お気に入りの振袖を用意し、晴れの日を心待ちにしてきた新成人たちも多かったであろう。1都3県では緊急事態宣言発令中に迎えることになった今年の成人式。中止や延期にした自治体も少なくなかったが、オンライン開催を選んだ神奈川県の小田原市では、ある新成人が前代未聞の”ゲリラスピーチ”を行なった。当初の予定とは全く違うという話になり……。

 ***

 直前まで各自治体が対応に揺れる中、小田原市が1月10日に予定されていた成人式をオンライン開催に変更したのは6日のことだ。同市の子ども青少年部青少年課の担当者が経緯を説明する。

「成人式の主催は新成人たちで結成された『成人式運営委員会』で、市は共催者という立場です。開催方法については、選定された7人の運営委のメンバーが、8月上旬から市役所の施設などを使って、何度も話し合ってきました」

 今年はコロナ対策が主な焦点となったというが、

「彼らはサーモグラフィーを借り、フェイスシールドやアルコールの除菌シートを配布する準備などを進めてきました。そして、会場を2つに分け、さらに2部制にする方式で昨年12月に一旦、開催を決めたのです。ただ、直前になって緊急事態宣言が再発令される情勢となり、そんな開催方法ですら難しい状況に追い込まれました。そこで改めて運営委と市で話し合い、最終的には市長の判断でオンライン開催とすることに致しました」(同)

 コロナ禍で大変な思いをしてきたからこそ、みんなで集ってこの日を祝いたい。そんな思いで準備を重ねてきた実行委のメンバーたちは、さぞ悔しがったに違いない。それでも彼らは、オンラインで初志貫徹しようと本番に臨んだのだった。

 1月10日、式典は小田原市民会館で、無観客ライブ配信方式で粛々と始まった。運営委の開会宣言に始まり、守屋輝彦・市長と奥山孝二郎・市議会議長による祝辞、県選出議員の国会議員や県知事らの祝電紹介が続いた後、壇上に座っていた新成人4人による「成人の抱負」のスピーチとなった。

突然、壇上で「エル・カンターレ」と語り出した新成人の男性

 問題はトップバッターの男性で起きた。緊張した様子でマイクの前に立ち、用意していた原稿を広げた男性。

「本日は私たち新成人のためにリモートというかたちではございますが、成人式を開催してくださり誠にありがとうございます」

 真っ当な挨拶から始まったスピーチ。ただ、極度の緊張なのか、どもったり、噛んで言い直すことが多い。やがて彼は、コロナウイルスについて語り始めた。中国の武漢から発生し、最近では変異種が生まれ、世界が混乱している現状を説明した後、

「しかし、医学的には恐怖心を持っている人ほど免疫力は下がり、感染しやすくなると言われています。逆に、明るい心を持って生きている人は免疫力が上がり、感染しにくくなると言われています」

 あまりに自然に語るので、つい聞き流してしまいそうだが、よくよく聞くと耳を疑うような話である。だが、こんな“オカルト”は序の口。ここから彼は“本領”を発揮していくのである。

「自分は高校では栃木県の、大学では千葉県の宗教系の大学に通っていて、そこで『エル・カンターレ』という神の教えを学んでいます。去年、コロナの影響で世間の学校ではリモート授業になったり休校になったりしたそうですが、自分の学校では1年間、普通に授業を受けたりサークル活動をしたり、また入学式を行ったり文化祭を行ったりすることができました。しかも、感染者は1人も出ていません」

「エル・カンターレ」? 知らない人には、なんのこっちゃであろう。実は、これはある宗教法人では誰もが知っている言葉である。

〈「エル・カンターレ」とは「地球の至高神」の御名であり、「地球の光」を意味しています。「エル・カンターレ信仰」とは「地球神の存在を認める」という信仰です〉
〈そして、エル・カンターレの中核であり、「本体意識」であられるのが大川隆法総裁なのです。〉(「幸福の科学」ホームページより)

 そう、彼は「幸福の科学」の信者で、成人式という公の場で、自分の信じる宗教への思いをぶちまけてしまったのだ。

「神様とかあの世とか、目に見えないものは信じないという人も多いと思いますが、ウイルスも目に見えない存在であり、人々に恐怖を脅かしています。それに対して神様は私達に確実に希望を与えてくださっています」

 もし観客が入っていたならば騒然としたであろうが、彼は誰に阻まれることもなくその後も、6分間にわたってスピーチを続けたのだった。

“騙し討ち”にあった市と運営委

 特定の宗教信者によって成人式を“ジャック”されてしまった今回の騒動について、前出の市の担当者はこう説明する。

「毎年、抱負発表をしたい新成人は公募し、事前にどういう話をするのかと聞いた上で、選定させていただいています。今年も、本番前には主催者側に原稿を提出してもらい、前日にリハーサルも行ないましたが、彼が本番で行なったスピーチは、事前に提出した原稿と違う内容が非常に多く含まれていました。彼には約束が違うと説明した上で、アーカイブから彼のスピーチ部分を削除致しました」

 つまり運営委と市は騙し討ちにあったというのだ。今もYouTube上で式典の動画はアップされているが、彼のスピーチ部分だけすっぽりカットされている。では、市は彼に抗議したのかと問うと、

「抗議というよりは、当初とは違う内容だったということで、彼に削除理由を説明しただけです。そもそも今回、市としては、彼の発言が宗教にまつわるものであったかという判断はしておりません。彼からは今のところ返答はありません」

「信教の自由」もあり、役所としては踏み込んだ対応をしづらいのであろう。決して市を困らせる意図はないが、もし彼が事前に本番と同じ原稿を提出していたらどうなったかとも聞いてみたが、

「仮定の話についてはコメントできません。今年に限らずこれまでも、抱負のスピーチをする方には事前に原稿を出してもらっていましたが、主張、信条にも関わることなので、内容よりは言い回しを訂正したりしながら一緒に作ってきたという感じです」

 この件に最も心を痛めているに違いない運営委のメンバーたちの様子はどうかと聞くと、

「まだ、彼らとそういう話をする機会を持っていないので何とも。ただ、動画の削除については彼らの意見も聞いた上で、最終的に市で判断致しました」

幸福の科学に取材を申し込むと回答が来た

 一方、幸福の科学は今回の件についてどう受け止めているのだろうか。幸福の科学広報グループに取材を申し込むと、教団が運営している教育機関「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」からの回答として、以下のコメントが送られてきた。

「男性は、ハッピー・サイエンス・ユニバーシティの学生です。新成人の抱負として、公の場で自らの信仰について情熱をもって語り、信仰に基づいて、周りの人から頂いた愛に感謝し、多くの人の幸福のために生きたいと述べることは、『信教の自由』『信仰告白の自由』の観点からも尊重されるべきものであると考えます」

 このように、問題ないどころか素晴らしいと彼を持ち上げるのである。

 だが、彼がしたことは本当に“大人の行動”と認められるべきことなのか。もちろん、どのような宗教を信じるかは彼の自由である。ただし、騙し討ちのようなかたちで公の場を利用して自分の主義信条を訴えるという手法は、褒められたものではなかろう。

2021年1月17日 掲載