「あなたを殺しに来ました」――突然、見ず知らずの他人にそう告げられたら、誰もが仰天、腰を抜かすだろう。しかし、殺し屋の標的となったこの男性は無傷で生還を遂げた。なんとも奇妙な「契約殺人」事件の顛末とは。

 ***

〈訴訟相手の殺害依頼〉(東京新聞)なんて見出しが躍る紙面を見ればまるで映画のような話だが、以下はまごうことなき、日本で起きた現実の事件である。

 10月13日、愛知県警中警察署(名古屋市)は、進学塾の元代表・豊川正弘氏(71)を殺人予備の疑いで逮捕した。容疑は彼が知人男性(37)に対して、会社役員の男性(71)の殺害を指示したというもの。実は11月2日付で豊川氏は嫌疑不十分で不起訴になっているが、まずこの事件を始まりから振り返ろう。

「事件が表沙汰になる前日の10月12日午後3時半頃、30代くらいのいかつい顔のスキンヘッドの男が自宅の玄関先に現れましてね」

 と話すのは、当の事件で被害者となった会社役員の男性である。

「インターフォン越しに妻が応対し、不審だったので不在を装って“主人はいない”と伝えると、近所の公園で待ちますと言って姿を消しました。ただ、放っておくのも気味が悪いから、妻を公園に行かせ、彼を家の前の駐車場まで呼び出すことにしたのです」

 現場は名古屋市内の閑静な住宅街で、近所では工事が行われて人目もあり、スキンヘッドの男も下手なことはできないだろうと考えたという。

“死んだふりをして…”

「護身用にビニール傘を持ち男と向き合うと、彼はA4の紙を差し出し“これはあなたですか?”と尋ねてきた。紙には私の写真や名前をはじめ、住所、車のナンバーまで記載されており、続けて“あなたを殺してくれと頼まれた”“東京や大阪の人間、外国人ルートにも話が回っている”と少し興奮気味に喋るのですが、凶器を持っている様子はなく、虚勢を張っているのかなとも思いました」

 被害者男性が冷静なのにはわけがあった。豊川氏の運営していた学校法人を巡るトラブルに巻き込まれて以降、身の危険を感じる嫌がらせが相次ぎ、用心を重ねていたという。

「さらに男は“死んだふりをしてくれないか”と頼んできた。幾らか前金をもらい、私が死んだ証拠の写真と引き換えに、残りの報酬を渡すと言われていたようです」

 あまりのバカバカしさに、被害者男性は絶句しつつも、“殺し屋くん”が不憫に思えてきたとしてこう続ける。

「彼はお金に困っている様子だったので、“私が生きているのがバレたら君も大変なことになる。借金があるなら解決した方がいいから、友人の弁護士を紹介しよう”と諭したところ、彼も“そうですね”と素直に応じた。それで、すぐに弁護士と警察に連絡をして、彼は連れて行かれました」

 結局、脅迫容疑で逮捕された殺し屋くんの供述で、待ち合せ場所に現れた豊川氏も逮捕されたわけだが、この二人が不起訴処分となったのは当然だと憤るのは、豊川氏の代理人弁護士だ。

「豊川さんは殺害を依頼したことは一切ない。学校法人の権利を取り戻そうと、連絡のとれない関係者の居場所を聞いてくるよう指示しただけ。しかも、殺害を指示されたと告白した男は、結局シャブで逮捕されたんです。シャブ中の話したことを真に受けた県警のフライングだと思いますよ」

 改めて被害者男性にも尋ねてみたところ、

「いかつい男を寄越しておいて“連絡先を聞くだけでした”なんて主張が、まかり通るのでしょうか……」

 何ともお粗末な話である。

「週刊新潮」2021年11月25日号 掲載