白髪になってからでは手遅れ!「介護と排泄」現場(2/2)

 高齢化が進む日本につきまとう「介護」の問題。わけても排泄の処理は、介護者/被介護者ともに負担が大きい。技術進化を遂げている介護用品を紹介した前回につづき、今回紹介するのは、排泄にともなうトラブルの“予防法”といえるものだ。

 ***

「それが最近、話題になっている、介護脱毛です」

 と、さるベテラン看護師が言う。

 介護脱毛とは、その名の通り、将来、介護を受けることになった場合に備え、「下の毛」を脱毛することである。なぜ、「下の毛」の問題が重要なのか。

「排泄ケアを受けるお年寄りは、大抵、お粥やゼリーなど軟らかいものしか食べられません。そのため、便も軟らかいものしか出ないのです。軟らかい便は有形便に比べて、オムツの中で広がりやすく、毛に絡みやすいため、ケアも大変になります。また、便が直接皮膚に付着しやすくなるため、皮膚トラブルも起こりやすくなるのです」

 どういうことか。

「毛に便が付着してそのまま乾燥してしまうと、それを落とすには、かなり苦労が伴います。拭き残しがあるとそこから一気に雑菌が繁殖してしまうので、皮膚が荒れてしまったり、尿路感染症を引き起こしたりするリスクが格段に高くなります。特に女性の場合は尿道が短いため、尿路感染症になりやすい傾向にあります。免疫力が弱っている高齢者が尿路感染症になると高熱を出す可能性が高く、命の危機にも繋がってしまうのです」

 それを防ぐため、ひと昔前は、介護施設が入居者の下の毛を勝手に剃ってしまうなんてこともなくはなかった。人権意識の高まる今はそんなことはとても出来ないが、代わりに増えてきたのが、入居者自身がそれに備えて脱毛、というワケなのである。

「現場の感覚から言えば、アンダーヘアがある人の陰部を清潔に保つための苦労を10とすれば、脱毛している人のそれは2くらいとなる。もちろん、アンダーヘアが本来持っている、陰部の保護機能は失われますが、清潔さを保つという意味では、むしろ毛はない方が良い。施設や在宅の患者さんの中には、洗浄が行き届かず、毛の周囲に垢がこびりつき、苔が生えているように見えるケースもあります。毛がなければ、介護をする側の負担が減るのに加えて、介護される側も身体が健康に保たれますし、“少しでも迷惑をかけたくない”という多くの被介護者が持つ希望も叶い、心理的な負担もより少ないのではないでしょうか」

身内の介護経験

 六本木の婦人科「アヴェニューウィメンズクリニック」の福山千代子院長は言う。

「確かに介護脱毛をされる方は最近、一定数いらっしゃいますね。そもそも、20年ほど前と比べ、介護に限らずアンダーヘアの脱毛をされる方が増えています。女性の間で脱毛が一般化したからこそ、介護脱毛も多くの方に受け入れられるようになってきたのだと思います。また、身内の介護を経験された方が増えてきたことも大きいと思います。医療の観点から言えば、下着を穿いていれば、衛生面の問題はないので、脱毛に大きなデメリットはありません」

 また、「四谷三丁目皮膚科」の山田美奈院長も、

「当院では『介護脱毛』を昨年から始めましたが、既に5〜6名が施術を受けていますし、問い合わせは多く来ます。親の介護を経験したり、施設で介護の実態を見て、下の毛があると大変ということに気づいた方がほとんどです」

 脱毛の手法は、美容脱毛とまったく同じで、レーザー光線で毛母細胞の黒いメラニン色素を焼き切るというもの。そのため、白髪には反応しない。下の毛も髪の毛同様、50代以降になると白いものが混じってしまうケースがあるため、それ以前の施術が望まれるという。早めの対処が必要だ。

「当院でも40〜50代の女性がほとんど。施術は2〜3カ月に1度のペースで個人差はありますが、最低でも5〜6回は来ていただく必要があります。費用は脱毛範囲にもよりますが、トータルで10万円前後になるでしょうか」(同)

 むろん、年齢を経るにつれて「下の毛」も薄くなるから、必ずしもすべての人に必要とは言えないものの、一考の価値ある“予防法”である。

 日進月歩。対処法から予防法まで、さまざまな手法が生まれつつある「介護と排泄」。

 排泄用具の情報館「むつき庵」代表の浜田きよ子さんが言う。

「私の母は糖尿病のため目が不自由でしたが、入院してもトイレには何とか自分で行っていました。しかしある日、ベッドから降りる際に膝を強くぶつけてしまい、看護師さんから“骨折でもしたら大変”と言われてオムツ使用になりました。ところが、それから母はどんどん弱ってしまい、たった1カ月ほどで亡くなってしまった。それだけが原因ではないでしょうが、母にとっては“排泄の世話をしてもらっている”という気持ちが、アイデンティティや生きる気力を削いでしまったのかもしれません」

 放(ひ)ることはすなわち生きること。臭い物にフタ、と目を背けていては済まないテーマなのである。

「週刊新潮」2019年12月12日号 掲載