孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、ユニットバスで自殺した30代女性について聞いた。

 ***

 今回は、特殊清掃の中で最も困難な作業についてご紹介しよう。

「最近、ユニットバスのドアノブに紐をかけ、首吊り自殺する方法がネット上でよく紹介されています」

 と語るのは、高江洲氏。

「この方法で首を吊ると、ドアの前に腰かけた姿勢になります。死後、排泄物や脂、体液が染み出し、ユニットバスの下に広がります。この状態を原状回復するには、ユニットバスを解体するしかなく、最も難しい作業となるのです。費用も、数百万円はかかります。実は、これまでユニットバスのドアノブで首吊り自殺した後の清掃を5、6回手掛けたことがあります」

体液は階下の天井にまで

 自殺した30代女性のケースは、今でも忘れられないという。

「神奈川県の不動産屋から依頼がありました。1Kアパートのユニットバスで30代女性が首を吊って自殺、2週間経って発見されたそうです」

 すぐに現場に向かった。

「予想した通り、女性はユニットバスのドアノブで首を吊っていました。体液はバスのまわりからキッチンまで広がっていました。女性の部屋は2階でしたが、体液は階下の天井にまで達したほどでした」

 部屋は、きちんと整理されていたという。

「生前に身辺整理を行ったのでしょう。部屋には、大きな衣装ダンスがありました。テレビも大型でした。ゲーム機が2台あり、かなりの数のゲームソフトがあったので、ゲームが趣味だったと思われます」

 高江洲氏は、早速リフォームに取り掛かった。

「体液が染みたフローリングを全て撤去しました。フローリングを支える補強部材である根太(ねだ)も体液が染みていたので、全て取替えました。本来なら、階下の天井もはり換える必要がありましたが、不動産屋からそこまでする必要はないと言われました。さらに、ユニットバスも解体しなくていいと言われました」

 高江洲氏は仕方なく、二酸化塩素を主成分とする特殊な消毒液を散布した。

「死臭の原因は、腐敗の過程で細菌がタンパク質を分解して出す物質です。薬剤をまくことで菌を死滅させ、臭いの原因を取り除いていきます。ユニットバスの周辺にも念入りに散布しました」

『自殺したい』

 消毒とリフォームを終えた高江洲氏は、遺品整理に取り掛かった。

「ダンボール箱に衣装や写真、通帳、装飾品などを詰めました。不動産屋から、東北にある女性の実家の連絡先を聞き、電話しました。母親が出向いて来ることになりました」

 高江洲氏は、女性の母親から色々話を聞かされたという。

「亡くなった女性は、精神を病んでいたのです。そのため、仕事も辞めていたといいます。彼女は母親に『自殺したい』と何度も訴えていたそうです。その度に母親は、励ましの言葉をかけていたということでした。母親は、『悔やんでも悔やみきれない』と嘆いていました」

 高江洲氏は、この時の仕事でも納得がいかないという。

「私の特殊清掃は、臭いが完全に取れた時に完了します。最後は鼻を床にこすりつけるようにして、臭いがないか確認するのです。ところがあの時の仕事は、ユニットバスを解体できなかったし、階下の天井も交換できませんでした。そのため不動産屋に、『臭いが残るかもしれませんが、それでもいいですか』と念を押しました。私にすれば、不本意な仕事でした。母親の悔しさも痛いほど伝わりました。せめて、お部屋だけでも完璧に元通りにしたかったのですが……。なんとも後味の悪い思いが、いつまでも心に重くのしかかっています」

デイリー新潮取材班

2021年7月30日 掲載