払い戻しは?

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた対策ができる「まん延防止等重点措置」。その適用地域が広がりをみせる中、本来は入場者数が5000人に制限されているはずのプロ野球の公式戦で、制限を大幅に上回る観客が球場に足を運び続けている。同措置を巡り、「適用決定前に発売済みだった分のチケットは有効」という偏屈な理由で5000人ルールが無視され、国や自治体が黙認しているのが原因のようだ。しかし、飲食店は営業時間が20時までに短縮され、旅行業界も適用地域への旅行のキャンセルが相次ぐなど他業界は同措置の適用で苦境を強いられている。それなのに、プロ野球だけ特別扱いが許されていいのだろうか。

「観客数1万802人」――。同措置の適用地域に東京、京都、沖縄の3都府県が加わった直後の4月13日、東京ドームで開催された巨人−中日戦の公式発表の観客数だ。本来は制限が5000人のはずなのに、その倍以上の観客が訪れていたことになる。

 同じ日に同じ東京で行われた神宮球場ヤクルト−横浜DeNA戦も観客数は7235人と、こちらも5000人を大幅に超えていた。

 また、東京よりも一足早い5日から同措置の適用対象となっている宮城県においても、適用開始から1週間以上が経過したにもかかわらず、13日に楽天生命パーク球場で行われた楽天−千葉ロッテ戦の観客数6188人で、やはり5000人超えだ。

破られる制限

 同措置の適用地域において、大規模イベントの入場者数の制限5000人というのは、政府が新型コロナ感染拡大防止の観点から、専門家の意見を踏まえて設定している数字である。当然、主催者はその制限を守らなければならない。

 プロ野球では、各試合の主催球団が、既に販売したチケットの払い戻しなどを行い、入場観客数が5000人以内になるよう調整すれば済む話で、物理的にも可能なはずだ。

 にもかかわらず、各試合の主催球団は「既に発売済みのチケットは有効」という何とも身勝手な理由で5000人を超える客を入れ続けている。

 国や自治体も実質的にそれを放置してしまっている格好だ。

 飲食業界でいえば、飲食店が「21時まで営業する想定で既に大量の材料等を仕入れているので、それを消費するため、20時ではなく21時まで営業する」などと主張した場合、それは許されるわけもないだろう。

 むしろ、同措置の適用が始まった地域では自治体職員らが飲食店の見回りを本格化させるなど、ルール遵守を徹底させようと規制の動きが強化されているくらいだ。

 また、同措置の適用対象地域となった沖縄や京都では、旅行客のキャンセルが相次ぐなど旅行業界も大打撃を受けている。

 もちろん、プロ野球界も同措置を完全に無視しているというわけではない。

 同措置の適用地域の球場では、「20時」の終了時間を守るべく、ナイターの試合開始時刻を17時半や17時45分に早めたり、球場内のアルコール販売時間帯を制限したり、同措置を意識した対応も取られている。

 だが、やはり問題なのは、「密」「人との接触」を避けて少しでも新型コロナ感染リスクを減らす上で重要な人数制限が堂々と破られていることだろう。

都道府県またぐ移動も助長

 プロ野球は人気スポーツで、球場のある自治体の住民のみならず、全国各地から都道府県をまたいで大勢の観客が観戦に訪れる。

 そうした観点からしても、安全安心な環境で観戦してもらうためには、人数制限は厳格に守られるべきであり、主催者側にもより高い意識が求められる。

 だが、各球場では5000人の制限が確信犯的に無視されているのが実情で、ある球団職員はこう明かす。

「払い戻しをすれば、大幅に売り上げが減る。既に販売済みだった分は有効というルールで押し通せば、まだ1万人くらい客を入れてもそこまで批判されずに売り上げを確保できる。キャンセル手続きにかかる費用も馬鹿にならない」

 各球団が新型コロナ感染拡大防止よりも利益重視に走っている姿勢がうかがえる。

 球界でこうした緩い意識がまかり通っている背景には、「球場での観戦が原因でコロナに感染したという事例が確認されていない」という昨年の“実績”がある。

「大声での声援を禁じ、マスク着用を徹底している球場での野球観戦は、コロナ感染リスクが低い」という考え方が浸透しているのは間違いない。

 だが、ある球界関係者はこう疑問を呈する。

「そもそも、球場で観戦した客がコロナに感染したとしても、前後に飲食店に行ったり電車に乗ったりしており、感染原因が『球場での観戦』と断定するのは難しい。さらに、ファン心理からすれば、応援する球団に迷惑をかけたくないという思いから球団に正直に連絡していないだけなのではないか」

 確かに、昨年の全公式戦の入場者数は延べ約480万人にも上っていることからすれば、本当に球場でのコロナ感染者が一人もいないのか、にわかには信じがたい。

 むろん、球場での観戦のために大勢の人が移動することは避けられない。

 移動が頻繁であれば人同士の接触機会も増えるわけで、「プロ野球観戦はコロナ感染リスクが低い」というのは、いささか都合が良い解釈だとツッコまれる余地がある。

4月中はずっと制限無視か

 複数の球団関係者の話を総合すると、まん延防止等重点措置の対象地域の球場で行われる4月中の公式戦は、チケットの販売状況からして、ほぼ全試合で5000人ルールが守られず、観客数が6000〜1万人前後に上るとみられる。

 昨年、プロ野球は新型コロナ感染拡大の影響で開幕が延期され、6月19日にようやく無観客で開幕した。

 7月上旬に上限5000人の有観客開催となった後、徐々に観客を増やし、無事にペナントレースを乗り切った。

 華のあるホームランに迫力満点の剛速球、華麗な守備。プロ野球選手たちがみせる真剣勝負、懸命なプレーは、コロナ禍で苦しむ日本中を元気づけてくれた。

 コロナ禍でも前向きなパワーを与えてくれるプロ野球の存在は、やはり特別であるのは間違いない。

 だが、特別扱いされていいのかどうかは議論のわかれるところだろう。

デイリー新潮取材班

2021年4月20日 掲載