日本大学の本部および田中英壽理事長宅、それに日大が100%出資している株式会社日本大学事業部など数ヵ所に東京地検特捜部の家宅捜査が入った。日大板橋病院の建て替えに関わる背任容疑だと言う。これに関与したとみられる日大A理事(現段階では氏名非公表)の自宅(兵庫県芦屋市)にも捜査が入ったと聞けば、3年前、世間を騒がせた「日大アメフト危険タックル問題」が思い出される。今回の事件でもキーマンと見られる人物は、危険タックル問題の時にも暗躍した理事である。

 ***

 当初「危険タックル問題」は、日大対関西学院大の試合中に起こった「パワハラ的な出来事」と認識されていた。いまも多くの人はそう理解しているかもしれない。だが、事件が注目されてすぐ取材に入ると、問題の根は「日大フェニックス指導陣のパワハラ体質」にとどまらず、監督・コーチも関わる株式会社日本大学事業部(以下、日大事業部)の利権構造と深く関わっていることが推察された。

 アメフト部の内田正人監督(当時)は、日大の常務理事で人事を担当していた。併せて、2010年に日大の100%出資で発足した日大事業部の役員であり、内田監督の指示で選手に危険なタックルを命じたとされた井上奨コーチ(当時)も日大事業部の社員だった。複数のアメフト関係者が日大事業部に関わっているのを見れば、この会社はアメフト部の人材を雇用し、指導に専念できる環境を提供するためのものか? とも見える。一方、アメフト人脈による固い結束や揺るぎない上下関係を日大事業部のビジネス、さらに言えば日大本体と離れた株式会社にかませることで、一部の関係者に利益を還元する錬金システムを裏で形成しているのではないかとの見方も強く浮上した。

「日大が総力を挙げて、潰しにいく」

 危険タックル問題が世間やメディアで騒がれるとすぐ当該選手と彼の父親を呼び出して「恫喝した」と報じられ、第三者委員会の報告書でも実名を出されたのが、アメフト部OBで日大理事でもあったA理事だ。まさに同一人物が「危険タックル問題」でも今回の背任容疑でも疑惑の中心にいるわけだ。アメフトに関する第三者委員会の報告書では、A理事の関与が次のように明らかにされた。

「(当該選手が)タックルが故意に行われたものだと言えばバッシングを受けることになる。だから、内田正人前監督の関与がなかったように(対外的に)説明するよう、A理事は当該選手と父親に求めた。その上で、A理事は『(同意してくれれば)私が、大学はもちろん、一生面倒を見る。ただ、そうでなかったときには、日大が総力を挙げて、潰しにいく』と恫喝した」

日大事業部の締め付け

 そのころ、「スポーツ日大」という大きな看板が、プロ野球の球場内をはじめ至るところで目立っていた。飛行機の機内誌をはじめメディアにも多くの出稿があった。これらの広告業務を請け負っていたのが、A理事の実姉が経営する会社だ。日大の相当な額の支出がこの会社に流れるビジネスの構図も明らかになった。それ自体、違法性はないが、この広告宣伝費の流れに日大事業部が絡み、正当な支払いのほかに「一部資金を私的に還流させる仕組みを作っているのではないか」との証言や憶測が囁かれた。日大がなぜA理事の姉の会社に広告宣伝の代理業務をほぼ全面的に任せているのか。他社を排除する状況について大学側も田中理事長も一切説明していない。そのことがまた疑惑を深める形になっていた。

 日大の教授に訊くと、研究費で何かを購入する場合は「できるだけ日大事業部を通して買うよう締め付けがあった」と言う。全学部ではないが、取材した文科系学部ではその締め付けはかなり厳しかったという。

 さらに、井上コーチの実家が経営する菓子店はA理事が所有するビルに店舗を構えていた。ここまでの濃密な関係がわかれば、田中理事長がこうした関係を容認し、了解していたと理解するのも常人の自然な解釈だ。その裏で不正なバックマージンなどが理事たちに還流されていた証はなかったから、もちろん断定できず今日に至っていた。

覚悟を試すためのタックル指示か

「危険タックル問題」は、被害選手の父親の刑事告訴に対し、検察側が「違法行為と認定できず」としたため、内田監督も井上コーチもシロとなり、後に大学側とも和解。いずれも大学の職に復帰している(内田氏はすでに停年退職)。

 当該選手が、弁護士を伴って自ら記者会見を開き、謝罪をし、報道陣の質問に応じる姿は見る者に衝撃を与えた。だが、ずっと紹介してきた日大事業部のカラクリと当該選手の記者会見をひとつに結んで解釈する動きはあまりなかったように思う。

 私は取材を重ねるほど、ふたつは別々でなく、まさに一体だとの感を深めた。一体というのは、監督・コーチが選手に危険なタックルを指示し、事件が顕在化するとA理事まで登場してもみ消しを図ったのは、あのタックル指示が単に「アメフトの試合で勝つため」「来るべきシーズンで戦力を充実させるため」ではなかった。当該選手は日大事業部の裏側を形成する面々に見込まれ、新たな人材としての資質と覚悟を試されたのではないかという推測だ。そう解釈すると、すべてがつながるように思うのだ。

 井上コーチはまさにその覚悟を持って内田監督に従順であり続けた。当該選手は、世間の非難に直面し良心の呵責に苛まれた。それを阻止するA理事に代表される「組織」。その泥沼から抜け出すには弁護士の助けがどうしても必要だったし、自分の顔と名前を世間に晒す必要があった。

田中理事長の関与

 果たして、日大事業部にからむ不正な金の流れがあったのか? あったとすれば、田中理事長が自らそれに関与し、あるいは容認していたのか? 世間の関心はそこに注がれている。しかし、「危険タックル問題」以降、書面やネットで発信する以外、田中理事長はメディアの質問に一切答えていない。それが「隠蔽」なのか、本当に「語るべき事実がないから」なのか、判断はつかないままだ。

 今回、東京特捜部が捜査に入り、田中理事長も任意聴取を受けた。噂や憶測に過ぎなかったカラクリにメスが入り、不正があれば告発されるだろう。東京地検特捜部の捜査が日大本部だけでなく、日大事業部にも入ったことは、これまで説明した不正な金の流れの解明を予感させる。仮に日大板橋病院の建て替えに関連して背任行為があったとすれば、日大本部が直接企図したものでなく、A理事が関与し、日大事業部を何らかの形で絡ませて不正な資金の還流を作ったという見方が有力だ。捜査がなされた上で田中理事長の関与がなかったと断定されれば、田中理事長の潔白は証明される。

 私は、任意聴取を受けた後、「田中理事長と会った」という日大関係者から話を聞くことができた。その人物は、「田中理事長は、本当に知らないんだと思いますよ」と言い、こう続けた。

「地検に呼ばれたけど、何でオレが設計屋と付き合うんだ? 何を聞かれたって、知らないものは知らないんだから答えようがない。そう言っていました」

 その人物によれば、A理事らが田中理事長の威光を借りて、田中理事長には内緒で悪事を働いていたのではないか、という。その格好の隠れ蓑にされたのが日大事業部だ。

「田中理事長は、日大事業部は大学にとって有益な組織だといまも信じていると思います」

 まさかその日大事業部が裏側で不正な資金を生み出す道具にされているとは思ってもいないだろうと、その証言者は言う。すべては、田中理事長の威光を盾に、A理事と心無い仲間たちが私腹を肥やすために作った構造なのか。危険タックル問題で浮上した日大事業部の黒い金の疑惑にも田中理事長は絡んでいなかったのか。だから、沈黙を守る以外に方法がなかったのか。その全容が、今回の背任事件で明らかになるよう期待する。

小林信也(こばやし・のぶや)
1956年新潟県長岡市生まれ。高校まで野球部で投手。慶應大学法学部卒。「ナンバー」編集部等を経て独立。『長島茂雄 夢をかなえたホームラン』『高校野球が危ない!』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月19日 掲載