東京駅の目の前に「ブルガリ小学校」3年後に開校予定

東京駅の目の前に「ブルガリ小学校」3年後に開校予定

 JR東京駅の八重洲南口から外堀通りを隔てた一画で連日、重機がうなりを上げている。駅から徒歩1分のこの超一等地に小学校ができるとか。

 近隣の再開発事業の一環として建設中なのは、地上45階、地下4階建ての高層ビル。その40階以上に「ブルガリ ホテル東京」が入居する。イタリアの名門ブランド・ブルガリが日本でホテルを開くのは初で、他にはオフィスや商業施設もできるのだが、そこになんと小学校も。

「その立地から地元関係者の間で“ブルガリ小学校”と話題なんです」

 とは現地のある事情通。

「住民は皆、具体的な再開発計画を聞くまで、小学校が併設されるとは思いもしませんでした。この地域では30年くらい前から区やデベロッパーが再開発を議論してきました。でも、中央区立城東小学校があって、話が進まなかったのです」

 ところが、数年前から城東小の校舎の老朽化が問題となり、移転が検討されるようになったそうだ。

「とはいえ区内に似たような規模のまとまった土地はありません。そこで区は、再開発事業に城東小の土地を提供するかわりに、敷地内に小学校を新築することを呑ませたワケです」

 なるほど。小学校は区立のそれなのだった。計画によると、新校舎はホテルから独立した4階建て。1階は会議室等、2階には体育館、3階と4階には普通教室のほか、25メートルの温水プールや給食の調理室なども設けられる。最上階の4階には吹き抜けの屋上運動場に職員室や図書室、音楽室も。エレベーターまで利用できるそうで、ウ〜ン、これではラグジュアリーホテルもかくやか。区の担当者も、

「施設等は区内の他校と比較して、一切の過不足がないように配慮しています」

 と胸を張る。ところで同じ中央区では昨年、銀座駅近くの名門・泰明小学校が一式8万円の「ジョルジオアルマーニ」デザインの制服を導入して話題になったばかり。ならば、城東小も廊下にフカフカな絨毯を敷き詰めたり、時計にダイヤをあしらったりする?

「たまたまホテルができるだけで、ブルガリと学校とは一切関係がないんですよ。もちろんご縁なので、子どもたちにいずれテーブルマナー教室でも開いてくれたら嬉しいですけど」(城東小PTAの飯田太輔会長)

 ブルガリ小、3年後開校。

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る