれよ』などと暴言を吐く場面が目立つようになりました。そして05年5月26日に判決公判が開かれたのですが、前日の25日に読売新聞が西部版朝刊で『裁判官や捜査員、遺族や親族を逆恨みし、報復をほのめかす内容などの手紙約100通を裁判所や関係者に出していたことが明らかになった』と報じたのです」(同・記者)

「うるせえ」の捨て台詞

 読売新聞の記事によると、被告が裁判官へ送った手紙には「無期懲役になっても生きて仮出所する。意に反した判決ならば絶対に忘れない。大変なことになる」などと脅迫する文言が書かれていたという。

「26日の判決公判では無期懲役の実刑判決が言い渡されました。すると被告は裁判長に『お前、誤った判断をしとるんじゃ。犯罪者と一緒じゃ』と大声で叫んだのです。裁判長が『退廷しなさい』と命じると、『うるせえ』と捨て台詞を吐き、そのまま刑務官に両腕をつかまれて退廷させられました」(同・記者)

 裁判官に暴言を吐くだけでも大問題だが、法廷で暴れた被告もいる。2007年5月、警視庁丸の内署は自称リビア人の男を公務執行妨害の疑いで逮捕したのだが、その容疑内容は驚くべきものだった。

「約1か月前の4月、東京地裁でアメリカ人夫婦に対する刑事裁判が開かれていました。夫婦は空手を教える一方で、カルト紛いの団体を主宰。1994年に当時4歳の次男を殴って死亡させたとして、2000年に傷害致死罪で起訴されました。通訳による翻訳の正確性などを巡って公判は長期化していたのですが、07年4月の公判では被告夫婦の支援を表明していた傍聴人がトラブルを起こしたのです」(同・記者)

刺身包丁で刺された裁判長

 この傍聴人が逮捕された「自称リビア人の男」だ。男は公判が終わっても退廷しなかったため、これを警備員が注意した。すると男は警備員に殴りかかったため、地裁は男の拘束を命令。すぐさま制裁裁判が開かれた。

「裁判長が監置20日の処分を告げると、男は大声を上げて机などをひっくり返して暴れました。さらに裁判長に襲いかかって床に押し付け、法服を破るなどしたのです。地裁は公務執行妨害容疑で刑事告発を行ったため、丸の内署が逮捕したというわけです」(同・記者)

 昭和の時代まで遡ると、もっと酷いケースがある。実際に“お礼参り”が発生してしまったのだ。

「1964年12月、東京地裁の廊下を裁判長が歩いていると、待ち伏せしていた男が刺身包丁で手などを刺し、裁判長は全治2週間のケガを負いました。男は6月、傷害罪で懲役4か月の実刑判決をこの裁判長から言い渡されました。刑を終えて出所すると、逆恨みから犯行に及んだのです」(同・記者)

 1984年8月には男が拳銃を発砲、裁判官を威嚇して拉致。一時監禁したという前代未聞の事件が長崎県大村市で発生した。

監禁された裁判官

「この日、長崎地家裁大村支部の裏庭に裁判官が自転車で出勤してきました。すると男2人が短銃を空に向かって発射して威嚇。裁判官を乗用車に連れて拉致すると、右翼団体の事務所に立て籠もったのです。男2人は右翼団体の構成員で、最終的には不法監禁で現行犯逮捕され、裁判官も無事でした。右翼団体の事務所では土地トラブルが発生しており、所有者が土地明け渡しの仮処分を申し立て、それを大村支部が認めました。結果、団体の車両や看板などが撤去されたのです。この強制執行を根に持った犯行だと見られました」(同・記者)

 なお、東名あおり運転事件の石橋被告は、懲役18年とした一審判決を支持し、被告の控訴を棄却した26日の東京高裁差し戻し控訴審判決を不服とし、即日上告した。

註:裁判長に「俺が出るまで待っとけ」…罪に問われる?“東名あおり”被告発言 専門家は(テレ朝news:2月27日)

【参考記事】

「龍神」名乗る祈祷師裁判は大荒れ!「俺は平清盛の末裔」と叫び1分で退廷(東スポWEB:2017年3月7日)

裁判長に「殺す」監置5日 覚醒剤譲渡 公判中 イラン人被告 制裁裁判=京都(読売新聞大阪朝刊:2013年3月20日)

福岡立てこもり女児刺殺 川村被告、裁判官脅す手紙 報復ほのめかす あす判決(読売新聞西部朝刊:2005年5月25日)

デイリー新潮編集部