山梨県甲府市蓬沢。閑静な住宅街の中にブドウ畑が残るこの地の景色が一転したのは、10月12日の午前4時前だった。4人家族が暮らす井上盛司さん宅が、突如、火災に見舞われ、盛司さんと妻の2人が亡くなったのだ。父から引き継いだ家で暮らしていた井上さん一家。犯行直後に放火現場から逃走した19歳の少年は同日の夜に出頭し傷害容疑で逮捕された。犯行の裏側には、少年が一方的に長女に寄せていた好意が見え隠れしている。

「バン、バンというという音が聞こえたので目が覚めました。プロパンガスか車でも爆発したのかと外に出てみると、白煙が立ち上がっていました。警察車両や消防車両が7〜8台ほどがやってきたのを覚えています」

 と、近隣住民は現場の様子を語る。

「火の手は玄関の方から徐々に燃え上がっていきました。2階まで火の手が上がったかと思ったのも束の間、木造建築だけあって、今度は2階が崩れ落ちました。隣の家の窓ガラスも熱で割れ、雨どいが溶けていました。不幸中の幸いだったのは、隣家との間に置いてあったガスボンベに引火しなかったこと。万が一、爆発していたらと思うとゾッとします」

 社会部記者によれば、火災当時から放火と見られていたという。

「現場には油がまかれた跡が残っていましたし、火の手が上がった直後に、拡声器で『止まれ』と叫ぶ警察官と思しき声を聞いたという住民もいました。犯人が警察官に追跡されていたということでしょう。後に少年が出頭してきたのも、犯行現場から車で40分ほど離れた駐在所ですから、地元の地理に精通していたと考えられます」

背景にあった“好意”

 犯行の背景には何があったのか。被害に遭った井上一家の知人は、次のように語る。

「井上家には、高校3年生と中学3年生の娘さんがいました。長女は中学校時代に不登校だったこともあり定時制の高校に通っていました。いわゆる不良だったとかではありませんが、交友関係は、高校に入学してから活発になっていましたね。同級生なのか、同い年くらいの男女が、井上さんのお宅に頻繁に出入りしているのを見ました」(井上家知人)

 犯行に及んだ19歳の少年は、まさに同じ定時制高校に通っていた。

「少年は長女に対して一方的に好意を寄せていたようです。恋愛感情のもつれが原因で犯行に及んだと考えられています」(社会部記者)

 長女は将棋部や演劇活動に精を出す活発な学生だったという。

「妹ともども、土木関係の仕事をしていたお父さんにそっくりな見た目でした。目がパッチリしていて、可愛らしい子でしたよ。お父さんに一度『お父さん似ですね』と伝えたら『俺に似てるかな』とはにかみ笑いを浮かべていたのを覚えています」(近隣住民)

 昨年1年間、盛司さんの妻は自治会の組合長を務め、休みの日には家族で車での外出を楽しんでいたという。出頭時、少年は手の火傷のほか、右手の小指の骨折、腱断裂を負っていた。2人の命を奪った犯行動機の解明が待たれる。

「週刊新潮」ではこの事件の情報を募集しています。以下の窓口より情報をお寄せください。

https://www.dailyshincho.jp/confidential/

デイリー新潮取材班

2021年10月16日 掲載