コロナ禍の国民の暮らしにご配慮

 新天地ニューヨークで結婚生活を始めた小室夫妻。一方、国内では愛子さまのお誕生日が控えているが、成年を迎えられるにあたってティアラを新調せず、叔母にあたる黒田清子さんから借り受けられることになったことが注目を集めた。

 ***

 12月1日に愛子さまの20歳のお誕生日が控えている。記念すべき成年会見は、小室さん騒動の余波で来年にずれ込みそうな異例の見通しだが、

「学業優先のため、おもな祝賀行事は当日でなく日曜日の5日に行われることになりました。当日は午前中に宮中三殿を参拝され、午後から両陛下にご挨拶をなさいます。その際はティアラのほかネックレス、ブレスレット、イヤリングに勲章どめも身に着けられ、肩や背中を露出した女性皇族の最上級の礼装である『ローブ・デコルテ』で臨まれるのです」(宮内庁担当記者)

 今回、成年を迎えられるにあたり、愛子さまはティアラを新調せず、叔母にあたる黒田清子さんから借り受けられることになった。

「3月末に成立した今年度予算には、ティアラの費用が計上されていませんでした。つまり公費である宮廷費を使わないということで、清子さんの時のように天皇家の御手元金である内廷費で作られるのでは、ともみられていました」(同)

 が、蓋を開けてみれば「借り受け」ることに。

「両陛下と愛子さまが相談され、コロナ禍で国民の暮らしや経済活動に影響が出ている点を踏まえ、新しいものは作らないとお決めになったのです。清子さんのティアラは内廷費で作ったため、ご自身が所有している。今回、愛子さまから相談を受けて快諾し、借り受けが実現しました。愛子さまは今後もティアラをお召しになる機会がありますが、来年度の予算にも費用は計上されておらず、しばらくは清子さんから借り続けることになります」(同)

秋篠宮家に対して辛辣なコメントが

 国民の苦難を慮(おもんぱか)られ“あるものを大切に使う”というご姿勢は、あらためて世間の共感を呼ぶことだろう。その一方、眞子さんが降嫁した直後でもあり、秋篠宮家のケースと比較されてしまうのも止むを得ないところである。さる皇室ジャーナリストが言う。

「眞子さんが成年の際のティアラは11年、指名競争入札の末に『和光』が2856万円で製作しました。また14年、佳子さまの時には業者を公募され、『ミキモト』が2793万円で製作。いずれも公費である宮廷費で作られたため、眞子さんの結婚後、ティアラは宮内庁に返納されています」

 が、愛子さまのティアラに関連し、こうしたニュースがネットで報じられると、

〈大多数の国民に祝福されない結婚を強行した身勝手な誰かさんと、大多数の国民が祝福したい成人の儀式に豪奢なティアラを辞退された愛子さま。本当に見事なまでに対照的です〉

〈紀宮様から敬宮様へのティアラとても素敵だと思います。何処ぞの姉妹の様な贅を尽くしたティアラより素敵だと思います〉

〈一般人になられた方への警備費用など諸々の莫大な費用を削ったらすぐに愛子様の素晴らしいティアラが新調出来ると思いますが〉

 といった、辛辣なコメントが並ぶ事態となってしまった。

「今後も、何かにつけて秋篠宮家は、両陛下や愛子さまのなさりようと比較されてしまうことでしょう。言い換えれば、それほど小室さんが皇室へ放った衝撃は大きかったわけです。仮に次回の試験も不合格となれば、お二人の結婚生活が危機に瀕するだけでなく、秋篠宮家にとっても計り知れない打撃となるのは明らかです」(同)

「週刊新潮」2021年12月2日号 掲載