岸恵子、山口淑子、淡路恵子、雪村いづみの共通点とは?

 戦後、日本に駐留した米国軍人と結婚、渡米した「戦争花嫁」は10万人を下らないと言われる。その後も国際結婚に憧れる日本女性は後を絶たず、中には「イエロー・キャブ」と蔑まれながらも、そのまま彼の国に居着く女性も少なくなかった。今は昔ではあるけれど、国際結婚にはどこか無理があり、そのかなりが惨めな結果に終わるという実例をお届けしようと思う。

※2001年7月26日号に掲載された記事を再編集したもので、肩書や年齢は当時のママです。

 ***

 国際結婚と聞くと何やら華やかなものを想像しがちだが、関連の雑誌記事を集めてみると、悲惨な結末を迎えたケースが続々と出てくる。

〈国際結婚の夢破れて焼身自殺した24歳〉

〈福岡のホテルで女の他殺死体、容疑者のアメリカ人の夫は羽田から飛び立って不明〉

〈母になれなかった“高砂族の花嫁”の自殺〉

 とりわけ、戦後は国際結婚に関する記事が目白押しだ。

〈国際結婚は悲しからずや〉

〈ストップ! 国際結婚〉

〈国際結婚は是か非か〉

 どれも余計なお世話であるが、戦後、米国人と結婚した日本女性は、10万人とも15万人とも言われているのだから記事の多さにも納得がいく。いわゆる戦争花嫁の苦労話は枚挙にいとまがないほどだ。

 国際結婚をする女性自身の正体がよく分からないというケースもままある。

 とはいえ、フランスの映画監督イブ・シャンピと別れた岸恵子、山口淑子とイサム・ノグチの結婚と離婚は世間の耳目を集めずにはいなかった。

 フィリピンの歌手ビンボー・ダナオと淡路恵子、年下のアメリカ青年ジャック・セラーと結婚した雪村いづみ……そのいずれもが失敗に終わっている。

 日本人同士だってなかなかうまくいかないのだから、コミュニケーションの図りづらい国際結婚が成功するのはむしろ稀なのである。

 その中からGHQの二世中尉と結婚し、「国際結婚第1号」と騒がれた三浦光子のケースを見てみよう。

「ロサンゼルスに広大な農場と、トウガラシ加工の大工場を持っている」

 日劇ダンシングチームから松竹入りした三浦光子は、高峰三枝子、桑野通子らと同時期に活躍した女優である。終戦の3カ月後、彼女は撮影所にやってきた日系二世のジョージ郷田に一目惚れ。セピア色の古い資料によれば、「郷田が撮影所までジープで迎えに来たりして、大変な騒がれようだった」らしい。

 当時を知る木暮実千代は、こう回想している。

「物のない時代で、オレンジやチョコレートをわけていただきました。郷田さんも「いい方で、お幸せそうでした」

 国際結婚に共通するのは、最初のうちはとても幸せそうだということである。

 翌21年4月、2人は聖路加教会で結婚式を挙げる。この時、光子は29歳、郷田は4つ年下の25歳だった。

 間もなく除隊した郷田は、東京で学資を稼ぎ、アメリカの大学に行くと言い出す。一方、光子は23年のクリスマスまでに入国すれば永住権が与えられると聞いて、同年10月一足先にアメリカへ渡る。

「僕の家はロサンゼルスに広大な農場と、トウガラシ加工の大工場を持っているんだ」

 郷田は常々光子にそう話していた。そんなに裕福なら、東京で学資を稼ぐ必要などないはずなのだが、恋は盲目である。光子は夫の言葉をつゆ疑わず、単身、LA郊外にある郷田家へ向かう。

 憧れの新天地アメリカ。そこには、確かに広大な土地が広がってはいた。しかし、郷田家の土地かどうかは分からないし、話に聞いていたトウガラシの加工工場はどこにも見当らない。やっと探し当てた実家で光子を待っていたのは、僅かばかりの畑でトウガラシを作っている父親と口うるさい大阪出身の姑、それに計6人の義弟妹たちだった。

苦境を聞きつけた大映社長の永田雅一に

 女優、三浦光子は愕然とした。そこは典型的な農村、いや寒村であり、子沢山の郷田家の暮らしは、戦勝国民のものとは思えない、それはそれは貧しいものであった。

 食べ物も質素この上なく郷田との東京での二年間は、これにくらべると夢のような生活でした〉(『なぜ私は国際結婚に破れたか』週刊朝日)

 貧しいだけではない。姑は光子を「お前」呼ばわりし、ハナから敵意を剥き出しにした。

「お前は息子と結婚したからアメリカに来られたんだ」

 それが姑の第一声だった。

 もとより、普通の姑ではなかった。新聞記者や映画関係者がやってくると、「うちの嫁を誘拐する気か」と怒鳴り散らし、「三浦光子が来たと騒がれていい気になっている」と、東京にいる息子に嫁の悪口を満載した手紙を送りつける。

「そこで待っているように」

 頼りのジョージはそんな手紙をよこすだけで、待てど暮らせど姿を見せない。

 姑の仕打ちに耐えきれず、年明けに嫁ぎ先を出たものの、帰国するにも切符代がなく、英語も話せない。

 やむなく売り子、エレベーター・ガール、皿洗いまでした挙げ句、苦境を聞きつけた大映社長の永田雅一に700ドル借りて、やっと帰国の途に着いたのは3年後であった。

〈しばらくすると、彼の代理と称する人が現われて離婚の白紙委任状にサインをしてくれと頼まれた。彼が二重結婚をして、三つになる子供がいることなどは、最後まで気がつかなかった〉(『愛からの脱出』女性自身)

 ジョージ郷田、実にひどい男だが、44年に光子が直腸ガンで他界した時、彼女にもまた隠し子がいたことが判明。喪主を務めたのは、戦時中の19年に、ある映画監督との間にできた息子であった。

4億円の預金通帳と「日本の女性と結婚するために来た」

 昭和30年代あたりまでの新聞は実に面白い。例えば、33年9月12日付の毎日新聞にはこんな記事が載っている。

〈去る八日、神戸入港のオランダ船チネガ号で観光旅行に来日したアルゼンチンの金満家ホセ・ガリチオ老(76)が、たまたま同船した内山神奈川県知事夫人登志子さんに「日本の女性と結婚するために来た」とうちあけ仲人役を頼み花嫁をさがしている〉

〈ガリチオ老は十年前夫人に死別、七人の子供も全部一人前になったので、永年アルゼンチンでみてきたしとやかな日本女性を妻に迎えて余生を楽しみたいというわけ〉

 ガリチオ老は、身分証明書代りに1000万ペソ(4億3000万円)の預金通帳と見合い写真を内山登志子に手渡したという。

〈目下関西方面を旅行中の老は十月東京で挙式、国内各地を新婚旅行して十二月末帰国する予定という。花嫁は三十五才から四十五才、未亡人でもOK、死後は遺産全部を贈るという、好条件、である〉

 記事の反響は凄まじく、1週間のうちに、200人を超すしとやかな日本女性たちが、われもわれもと結婚の申し込みをしてきた。

 見合い写真や人形などのプレゼントに粉れて、「血で書かれた手紙」まで送り届けられたというから、新聞も元気なら女性読者も元気一杯だったわけだ。

 反響の凄さに驚いた毎日新聞は、2日後、この事態を批判する投書を掲載することでバランスを取ろうとした。

〈これほどまでに日本女性を要望されるのは在アルゼンチンの日本女性のしとやかさである。ところがどうだろう。こうして二百人もワンサと押しかけた花嫁に望まれたがる女性の心は、七十六才の老人を真実いたわり一生幸福にするという純粋さからだろうか(中略)かりに無一文の老外人だったら果たして名乗りでる人がいるだろうか疑問に思う。と同時に現代のせち辛い女心を浅ましく思う。(中略)老富家のめがねにかなった花嫁は“金がめあてだった”という結論を出させぬよう、どうか日本女性全体の名誉にかけてまごころを尽していただきたいものと心から申上げる〉(武蔵野市・主婦)

「大変なお金持ちだそうですが、そんなことは二義的な問題です」

〈アルゼンチンの億万長者ホセ・ガリチオ老あこがれの“日本の花嫁”が決まった〉

 バランス感覚もどこへやら、女性読者の嫉妬と羨望を潤滑油に、毎日新聞の続報は軽快かつリリカルに綴られる。

〈この“四億円の花嫁”は福岡のアメリカ領事館勤務の古川道子さんという長崎大卒、三十四才の未婚女性。道子さんはガリチオ氏が花嫁を捜しているのを新聞広告で知った。早速ガリチオ氏の足取りをたどって数回電話で話合い、二十日別府で初対面、トントン拍子に話が進んだというもの。

 しかも二人は、きょう二十五日、明治記念館で結婚式をあげ、十月一日、羽田空港からヨーロッパへ新婚旅行に飛び立つという早手回し>(33年9月25日付)

 紙面には、4億円の笑顔を見せる古川道子の写真も掲板されている。

「昔から南米にあこがれていました。年齢の開きがありますが、話し合っても、また見てもおかしさを感じないと思います。大変なお金持ちだそうですが、そんなことは二義的な問題です」

 帝国ホテルで記者会見した道子はそう話し、すっかりガリチオ夫人になりきっていた。

 一方、ガリチオ老は、記者やカメラマンに囲まれて大人気の妻をよそに、ロビーで一人ポツネンとしていた。飛行機が墜落しても、日本人が乗っていなければベタ記事扱いになるこの国の特殊性が、76歳のアルゼンチン人に理解できるわけもなく、老はただ呆然とした様子で、遠巻きに騒動を眺めていたのである。

 実はガリチオ老、日本語はもちろん、英語もまるで話せない。新婦の方は、英語は堪能であったが、スペイン語は「セニョリータ」くらいしか解さない。

 しかし、愛と金に国境はない。何はともあれ2人は結婚し、世界一周のハネムーンに出かけて行った。

ソプラノで小鳥のように歌い、県の英語の弁論大会で優勝

 古川道子の父親は、親族によれば、「かつての『フクニチ新聞社』の社屋や福岡の大丸を設計した西洋建築専門の設計士」だったという。

 次女の道子も相当な才媛で、気位も高く、高校生の頃から「独身論」をブッたりしていたのだが、これにはちょっとした事情があった。

 妹の順子が語る。

「姉は子供の頃から非常に才能のある女性で、私にとっても憧れの存在でした。ソプラノで小鳥のように歌い、県の英語の弁論大会で優勝した時は、あまりに英語が堪能だったため“福岡女学院は二世を出場させた”と陰口を叩かれたほどです。福岡にいらした白系ロシアの方からバレエを習っており、他に日舞も習っていたのですが、本当は宝塚に行きたがっていました。ところが、少女時代に原因不明の高熱を出し、それが原因で小児麻痺になってしまったのです」

 小児麻痺を患ったせいで道子は足が不自由だった。婚期を逸したのもそのせいらしい。

 ともあれ、ハネムーンが終わり、ブエノスアイレスに着いたのは12月初旬であった。

 すぐにも「5000頭の牛がいる」という触れ込みのガリチオ邸に向かうはずだったのだが、のっけから様子がおかしい。

 スペイン語が分からないので判然としないものの、何でもガリチオ家で家族騒動が起きているという。騒動の原因は、ひょっとしたら私なのかも……。

 いや、きっとそうに違いない。とてもじゃないけど、そんな家には怖くて行けないわ。

 そんなわけで、やむなくホテルに滞在し、月に何度か弁護士のもとへ生活費をもらいに行っていたのだが、今度は尾行されていることに気づく。

再び取材合戦に火がついて、ブエノスアイレスへ

 新妻の浮気を疑ったガリチオが、探偵に道子の素行調査を命じていたのである。

 探偵を雇っておきながら、約束していた実家への仕送りはあっさりと反古にされた。

 事ここに至って道子はある疑いを抱く。ガリチオはケチなのではないか、と。こんなことでは「全額贈る」と豪語していた遺産ももらえないのではないか、とも。

〈ガリチオ氏は年齢が違うためか、たいへん嫉妬深く、新婚旅行中も、新婦を船室に閉じこめたままだった〉

 年明けの1月4日、AFP通信がそんな記事を配信したことから再び取材合戦に火がつく。本誌も早速、現地に取材をかけた。

 その結果――ブエノスアイレス北方に広大なパンパ(草原)を持つエスタンチェロ(牧場主)を自称していたホセ・ガリチオ、実は単なるチャカレ口(小百姓)であることが判明したのである。従って、ここからはガリチオではなくチャカレロと呼ぶことにする。

〈その病的なシット心は彼特有のものだった。道子さんは狭いキャビンに閉じ込められ食事はサロンでとらせず船室持ち込み、また、トイレに行くにも道子さんの手を引いて同伴したという。「十二月五日に帰国するまでデッキに立って青空をながめたのは二、三回だけでした」〉

〈また極端なケチンボであることも彼の性格の一つ、道子さんの唯一の条件だった母親あての月五万円送金は全く実行されていない。愛妻への洋服新調はおろか「いままで日本で着ていた洋服を全部送ってもらえ」と逆に催促する始末〉

東京中日新聞が報じた赤裸々な中身

〈恐ろしいほどの嫉妬と吝嗇ぶりに加え、このチャカレロ、御年76のだというのに、〈肉体的には二十代という特異体質で“好色じいさん”と現地でも後ろ指を差されるほどの人物。その夫婦生活は日本女性には耐えられないものだった。現地では「馬のように働いて小金がたまったため、日本で自由になる女を買いに行った」と噂されていた〉

 いま流行りの「人権」などを気にしていたら、とても書けないような記事だが、一番凄かったのは東京中日新聞だ。

〈軽率だった道子さん まんまと変態男のエサに?〉

 年明けの34年1月8日、同紙は、そんな見出しで道子の悲惨な新婚生活を報じた。

〈道子さんはリッチモンド・ホテルに閉じこもったきりで、弁護士を立てて離婚請求を行っている。そのおもな理由はガリチオ氏が極端なけちんぼであること、また同氏が変態的で妻として耐えられないことなどをあげている。(中略)家などもひどいもので都会生活に慣れたものには住めないという。従って本人の教養の低さも道子さんにあいそをつかされた大きな原因である〉

 結局、結婚は3カ月で破綻。帰国した道子は、独身のまま、福岡市の自宅で英語を教えるなどしていたが、平成6年10月、自宅前から3メートル下の道路に転落して死亡した。

 近所の人の話。

「家の境界線がどうのと文句を言い、配達にもいちいちケチをつけるから郵便配達も近寄りたがらなかった。お隣さんなどはとうとう家を出て行ってしまったほどです。とにかく文句が多い人でした」

 元を正せば、全ては人騒がせなチャカレロのせいだが、それにしても新聞も雑誌も、ついでにチャカレロも元気だった時代が懐かしい。

(敬称略)

2020年9月19日 掲載