無敵と思われた藤井聡太八冠(21)が追い詰められている。4月7日に始まった将棋の叡王戦5番勝負の目下の戦績は2勝2敗。最終局を落とせば昨年10月以来守り続けてきた「全冠独占」の栄誉を失うことになるのだ。藤井八冠の前に立ちはだかる「三軒茶屋の大器」伊藤匠七段(21)とは何者なのか。

 ***

 藤井が初めてのタイトル「棋聖」を取ったのは2020年7月のこと。

「藤井はそこから敗退することなくタイトル戦に登場し続け、今年5月に防衛を果たした豊島将之九段との名人戦が22回目のタイトル戦でした。今回の伊藤七段との叡王戦は23回目のタイトル戦となります」(将棋ライター)

プレッシャーを感じさせない積極的な差し回し

 4月7日に行われた第1局は藤井が勝ち、4月20日の第2局、5月2日の第3局は伊藤が勝利。

「藤井がタイトル戦で連敗したのは初めてのことです」(同)

 負ければ失冠となる5月30日の第4局は、

「先手の伊藤が守りを固めて攻めの機会をうかがう一方、藤井が持ち駒の『角』を起点に盤面を広く使って攻撃を仕掛け、徐々に形勢を有利にしました。藤井はそのまま『玉頭(ぎょくとう)』(王将の一つ前方のマス)を狙う攻めを続けて勝利。追い詰められているプレッシャーを感じさせない積極的な差し回しで、完勝と言っていいでしょう」(同)

「昔は物静かでオタオタしていた」

 藤井と伊藤が生まれたのは共に02年。誕生日は藤井が7月19日、伊藤が10月10日である。5歳で将棋を覚えたのも同じで、伊藤の場合、ソフトウェア知財・法務などに詳しい弁護士の父親からクリスマスプレゼントに将棋盤と駒をもらったのがきっかけだった。そしてほどなく、自宅から歩いて行ける距離にあった「三軒茶屋将棋倶楽部」に通うように。そこの経営者で、後に伊藤の師匠となる宮田利男八段(71)が語る。

「5歳の頃から、毎日のようにここ(三軒茶屋将棋倶楽部)に来ていましたよ。最近はシュッとした顔をしているけど、当時は頬がプクプクしてかわいらしかった。今でこそ堂々としているが、昔は物静かでオタオタしていることの多い子だった」

父親に与えられた「200万〜300万円の高性能PC」

 そんな伊藤少年は12年、全国小学生将棋大会の準決勝で藤井少年と対戦。敗れた藤井少年が号泣したエピソードにより、「藤井を泣かせた男」と呼ばれることもある。しかし、その藤井が16年に史上最年少の14歳2カ月でプロ棋士となったのに対し、伊藤がプロになったのは20年、17歳の時だった。

「伊藤は奨励会三段リーグの時に、父親にPCを買ってもらったんだ。200万〜300万円はする、すごい性能のヤツ。伊藤が四段昇格を果たしてプロ棋士になったら代金の半額を父親に返すという約束だったらしい。それまでは私が使うような普通のノートPCで研究していたんだ。高性能のヤツに変えたことも奏功して、四段に昇格したんだろう」(宮田八段)

「25歳まで酒とギャンブルはダメ」と言っている」

 高性能PCを活用して将棋を研究しているのは藤井も同様である。

「今の将棋にはAIは欠かせない。ただ、今はそれを使うだけじゃダメなんだよな。AIが示す最善手がなぜ最善なのか、という理由を自分で考えないといけない。伊藤にはそれができる思考力、柔軟性があると思うよ」

 そう話す宮田八段に伊藤のプライベートについても聞いてみると、

「伊藤を含む弟子たちには『25歳まで酒とギャンブルは絶対ダメだ』って言っている。女? それはいいんじゃない? ただ、伊藤についてはそういう話は聞かないけど……」

 そして、6月20日に行われる叡王戦の最終局に関してはこう話すのだった。

「アドバイスなんて何もない。好きにやってくれ、頑張れよ、だけだ」

「週刊新潮」2024年6月13日号 掲載