2020年11月に自殺した名古屋市のポーカー店店長(享年25歳)の遺族が「自殺の原因は店のパワハラと過重労働にある」として、店側に約1億円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地方裁判所に起こした。5月29日に第一回口頭弁論が開かれたが、店側は一部暴力行為があったことを認めつつもパワハラと過重労働のいずれも否定。「自殺の原因は失恋のショックにある」と主張し、徹底抗戦していく構えだ。双方に話を聞いた。(前後編の前編)

 ***

亡くなる直前、母にかかってきた電話

「あの日、なぜ息子の兆候に気づいて止めてやれなかったのか…。 今もずっと自分を責め続けています」

 こう語るのは亡くなった井上遥樹さん(享年25歳)の母である。20年11月16日の朝5時頃。母は突然かかってきた遥樹さんからの電話に寝ぼけながら出た。

「引っ越しどうすればいい?」

 遥樹さんはこう聞いてきた。当時、遥樹さんは名古屋市内のポーカー店が借り上げたアパートに住み込みで働いていたが、1週間後に店を辞め、両親が住む同市内の実家に戻ってくる予定だった。母はこう返した。

「まずは引っ越し業者と日程を決めて。手伝いに行くから」

 遥樹さんは「わかった」と言って電話を切った。すると6時頃、今度はLINEにボイスメッセージが届いた。聞こえてきたのは、先程の会話とは打って変わった緊張した声だった。

「お母さん、ありがとう…。本当に今までありがとう。そして、迷惑ばかりかけてごめんなさい…ちょっと、先に…、上に行っちゃうけど…、ごめんね…ありがとうございました」

 音声にはすすり泣く声が絶え間なく響いていた。

店のオーナーは病院に駆けつけ、「失恋で思い悩んでいた」と語った

 母は慌てて遥樹さんに電話をかけたがコール音が鳴り響くのみ。すぐに車に飛び乗り、寮や店を探し回ったが遥樹さんとは会えなかった。

 そうこうするうちに長男から電話がかかってきた。

「いま遥樹に電話をかけたら、消防の人が出て…」

 遥樹さんは母のみでなく家族全員に連絡していたのだが、長男は様子がおかしいと電話をかけ直し続けていたのだった。すでに遥樹さんは市内のビルの14階から飛び降りて亡くなっていた。

 母は涙を流しながら、遺体と対面した場面を思い返す。

「現実として受け止められない感覚でした。この時点では店への疑いはなかったので、無断欠勤して迷惑をかけてはいけないと思ってすぐに店にも電話したのです」

 すると、店のオーナーで当時、運営会社の社長だったA氏が出張先から慌ててやってきた。

「A氏は『管理不足で申し訳ございませんでした』と言った後、『彼は店の関係者の女性に失恋して思い悩んでいた』と話しました。初めて聞く話で、その時は混乱していて相手がどんな人で何があったのかもよくわからずじまいでした」(母)

 遺品のリュックには、家族のほかA氏を含む店の関係者へ宛てた3通の遺書があったので、母は中身を見ずにその場でA氏に渡した。

遺品のスマホに残っていた衝撃の暴行動画

 この時点では悲しみを共有していたかのように見える遺族と店側。なぜこの後、対立を深めるようになったのか。きっかけは遺品のスマホから出てきた「動画」だった。母が語る。

「葬儀を終えて1週間くらいしてからのことでした。自宅に帰る長男が『ショックを受けるかもしれないけど見る?』と遥樹のスマホを渡してきたのです。長男と長女は2人で暗証番号を割り出し、ロックを解除していました。遥樹はLINEのKeepメモにその動画を残していたのです」

 動画に映っていたのは、遥樹さんが亡くなる約1カ月前の10月18日深夜1時頃、防犯カメラが映した店内の様子だった。確かにショッキングな内容だった。

 画面に出てくるのは、上着やスマホを手に取り帰り支度をする遥樹さんとテーブルに座って話し込む3人の男性だ。遥樹さんが帰り際、レジのある小部屋に立ち寄った時だった。突然、画面の左隅から水色のジャンパーを羽織った男性が現れた。

 そして遥樹さん目がけて突進。向き合うや否や右足でキックし、右手でパンチ。しまいに壁に向かって突き飛ばしたのである。

 その後は柱などに隠れてよく見えないが、男性が数回左手を振り回している様子が映っている。テーブルで様子を見ていた3人は心配そうに見守り、1人が立ち上がって小部屋へ近づいていく姿も。

 その後も10分以上男性が「説教」しているような様子が残っていた。音声は入っていないが、身の毛がよだつような暴行現場を映した「決定的証拠」だった。

 遥樹さんに暴力を振るっていた男性こそがA氏だった。

さらに遺品から出てきた勤務実態を残した「新証拠」

 ほかにスマホで確認できたのは、遥樹さんが店の関係者と交わしていた膨大なLINEだった。そこには病院でA氏が語っていた失恋相手と思われる、店の関係者B子さんとのやりとりも確認できた。

 だが、母は何よりも暴行動画にショックを受けた。こんな職場環境で息子は働かされていたのか。周囲との人間関係がおかしくなっていったのは、職場環境が遥樹を追い詰めつめたからなのではないかと疑いを持ったのである。

 葬儀を終えて2カ月が経った21年1月、母はさらに疑念を強める証拠に行きあたった。それは遥樹さんのスマホに入っていたあるアプリだった。

 アプリは店内の防犯カメラが映したものを店外でもリアルタイムに確認できるもので、3カ月分遡って録画が見られる仕様になっていたことに気づいた。

 それから母は、その時点で遡れた10月始めから亡くなった前日の11月15日まで、遥樹さんが店でどんな様子で勤務していたのか確認していった。すると、「過重労働の実態が浮かび上がった」と言うのである。

「定時は午後3時から深夜0時までだったのですが、毎日のように1〜2時間くらいは残業し、時には深夜4時5時くらいまで店に残って働いていました。休みの日もレジ締めのために必ず出勤していました」

 弁護士のアドバイスを受けながら、スマホアプリの録画映像で確認できた遥樹さんの時間外労働を集計したところ、10月2日から31日までの時間外労働は101時間21分に及んだ。これを受け、母はパワハラのみならず過重労働も重なり、遥樹さんは精神を病んでいったに違いないと考えたのである。

通夜の時から店に不信感を持っていた

 そもそも店への疑念は葬儀の時からあったという。父が代わって語る。

「通夜に店の関係者が誰もやってこないのです。唯一A氏だけがやってきましたが、もう葬儀が終わった頃合いで、遥樹の遺影に手も合わさずに長男と長女とだけ話して帰って行きました」

 応対した兄はこう語る。

「カジュアルなジャンパーを羽織り、ズボンにはジャラジャラ金属のチェーンのようなものをぶら下げていたのを覚えています。しかも、手を合わせにやってきたわけではなく、店のロッカーにあったスーツなどの遥樹の私物をどっさり袋に入れて持ってきた。非常識な態度に頭にきましたが、その気持ちを抑えながら遥樹に何があったのか聞きました」

 そこでA氏は、遥樹さんが店の関係者であるB子さんに失恋してずっと思い悩んでいたと説明したという。

「『このようなことになってB子も傷ついているし、責めないで欲しい』と話しました。彼女のショックも考えて、一部をのぞき店の関係者には遥樹さんの死を内密にしているとも。私はその時点で暴行動画を見ていたのですが、A氏の方から『B子さんに夢中になっていて仕事が疎かになっている遥樹さんを叱るため、私も一度彼を殴ったことがあります』と打ち明けてきました」(兄)

 だがこうしたA氏の説明も、遺族の目には店で起きていた遥樹さんの「死因」を隠蔽しているようにしか映らなかった。そして父母は、遥樹さんの死が店の責任にあると訴え、21年4月、名古屋東労働基準監督署に労災申請を行ったのである。

労基署の判断

 だが、同年10月に出た結果は「不支給」だった。その後父母は処分の取り消しを求めて審査請求、さらに再審査請求まで行ったが結果が覆ることはなかった。

「パワハラについて労基からは『確認できるのは1日のみの暴行で反復・継続している証拠はない』と低く見積もられてしまった」(母)

 時間外労働についても、遺族側は自殺直前の30日間で少なくとも約95時間あったと主張したが、30時間程度しか認められなかった。

「店にその時間にいたからといって業務に携わっていたとは限らないという判断をされてしまいました。一緒に勤務していた従業員は全て店側に味方し、労基の調べに対して店側に都合の良いことしか話さなかったのです。こちらは元店長2人に証言してもらいましたが、2人とも直近の勤務実態まで証言できる立場ではなかったので相手にしてもらえなかった」(母)

 納得のいかなかった父母は、ならば法廷で白黒つけようと、処分の取り消し訴訟を起こすとともに店の運営会社ならびにA氏を訴えるに至ったのである。

店側の反論

 では、こうした遺族の訴えに店側はどう答えるか。店の運営会社の現社長と役員が取材に応じた。社長らは「ご遺族は誤解をしている」と話す。

「遥樹さんはB子への失恋のショックで混乱してしまい、亡くなったとしか思えないのです。実はこれが理由で店の中では、亡くなる直前まで長きにわたり、様々なトラブルが起きていました。その状況についてAは病院と通夜の場で、ご遺族に言葉を尽くして説明したと話しています。通夜に不謹慎な格好で行ったというのもご遺族の思い違いで、礼を欠かないよう、ちゃんとジャケットを羽織り哀悼の意を持って伺ったと。もちろんお香典もお渡ししております」(社長)

 そして、誤解が生じた全ての発端は「暴行動画」だと話すのである。

「あの動画はSNSでも拡散され、世間からも大きな批判を浴びました。暴力は絶対にあってはならないことでそのこと自体について申し開きができません。Aも深く反省しております」(同)

 ただし、手をあげたのにはそれなりのワケがあったと続けるのだ。

「Aは失恋でおかしくなっている遥樹さんに立ち直って欲しいという思いがあってこそ、手を上げてしまったのです。Aは遥樹さんを息子のようにかわいがり、一時は後継にしたいとも考えていました。だからこそ店長を任せていた。そういう人間関係があったから手が出てしまったとも言えるのです。これまでは故人の名誉を害しかねないし、ご遺族の心情も考え、我々の方からの積極的な反論は控えてきました。ただ、法廷にまで持ち込まれ、このような取材を受けるに至った以上、こちらも主張していかねばなりません」(同)

 そして社長と役員は、遥樹さんが亡くなる直前、B子さんへの恋慕でおかしなっていたことを証明する「証拠」について語り出したのであった。

 それは母が中身を見ずにA氏に預けた、店の関係者に向けた3通の遺書だった。遥樹さんはB子さんにも別途、遺書を残していた。後編では遥樹さんが店関係者に残した遺書を元に店側の反論を聞いていく。

 後編を読む【〈名古屋ポーカー店店長自殺〉遺族から「パワハラと過重労働が原因」と訴えられた店側の反論「遺書を見ても失恋が原因だったとしか思えません」】

■相談窓口

・日本いのちの電話連盟 電話 0570・783・556(午前10時〜午後10時) https://www.inochinodenwa.org/
・よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター) 電話 0120-279-338(24時間対応。岩手県・宮城県・福島県からは末尾が226) https://www.since2011.net/yorisoi/
・厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」やSNS相談 電話0570・064・556(対応時間は自治体により異なる) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html
・いのち支える相談窓口一覧(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧) https://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php

デイリー新潮編集部