ピークだった8月と比較すると……

 人流が戻り、飲食店がにぎわいを取り戻しても、感染者数は増えない。専門家たちは原因を、相変わらず人流とワクチンに求めているが、それだけで説明がつくはずがない。ウイルスが激減した理由はほかにある、と考えるほかないだろう。

 ***

 ここにきて日本は「ポストコロナ」に向け、急速に舵を切ろうとしている。政府は基本的対処方針を改め、感染を抑えながら社会経済を動かす、ウィズコロナの道を探りはじめた。イベントや飲食の人数制限も、ワクチンの接種証明や陰性証明を条件に、緩和される。

 経済を動かすための財源にも余念がない。賛否が分かれる18歳以下への10万円給付を含む、55.7兆円もの財政支出は、前代未聞の大盤振る舞いである。

 実際、ウイルスが好む冬が近づいているのに、日本ではいまのところ感染が広がる気配がない。東京都の1日当たりの新規感染者数は、11月22日まで11日続けて30人未満だ。日本全体の感染者数も、11月に入ってからは最も多い日でも250人台で収まり、100人台の日が多い。

 第5波のピークだった8月には、デルタ株の猛威を受け、東京都の1日当たりの新規感染者数は6千人に近づいた。そして全国では連日、2万人を超える新規感染者が出たが、それがウソだったと錯覚するほどに静まっている。

ワクチン接種率だけで説明するのは不可能

 それにしても、感染者数はなぜ、こうも急激に減ったのか。たとえば、東邦大学の舘田一博教授は「ワクチン接種が迅速かつ集中的に進められた」ことを理由に挙げ、厚生労働省アドバイザリーボードの脇田隆字座長は「人流抑制や会食制限、国民のマスク着用率が奏功した」と述べていた。

 しかし、「人流」が減ったというのは、多くの人の実感と、あまりに乖離した見方ではないだろうか。現に会食する人がますます増えても、いま感染者が増える気配はない。

 ワクチン接種は効果があったのだろう。現在、日本は2回の接種が完了した人の割合が76.2%(11月22日現在)。G7中の最高値で、初動こそかなりの遅れをとったが、その後は猛烈な勢いで、接種が進んでいる。

 だが、世界に目を向ければ、ワクチン接種率が高いのに、感染者が増えている国は多い。アイルランドは2回の接種を終えた人が75.5%と日本並みだが、1日に4千人超が新たに感染している。人口約500万人と、日本の25分の1にすぎないことを考えれば、日本の第5波をはるかに上回る感染規模である。

 そうした国を見るにつけ、日本の感染者減を、ワクチン接種率の上昇だけで説明するには、無理がある。

増減は4カ月周期

「一般にウイルスの増減は、人間側の対策に影響される部分もありますが、それ以前に、ウイルスの習性に原因があるのだと思います」

 と話すのは、東京大学名誉教授で食の安全・安心財団理事長の唐木英明氏。もちろん、新型コロナも例に漏れないという。

「第1波のころは、専門家は“国民の7割が感染して集団免疫を得るまで増え続ける”と予想していました。でも現実には、第1波はごく少数が感染しただけで収束しました。“感染対策が功を奏した”と専門家は言いますが、第2波や第3波も、増え続けることはなかった。そして、対策が緩んでいた先の第5波もきちんと収束しました。こうも一定ペースで増減が続く以上、ウイルスの側に原因があると考えるのが、普通ではないでしょうか」

 唐木氏の分析によれば、増減は4カ月周期で訪れているという。

「世界的な統計を見ても、4カ月周期は、新型コロナが持つ一定の法則と見ることができそうです。たとえば、季節性インフルエンザについても似たような傾向が見出せます。コロナ以前の社会では、インフルエンザのことを、それほど強く意識して行動してはいなかったのに、年末に突然現れ、春になると突然消えてしまった。やはり一定の習性があるのだと思います」

世界的には第6波が始まっている

 もっとも、先にも例示したが、現在、感染者が急増している国は案外多い。ワクチンの2回接種率が約68%のドイツでは、感染者数が11月17日、過去最高の6万8千人に達し、イギリスも4万人を超える日が少なくない。こうした国にも、同様に4カ月周期が当てはまるのか。

「国別にみると、波が一つしかない国もあります。個人差や地域差、人種差などもあり、すべての国で周期が一致するわけではありません。衛生観念やワクチンの普及率など、さまざまな要因が関わってくるでしょう。しかし、一番重要で信頼できる傾向を示すのは平均値です。各国の状況をならしてみると、4カ月周期が読みとれる。各国に共通の政策や対策があるわけではない以上、ウイルス自身の性質を示しているのではないか、ということです」

 波が来る時期も国によって異なるが、平均すれば概ね4カ月周期になるというのである。

「これまでも、緊急事態宣言や五輪といった人為にまったく関知しないかのように、一定の周期で波が訪れました。世界レベルでは第6波が始まっており、12月中にも、第6波は来ると私は考えています」

 と唐木氏。ただし、こう付け加えるのを忘れない。

「そもそも日本は、欧米とくらべて感染者が非常に少なく、ワクチン接種もハイペースで進んでいる。第5波よりかなり小さいものになるだろうと考えます」

AIも予測した4カ月周期

 実は、「4カ月周期」はAIも導き出していた。それは名古屋工業大学の平田晃正教授(医用工学)らが開発したAI予測システムで、そこが唯一、「人流が増えても8月後半には感染者が減る」と予測していたのである。平田教授が言う。

「私は公衆衛生分野での工学が専門で、熱中症の搬送者数を、前日や前々日の暑さなどをもとに計算し、予測する研究などに取り組んでいました。今回はAIに人流、気温や湿度などの気象条件、平日か休日か、緊急事態宣言の有無、ワクチン接種の効果などの条件を学ばせ、予測しました。人流にしても、公園や飲食店、乗降駅の人出まで、多岐にわたるデータを使っています。その結果、実際の感染者数の推移と似た結果が出たのです」

 平田教授は、人流の影響も大きいと考えており、

「過去を振り返ると、日本は大型連休のたびに感染が拡大してきました。統計的に分析しても、この夏もやはり、オリンピック、パラリンピック開始時の7月の4連休とお盆に、感染が拡大したというデータが出ています。お盆が終わって人流が収まり、加えてワクチン接種が進んだことで、急速な感染収束という予測を、AIが打ち出したのだと思います」

ピークは1月14日ごろか

 だが、収束の原因として、ほかの要素も認める。

「AIが、波が起きる一定の周期を予測しているのは事実。周期のデータをあらかじめ組み込んでいないにもかかわらず、AIが周期的な波を予想するのは、日本に周期が生まれやすい土壌があるからかもしれません。ウイルスの習性も関係しているのでしょう。日本は波ごとに、新しい変異株が流入しているし、一定の間隔で連休がある。だから諸外国にくらべ、比較的きれいな4カ月の波になっているのかもしれません」

 では、AIは第6波について、いつ、どのくらいの規模で訪れると予想しているのだろうか。

「来るとすれば、波のピークは1月14日ごろで、東京都の1日当たりの新規感染者数は、370人程度となっています」

「週刊新潮」2021年12月2日号 掲載