世を驚かせた出頭から10年の時を経て、オウム真理教・逃亡17年の元幹部がひっそりと出所していた。教祖のボディーガードを務めた平田信(57)。その獄中生活と今後を、交流を続ける被害者遺族が語った。

 ***

 平田が静岡刑務所から満期出所したのは、4月26日のことである。

 平田はオウムの古参信者の一人で、180センチ超の長身と空手の経験から、麻原彰晃こと松本智津夫のボディーガードも務めていた。1995年には、入信した妹を救出しようとした、目黒公証役場事務長・仮谷清志さん(当時68)の拉致監禁に関わり、また、宗教学者宅爆破事件にも関与した。エアライフルでインターハイ出場経験もあることから、一時は国松警察庁長官狙撃事件の実行犯と疑われたことも。地下鉄サリン事件後は、逃亡を続け、特別指名手配犯となったものの、2011年の大晦日に突如、出頭。懲役9年の実刑判決を受けたのである。

遺族は「他のオウム幹部とは違うな」

「出頭した直後から、平田から謝罪の手紙が届くようになったんです」

 と述べるのは、仮谷実さん。故・清志さんの長男だ。

「でも、井上(嘉浩・元死刑囚)や中川(智正・同)からも最初は詫び状が届いていましたからね。裁判で情状酌量を得るための、ありきたりの手法だろう、と思っていたんです」

 が、その後も、平田からは数カ月置きに手紙が届く。その数は4年間で25通以上に及び、印象が変わっていったという。

「裁判資料で見たのでしょうか、父がコーヒーとチーズケーキが好きだということを知り、命日には拘置所でお供えして冥福を祈っている、と記してありました。法廷で会った時も、私の座っている場所を事前に弁護士に聞いていたのでしょうか、きちんと一礼してきた。目も合わせようとしなかった他のオウム幹部とは違うな、と感じました」

 収監された後も仲介者を通じての交流は続き、刑務所からは服役態度は良好との報告を受けていたとか。

 出所前には、直接面会を果たしたという。

「久しぶりに見た印象は、年を取ったなあ、と。改めておわびをされました。知人の紹介で働き口の目途も付いているとのことでした」

所持金800万円

 こうしてサリン事件以来、27年振りに日の当たる場に出ることとなった平田。しかし、償いの道はまだ続く。仮谷さん遺族との間に1千万円の賠償の誓約を結んでいるのだ。

「出頭した際、平田と最後まで一緒に暮らしていた元女性信者とで、合計で800万円を所持していたそうです」

 と仮谷さんが続ける。

「それを全額渡すと言ってきた。ただ、こちらとしては逃亡資金としてオウムが渡した金が入っているかどうかが気になり、半分の400万円を受取ることにしました。平田は残り400万円については、オウム被害者支援機構に寄付したようです。従って、現在は我々遺族に対し、600万円の支払い義務が残っていることになります」

 その残債は、出所の後、月に5万円ずつ、10年間かけて支払うことが誓約されているという。

「私としてはお金が目的ではないんです。この約束は、事件に関わったことを決して忘れないでくれ、という意味があるんです。ですから少額でもいいから払い続けてほしい。実は松本や、父の事件の別の実行犯との間にも、毎月2万〜3万円ずつ支払うという誓約を結んでいた。しかし、両者とも生活が苦しいから、と数年以内に支払いが止まってしまった。平田の場合はどうなるのか……。信じるしかないし、信じられる人だと思っていますよ」

 贖罪の道は果てしなく長い。彼は、それを最後まで全うできるか。

「週刊新潮」2022年5月19日号 掲載