日本の殺人事件の半数が、親族間で起きていることをご存知だろうか。年間の殺人事件は800〜900件台。そのうち親族間殺人は400〜500件台に上るという。ノンフィクション作家の石井光太氏は5月18日、親族間の殺人事件を扱った『近親殺人―そばにいたから』(新潮社)を出版した。

 ***

 日本では、1954年の3081件をピークに殺人事件は減少しており、2013年に初めて1000件を下回り、その後は800〜900件台で推移している。ところが親族間殺人事件は、ここ30年ほど400〜500件台で、やや増加傾向にあるという。なぜか。

「高齢化が進んだことで、老老介護殺人が増えてきました。また、精神疾患が急増してきたことで、それに伴う殺人事件が増えているからです」

 と語るのは、石井氏。

「近親殺人は、刑罰は一般の金銭などを狙った殺人事件などより軽くなる場合が多いんです。殺人に至るまで家族が追い詰められているケースが多く、情状酌量の余地があるからです」

いくつかの異常な言動

 石井氏は『近親殺人―』で7つの事件を取り上げている。いずれも傍聴し現場に足を運んで取材したものだが、そのうちの1つをご紹介する。2014年末、母親が息子を殺してしまった事件だ。

 東京・隅田川に近い13階建てマンションの最上階で、会社経営者の小佐野晴彦(仮名・以下同・事件当時57)は妻の恋(同・34)、息子の瑞貴(同・5)と暮らしていた。

「2007年、晴彦と恋は携帯サイトで知り合いました。晴彦は23歳年下の恋にぞっこんだったそうです。ほどなく2人は晴彦が当時住んでいたマンションで同棲します」

 ところが、恋には異常な言動がいくつか見られた。そのひとつが万引き癖である。ストレスが溜まると、スーパーに買い物に行った際、棚の商品をバックに入れて持って帰ってきてしまうのだ。盗んだ品の中には、恋にとって不要のものも含まれていた。

「加えて、彼女は平然と嘘をつくこともあったそうです。恋には2回の離婚歴があり、2番目の夫との間には子どももいた。晴彦がその子のことを聞くと、彼女は収入もないのに、『元夫は働かないので、私がお金を稼いで(養育費を)渡している』と嘘をついたそうです」

 2009年5月、恋は瑞貴を出産。その翌月に2人は入籍し、1年後に13階建て新築マンションの最上階に新居を構えた。

「恋は、出産前から子どもは嫌いだと話していたが、晴彦は子どもができたらかわいがるはずと思っていました。しかし、彼の思いは見事に外れた。恋は子育ても家事も一切放棄したのです」

子育てが嫌い

 恋にとっては、瑞貴のそばにいるだけでストレスが溜まったようだ。そのため万引きを頻繁に繰り返すようになった。スーパーで万引きが見つかって捕まった際、「子育てが嫌だったから」「私、子どもが嫌なの。泣き声がうるさいし、汚らしいとしか思えない。瑞貴と一緒にいたくない。保育園に入れて」と話したという。

「晴彦は、瑞貴が2歳になると保育園に入園させ、自身が育児をすることにしました。夕方仕事を終えると保育園へ瑞貴を迎えに行った。食事は、帰宅途中でレストランに寄るか、食材を買って家で調理した。その後部屋を掃除して瑞貴をお風呂に入れ、寝る時間までベッドに一緒に横たわってゲームや絵本を読み聞かせたといいます」

 休みの日は瑞貴をテーマパークやドライブに連れて行った。一方、恋は相変わらず子育てを放棄していた。夕食後に晴彦と瑞貴がじゃれていると、彼女は不愉快そうに背を向けて別の部屋に閉じこもることもあったという。

 2011年10月、恋にとって衝撃的な出来事が起こる。長らく関係を絶っていた恋の母親が自殺したのだ。これを機に、彼女の言動がさらにおかしくなっていく。ほとんど食事をしなくなり、栄養失調で1カ月の間に体重が23キロも落ち込み、骨と皮だけのような体形になった。生理も止まり、一日中ボーッとしていたという。

「そのうちに、解離性障害(ヒステリー)の症状も現れました。町を歩いている時、いきなり凍り付いたように固まって動かなくなってしまうのです。周りの人が声をかけても、一点を見つめたまま停止している。そして数秒から数十秒すると、意識が戻って何事もなかったように動き出すのです」

 また、記憶障害も目立つようになった。話をしていても、数秒前にしゃべったことや言われたことが記憶できず、何度も同じ話を繰り返した。

 万引きも頻繁に行うようになり、2011年以後5回逮捕。略式起訴されて30万円の罰金が課されたこともあったという。

 クリニックに通うようになったが、病状は一進一退を繰り返した。2014年の秋からストレス解消のため酒を飲むようになり、病状は急激に悪化したという。

殺人未遂

 2014年12月23日、親子3人は晴彦の大学時代の同級生が毎年開催している、ファミリー向けのクリスマスパーティーに参加。ところがこの時とんでもない事が起こる。恋が、瑞貴を女子トイレに連れ込んでヒモで首を絞めたというのだ。晴彦の友人が見つけてなんとか一命をとりとめたが、瑞貴の顔全体が赤紫色にうっ血していたという。

 これが決定打となり、晴彦は恋を精神病院に入院させることに決めた。12月30日に病院へ面談に行く前日の夜、再び事件が起きた。晴彦がマンションの近くにある自分の会社に用事で出かけた隙に、恋が眠っていた瑞貴を窓から落としたのである。植込みの上に落下したため、まだ微かに息があったという。晴彦が血だらけになった瑞貴を抱きかかえ、手を取って声をかけると、小さな手で晴彦の指を握り返した。晴彦は助けたい一心で瑞貴の唇に口をつけ人工呼吸をすると、瑞貴が舌を噛んできた。大学病院へ搬送されたが、すでに手遅れだった。

 石井氏がいう。

「恋が自分の息子を殺したのは、自分も子ども時代に母親から酷い虐待を受けたことが背景にあります。虐待を受けると、精神は蝕まれてしまいます。そういう人が親になると、今度は自分の子どもを虐待してしまうことが少なくありません」

 恋は警察の取り調べで、次のように語っている。

「子どもは夫の愛情を独り占めしていました。子どもなんていない方がいいと思い、窓から突き落としました。成長して体重が重くなると抱えられない。今だったら自分一人の力で(殺害)できると思った」

 公判では、裁判官は恋が精神疾患を抱えていたことは認めつつ、大幅な責任軽減の理由はないと判断。懲役11年の判決が下された。

デイリー新潮取材班

2021年5月18日 掲載