一条天皇の「私情」を拒む道長の「私情」

 父の藤原為時(岸谷五朗)が国守として赴任するのに同行し、まひろ(吉高由里子、紫式部のこと)は越前へと赴いた。このため、NHK大河ドラマ『光る君へ』の第23回「雪の舞うころ」(6月9日放送)は、主な舞台が越前だったが、都での場面に気になる展開があった。

 天皇の秘書官長に当たる蔵人頭を務める藤原行成(渡辺大知)は、一条天皇(塩野瑛久)から、出家してしまって会えない中宮の定子(高畑充希)への思いを聞かされる。それに同情した行成は、藤原道長(柄本佑)に天皇の思いを伝えたが、道長は行成を戒め、「頭を冷やせ。帝の術中にはまってはならぬ」といったのである。

 要するに、定子は出家した身であるのだから、一条天皇が定子のもとを訪れてはいけないし、定子を内裏に呼び寄せることもままならぬ。天皇がそれをどれだけ強く望もうと、拒まなければいけない――。道長が示したのは、そういう意志だった。

 関白にまで上り詰めた藤原兼家(段田安則)の息子ではあっても、末っ子の五男(正妻の子としては三男)にすぎなかった道長は、自分が政権を担当するなど思いもしなかっただろう。ところが、長徳元年(995)に兄の道隆と道兼が相次いで病死。さらに、道隆の嫡男で官位が道長を上回っていた伊周(三浦翔平)も自滅し、いまや左大臣および内覧(太政官が天皇に奏上するすべての文書に事前に目をとおす役職)になった。

 すなわち、政権のトップの座にあった道長としては、宮中の規律と権威を維持するためにも、天皇の私情に左右されるわけにはいかない。道長が示したのは、そのような、いかにも権力者らしい判断だったが、じつは、背景にはもう一つ、判断の根拠があった。

 これを機に天皇と定子の関係を割いてしまいたいという、いわば道長の「私情」である。史実の道長は、これ以降、定子を露骨にいじめ続けたのだが、その動機は、宮中にとってというよりも、道長個人にとって、定子が邪魔だったからにほかならない。

是が非でも定子を排除したかった理由

 道長が公的な道理よりも「私情」を優先するのを、『光る君へ』がどこまで露骨に描くのかはわからない。だが、当時の宮廷社会においては、上級貴族たちは、自分に、そして自分の家に有利な状況を導くべく争うのが常識だった。だから、道長の発言の背後に、どんな私的感情があるのかを考えながらドラマを視聴すると、よりおもしろくなるだろう。

 このときの道長の「私情」は、まだ数え10歳にすぎない長女の彰子を、一刻も早く一条天皇のもとに入内させて皇子を産ませたい、ということにあった。周知のように、藤原氏は自分の娘を天皇に嫁がせ、産まれた皇子を天皇にし、その外祖父として摂政、続いて関白になり、権勢をふるってきた。この時代、後宮を制する者が権力を制したのである。

 道長の父の兼家も、一条天皇の外祖父になることで権力を固めた。また、兼家から権力を継承した兄の道隆も、長女の定子を入内させて中宮にした。道隆は、自分が42歳で没するとは思っていなかっただろう。いずれ定子が皇子を産んだら、天皇の外祖父として権力を万全にする心づもりだったに違いない。

 ところが、道隆は道半ばにして死去。残された定子は、兄の伊周と弟の隆家が花山法皇を襲い、流罪が決まったときに、彼らをかくまった末にみずから出家してしまった。

 しかし、仮に定子が皇子を産めば、道隆を祖とする中関白家が皇子、ひいては天皇の外戚として復活する可能性がある。そうなれば、道長は権力を奪われかねない。それを恐れるから、道長は一条天皇と定子がふたたび会うことを、是が非でも阻止したかったのである。

それでも定子にこだわった一条天皇

 ところが、一条天皇は道長の想像を超える行動に走ることになる。『光る君へ』の第23回で、懐妊している事実が一条天皇に伝えられた定子は、出家したまま長徳2年(996)12月に、第一皇女となる脩子内親王を出産した。

 生まれたのが皇子でなかったので、道長はホッとしたと思われるが、一条天皇の定子への思いは強まるばかりだったようだ。翌長徳3年(997)6月、天皇は定子を職曹司(后に関する事務を取り扱う場所)に移した。要するに、出家した身であって、道長にいわせれば、天皇が会うことはまかりならない定子を、強引に宮中に戻したのである。

 天皇がすることだからだれも逆らえない、という話ではなかった。当時の宮廷社会は一条天皇の判断に猛反発しており、『光る君へ』で秋山竜次が演じている藤原実資は、自身の日記である『小右記』に「天下甘心せず(世間はこのことを甘く見ていない)」と書いた。しかし、それでも一条天皇はへこたれず、ついに長保元年(999)正月には、定子を内裏に呼び戻してしまった。

 一条天皇が定子にこだわり続ける理由は、客観的にはなかった。定子が出家した時点で、宮廷社会は天皇と定子が離別したものと受けとっており、このため、出家の2カ月後の長徳2年(996)7月には、大納言の藤原公季が娘の義子を、11月には右大臣の藤原顕光が娘の元子を、それぞれ入内させていた。まだ皇子がおらず、自分の皇統を絶やさないために男子が生まれる必要があった一条天皇だが、定子にこだわらずとも「妊活」の相手はいた。

 ところが、一条天皇は定子を寵愛し続け、どんなに反発を買おうとも、定子との関係を保って、彼女に皇子を産ませようとしたのである。

自分ファーストな権力固めのはじまり

 このような一条天皇の感情と行動は、当時の宮廷社会の常識を超越しており、道長には到底理解できなかったと思われる。平安文学研究者の山本淳子氏は次のように記している。

「道長の知っている上級貴族たちは、父や兄を含め誰もが権力闘争を生きていた。それが彼らの行動原理であり、そのためには感情問題など後回しにすることが当然だった。だからこそ道長も、恋心とは別に、何はともあれ源氏の血筋の女と結婚したのである。正妻の倫子も同じだ。彼らは権力のために心を一つにして家族を作ったし、子供を育てが。それが彼らの生活感覚だった」(『道長ものがたり』朝日選書)。

 ところが、一条天皇はひたすら「恋心」を基準にして定子にこだわった。道長にとっては、どれほど理解を越える、やっかいな問題であったことだろうか。

 しかし、道長も手をこまねいて見ているだけでは、自身が権力を失いかねない。だから、定子が内裏に呼び戻された翌月には、まだ数え12歳にすぎない長女の彰子の着裳の儀(女子が成人してはじめて衣裳をつける儀式。事実上の成人式)を行って、入内の準備を開始した。その後、定子がふたたび懐妊すると、道長は焦りを増したようで、お産が近づいた定子が内裏から移動する日には、公卿たちがそれに立ち合えないように、同じ日に宇治遊覧を企画して彼らを呼び寄せた。もはや露骨なイジメである。

 結論をいえば、長保元年(999)11月7日、道長は彰子を入内させ、同7日に彼女を女御にするという宣旨がくだったが、奇しくも同じ日に、定子は一条天皇の第一皇子である敦康親王を出産した。

 以後、道長は、娘の彰子が定子の立場を上回り、早く一条天皇の皇子を産ませるべく、尽力することになる。『光る君へ』の第23回で見られた、道長が一条天皇と定子を引き離そうとした意志は、こうして自分の血筋を有利に導こうという努力につながっていく。道長とはそうやって権力を固めた人物であり、そのはじまりが、さり気ないシーンのなかに描かれていたのである。

香原斗志(かはら・とし)
音楽評論家・歴史評論家。神奈川県出身。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。著書に『カラー版 東京で見つける江戸』『教養としての日本の城』(ともに平凡社新書)。音楽、美術、建築などヨーロッパ文化にも精通し、オペラを中心としたクラシック音楽の評論活動も行っている。関連する著書に『イタリア・オペラを疑え!』(アルテスパブリッシング)など。

デイリー新潮編集部