6月20日の都知事選告示日、届け出た候補者の中で最もネット上を沸かせたのはひまそらあかね氏(本名・水原清晃氏 41)であろう。暇空氏は、東京都から若年女性支援事業の委託を受けていた一般社団法人「Colabo」の会計不正疑惑を追及して名を挙げたが、これまで政界進出に言及したことはなかった。電撃出馬の背景で何があったのか。ウェブインタビューで直撃すると、同じくネット界で絶大な人気を誇る “あの候補者”の名前を挙げた。(前後編の前編)

 ***

石丸伸二氏の出馬に「危機感を抱いた」

――出馬を考え始めたのはいつ頃からですか。

 都知事選に僕が出なければならないことになるかもという話は、昨年の冬くらいから、一緒に活動している相方にだけしていました。僕とYouTube動画を作っている「なる」君という仕事仲間です。

 小池(百合子)さんと泡沫候補しか出ないような展開ならば、僕が出ても意味がない。背景がよくわからないような人物が出てきて当選しそうな気配がある時は、僕が出て阻止する必要があると考えていました。僕がそういう懸念を感じた人物こそが石丸伸二氏です。

 石丸氏が次の安芸高田市長選への不出馬を表明し、都知事選出馬を匂わせたのが5月11日のことですが、そのあたりから僕は石丸氏を徹底して調べ始めました。

 すると、彼の人気にはウラがあるとわかってきました。軽佻浮薄なインフルエンサーばかりが応援している。発言はハッタリが多く、市議会でもいらぬ喧嘩を売ってばかりです。政治家として評価できない人間が、作為的な人気によって当選するかもしれないと危機感を抱きました。

石丸氏との対談後に出馬を決意

――具体的に石丸氏のどこに問題を感じたのですか。

 自民党の裏金問題が発覚した時、彼は「資金力がなければ選挙に勝てない人間は、政治家に向いていないので辞めてほしい」「選挙を金を使って優位に運ぼうなんてチート行為」と訴えました。僕に言わせれば彼こそ金に物を言わせた選挙活動をしています。

 ドトールコーヒー創業者の鳥羽(博道名誉会長・86)さんから支援を受けているのは有名な話で、告示日にドトール本社前で演説もした。まさに「金で動く」自民党の政治家みたいな行動じゃないですか。

 僕が一番引っかかったのは、彼が漫画好きを謳っているところです。石丸氏は「生涯で読んだ漫画は2万冊以上。自宅には7000冊ほど保有していて、電子書籍も数千冊持っている」と、漫画・アニメオタク層を味方につけようとしていました。

 僕は彼の言動やネットに上がっていた本棚の写真を徹底的に調べ上げ、ホンモノの漫画好きではないと確信した。そして対談して暴きました。

――6月15日にYouTube番組で生配信された石丸氏との対談のことですね。あれはどうやって実現したのですか。

 石丸氏が市長を辞職する日に、とあるアニメのネタを披露したんですが、それが間違っていたんです。僕はそれを指摘してやろうと考え、その日に行われた市長としての最後のYouTubeライブで、1万円のスパチャ(スーパーチャット。投げ銭)を投げました。

「オタク話をしましょうよ。(漫画好きだと)嘘ついてるだろお前」って。僕のスパチャは無視されたんですが、僕の支持者からの「暇空さんと対談してください」というスパチャとコメントは読み上げられたんです。

 それに対し石丸氏は「ReHacQ(リハック・元テレビ東京ディレクターが運営するYouTube番組)に連絡をくれたらやりますよ」と答えたので、僕からリハックにコンタクトして実現しました。

「鬼舞辻無惨」を答えられなかった石丸氏

――対談はネット上で大きな話題になりましたが、暇空さんが「鬼滅の刃」に出てくる「上弦の鬼」の名前を答えるようしつこく尋ねたりしたため、期待していた政治の論議にならずにがっかりしたという声が溢れました。

 僕は最初から、政治ではなくオタク話をするつもりだったんです。しかし、石丸氏にも当然半分の時間で彼の話したいことを話す権利があると考え、最初に「石丸さんから僕に聞きたいことはないですか」と尋ねています。

 ただ、石丸氏からは聞きたいことが無いということだった。だから彼の選挙運動に関する考え方など、気になっていたことをいくつか聞いたあとで、一番聞きたかったオタク話について時間を割いて聞いていったのです。

 彼の選挙運動についてのダブルスタンダードと、彼の漫画に関する「知ったかぶり」を明らかにすることで、ひいては「嘘をついて有権者を騙す政治家だ」と視聴者に伝える狙いがありました。僕はそれに成功したと思っています。

 石丸氏は安芸高田市の成人式で「みなさん、『鬼滅の刃』は知ってますよね」と「鬼滅」に出てくるセリフを引用しながら、「誇り高い人間になってください」と訓示していましたが、僕との対談で「鬼滅」をちゃんと読んでいないことがバレてしまったんですよ。

 僕が「知っている”上弦の鬼”を答えてください」と聞くと、煉獄さんを倒した「猗窩座」くらいしか答えられなかった。「では、鬼たちのトップは誰?」と尋ねても、「むざん…むげん?」とうろ覚えだったんです(註・正解は鬼舞辻無惨)。 無惨の上の名前を聞いても「わからない」。作中では鬼舞辻無惨、とフルネームで基本呼ばれます。

「鬼滅」を読んだことがないという人は、「あしたのジョー」を例にこう考えてみてください。ジョーに大切なことを教わったと言いながら、力石やホセ・メンドーサ、カルロスといったキャラを知らない、なんてあり得ないでしょう。最後にジョーが真っ白に燃え尽きたことも知らないレベルでした。

 僕はあの対談の後に、「石丸氏を絶対に勝たせてはいけない」という思いを強くし、出馬を正式に決意したのです。

顔を明かさず、本気で都知事を目指しているのか

――なぜ有力候補と言われている小池氏や蓮舫氏ではなく、石丸氏をそこまで敵視するのですか。

 小池氏は都民ファーストに加え自民党と公明党、蓮舫氏は立憲民主党と共産党と、支持母体がはっきりしています。一方で石丸氏は「無所属でしがらみのない候補」を自称していますが、そのバックに誰がついているのかわからないと考えているからです。もしこの3人の中で誰か1人だけ落選させられるとしたら、僕は石丸さんを落とします。

 ***

 こう石丸氏を敵視するあまり出馬を決意したと語った暇空氏。一方で、暇空氏にはネットでの言論活動を金儲けにしている批判がつきまとう。これまで顔を一切明かしておらず、出馬後も写真すら公表していない。はたして本気で都知事になろうとして出馬したのか――。

 インタビュー後編では、このまま顔を出さずにどんな選挙戦を展開するつもりなのか、当選したら本当に職務を全うできると考えているのか等聞いていく。

デイリー新潮編集部