2020年11月に自殺した名古屋市のポーカー店店長(享年25歳)の遺族が「自殺した原因は店のパワハラと過重労働にある」として、店側に約1億円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地方裁判所に起こした。店側は「原因は失恋のショックだった」と反論し、徹底抗戦する構えだ。前編では遺族側の訴えをもとに裁判に至るまでの経緯をまとめたが、後編では店側の反論を聞いていく。(【名古屋ポーカー店店長の自殺は「パワハラと過重労働が原因」と遺族が提訴 店側は「失恋のショック」と反論 遺品には「身の毛もよだつ暴行動画」が残されていた】の続き)

 ***

これまで店側が反論を控えてきた「事情」

 亡くなった井上遥樹さん(享年25)は自殺する1カ月前の2020年10月18日深夜1時頃、店内でオーナーのA氏から暴行を受けていた。その一部始終は店の防犯カメラに映っており、遺品のスマホ内に保存されていた。

 キックにパンチ、さらに壁に向かって張り倒すという、身の毛もよだつ暴行動画だった。遥樹さんの死後、それを見つけた遺族は店を疑い始め、遥樹さんの勤務実態を調べた上で、「自殺の原因はパワハラと過重労働にある」と労災を申請した。だが3度退けられ、最終手段として店側を訴えたのである。

 A氏は取材には出て来ず、店の運営会社社長と役員が応じた。社長はまずこう語った。

「これまでは故人の名誉やご遺族の心情も考え、我々の方からの積極的な反論は控えてきました。ただ、法廷に持ち込まれ、かつこのような取材を受けるに至った以上、残念ではありますが、我々の言い分も主張していかねばなりません」

 そして、暴行について「絶対にあってはならないことだった」とした上で、それなりの「背景」があったと釈明した。背景とは、遥樹さんの店の関係者であるB子さんとの「恋愛トラブル」だという。

「B子も遥樹さんが亡くなったことに心を痛めています。これまで具体的な反論を控えてきた理由にはB子のこともありました。当然のことですが若い男女の話であり、どちらが悪いという話ではありません。問題は、遥樹さんがプライベートの揉め事を仕事の場に持ち込み、度々問題行動を起こしてきたことにありました」(取材に同席した運営会社の役員)

深夜に開催されていた「遊びのポーカー」は労働だったのか

 店側によると、暴行が起きる直前の深夜1時頃、遥樹さんは店舗内のVIPルームで店の関係者や客とポーカーに興じていたが、B子さんへの恋情から端を発した問題行動を起こしたという。

 風営法でアミューズメントカジノ店は深夜営業を禁止されているが、店は約3年前まで、こうしたゲームを「アフターダーク」と称して不定期に開催していた。

「あくまで営業ではなく、YouTube配信用に客や従業員の有志が集って開催されていた遊びのゲームです。営業時と同様、金銭はかけてはおりません」(社長)

 なお、裁判では遥樹さんがこのゲームに参加していた時間を時間外労働に換算するか否かも争点になっている。裁判に先立って行われた名古屋東労働基準監督署の調査では、「終業時刻以降の具体的な業務内容(Aから業務指示があったかなど)や労働時間を明確に示す客観的証拠は資料には認められない」として、アフターダークは労働時間として認められなかった。

「実際、遊びのゲームであり、従業員とはいえ自由参加でした。ただし、誤解を招くイベントだったこともあり現在は行っておりません」(社長)

レジの金に手をつけた過去

 話を戻す。

 その仲間内でのゲーム中に、遥樹さんはちょっとした出来事がきっかけでB子さんに対する感情を拗らせてしまい、勝手にゲームをやめて部屋を出て行ってしまったという。

 遺族側から提供された動画には遥樹さんがゲームをしていた場面は映っていなかったが、A氏が遥樹さんを追いかけるようにしてVIPルームを出ていった場面は映っていた。

「遥樹さんは、B子が男性客と親しそうにしている姿を見ると衝動的な行動が抑えられなくなり、これまで何度も問題行動を起こしていました。今回も同じように不機嫌さを隠さず、周りを威嚇する態度を見せたため、それが周りから見てどういう行為なのかを本人に理解させるため、行き過ぎた行為ではありますが手をあげるに至ってしまいました」(役員)

 他にあった問題行動とはいったいどういう内容のものだったのか。

「これも故人の名誉を汚すのでこちらから言いたくない話だったのですが、遥樹さんはB子とのことで感情を爆発させると、お店のレジ金に手をつけ違法ギャンブルなどに走ってしまうことが度々あったのです。これはご遺族もご存知のことです。そのたびAは遥樹さんを叱責してきましたが、最終的には更生して欲しいという思いで許してきました」(役員)

亡くなった前夜に起きた事件

 A氏と遥樹さんは閉店後、一緒にサウナや食事に行くような仲だったという。

「Aは親のような気持ちで遥樹さんの人生相談にずっと乗ってきたと話しています。遥樹さんを息子のように思い、一時は店を継がせようとも考えていました。いかなる事情があれ暴力は絶対に良くないことですが、こうした人間関係もあって、『ここまでしないとわからないのか』とつい手をあげてしまったのです」(同)

「もちろん手加減をしてますし、大怪我をさせたわけではありません。暴力を振るったのはあの一回限りですし、翌日、遥樹さんは普通に出勤しています。その後、遥樹さんは翌月末で辞めることが決まったのですが、辞めると言い出すのはその時に限ったことではなく、B子への思いが断ち切れずに翻意を繰り返す状態が半年くらい前から続いていました」(同)

 そして、遥樹さんが亡くなる前夜に“事件”が起きたというのだ。

「夜9時ころの営業時間中、遥樹さんはまたB子とのことで気に入らないことがあったという理由で騒ぎ出し、VIPルーム内に閉じこもってしまいました」(同)

 その時、遥樹さんは癇癪を起こしB子さんに暴力まで振るったという。VIPルームのガラスが割れるなどの大事にもなった。

「その時、Aは地方に出張中だったのですが、電話で報告を受け、遥樹さんを叱責しました。そして夜が明けた後、遥樹さんは命を絶ってしまったのです」(同)

遺書に書かれていたこと

 店側がこうした主張を裏付ける証拠としてあげるのが、遥樹さんが店関係者に残した4通の遺書だ。A氏への遺書は感謝の言葉で始まっていた。

〈Aさんへ 本当にすみませんでした。迷惑ばかりかけたり悪いことしたり、最後まですみませんでした。サウナ連れていってもらったり、ご飯連れていってもらったり、仕事ももらったり。御恩を裏切るような事ばかりしてしまいました。親以上に僕の事を思い下さった言葉も時には素直に受け止めることができずにいました〉

 続く文章には直前に起きたとされるB子さんに対する暴行についても触れてあった。

〈B子に手を上げてしまい、償うべきこともせず、裏切って去ることを謝ります。今までありがとうございました。ごめんなさい。遥樹〉

 遥樹さんが他の店の関係者へ宛てた遺書にも、B子さんへ手を挙げたことへの後悔の念が記されていた。そして、B子さん本人に対してもーー。

〈今まですみませんでした。本当にたくさん嫌な思いをさせました。最後にひどい暴力を振るってしまい後悔してもしきれません。ごめんなさい〉

 こうした謝罪とともに、〈好き過ぎて一緒にいてもつらいし、でも本当は一緒にいたくて〉という想いも合わせて綴られていた。

「労基がパワハラを認めなかったのも、我々がこれらの遺書を提出し、これまでに起きた事情を丁寧に説明して理解してくれたからだと考えています」(社長)

遺族は「遺書こそが精神を病んでいた証拠」と主張

 これらの遺書は労基が作成した資料に写真で載っており、遺族側にも開示されている。記者も遺族側からの提供した資料の中で遺書を確認した。

 遺族は「店側の主張は受け入れられない。遺書に書かれていた内容こそが、遥樹が精神を病んでいた何よりもの証拠」と訴える。

「すべては自分の責任と背負い込むのは自殺する精神病患者の特徴です。遥樹は店の関係者と交わしたLINEの中で、仕事を辞めたいと繰り返し漏らしていました。ずっとパワハラと過重労働に苛まれ続けてきたのです」(遥樹さんの母)

 遥樹さんが店のお金に手をつけたことについては、母も一部認める。

「亡くなる数カ月くらい前、お店のレジからお金を盗んでしまったことは事実です。私も一緒にA氏の元へ謝りに行きましたが、遥樹が働きながら返済するというので受け入れました。悔やまれるのは、あの時、お金を立て替えて実家へ連れ戻さなかったことです。あれから遥樹は弱みをつけ込まれ、店からモノ扱い同然で精神が病むまで長時間働かされ続けたのです。過重労労働と暴行、ハラスメントが死因の根底にあり、金銭トラブルや恋愛はきっかけでしかない」(同)

 そして、取材にA氏が出てこず、部下である社長と役員が応じたことについて「無責任さを感じます」と憤るのであった。

 痛ましい自死から3年半の時を経て始まった裁判で、司法はどういった判断を下すのか。ポーカーをこよなく愛した遥樹さんは生前、仲間達と楽しそうにテーブルを囲んでいたという。ご冥福をお祈りしたい。

前編を読む【名古屋ポーカー店店長の自殺は「パワハラと過重労働が原因」と遺族が提訴 店側は「失恋のショック」と反論 遺品には「身の毛がよだつ暴行動画」が残されていた】

■相談窓口

・日本いのちの電話連盟 電話 0570・783・556(午前10時〜午後10時) https://www.inochinodenwa.org/
・よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター) 電話 0120-279-338(24時間対応。岩手県・宮城県・福島県からは末尾が226) https://www.since2011.net/yorisoi/
・厚生労働省「こころの健康相談統一ダイヤル」やSNS相談 電話0570・064・556(対応時間は自治体により異なる) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html
・いのち支える相談窓口一覧(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧) https://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php

デイリー新潮編集部