街中で見かけることも珍しくなくなった電動キックボード。“免許不要”の法改正という追い風が吹く一方、SNS上には、車の往来が激しい車道を走る様子や、危険な運転の目撃情報などが多数投稿され、“アンチ電動キックボード”も急増しているようだ。製造やレンタルサービスを行う事業者はどう受け止めているのだろうか。

半年間で168件の摘発

 現在、電動キックボードは、道路交通法上は「原動機付自転車」または「ミニカー(総排気量20〜50cc、定格出力0・25〜0・6kWの原動機付き普通自動車)」に分類され、公道を走る場合は「原動機付自転車免許」または「普通自動車免許」が必要になる。

 ただし、今後2年以内に施行される改正道路交通法では、最高速度が時速20キロ以下の電動キックボードは新たに設けられた「特定小型原動機付自転車」に分類され、16歳以上であれば「免許不要」「ヘルメット未着用」でも乗れるようになる。

 この改正には否定的な声も少なくない。なぜなら、電動キックボードの事故や違反事例が、たびたび報じられているからだ。昨年9月から今年2月までの半年間で、電動キックボード利用者の道交法違反容疑での摘発は、全国で168件に上る。さらに、今月11日には、酒気帯び状態で港区六本木の歩道を電動キックボードで走行した会社員の男性が、道交法違反(酒気帯びと通行区分違反)で警視庁に書類送検されるなど、トラブルが相次いでいる。

 当事者たちは、こんな批判をどう受け止めているのか。経済産業省の新事業特例制度に基づき「小型特殊自動車」扱いで実証実験を行う事業者のひとつで、千葉と大阪で電動キックボードのレンタルサービス「SUMRiDE(サムライド)」を展開する長谷川工業株式会社の担当者は次のように話す。

「残念ながら、電動キックボードというと、事故とか飲酒運転といったマイナスイメージが定着してしまっていると思います。ですが、我々が80台ほどの電動キックボードを使って行った実証実験では、事故は1件しか起こっていません。詳細は控えますが、その1件も、利用の仕方に問題があり起きた事故でした。今後も実証実験や法整備が進む中で、多くの意見が寄せられ、ルールを変えつつ世の中に馴染んでいくのではないかと期待しています」

「ここは走っていいですか?」の質問にも24時間対応

「サムライド」が大阪市内で行った実証実験は、初乗り10分100円。以降は1分につき15円という料金で、利用時間は6時から19時までだった。

「他社のシェアサービスでは24時間利用できるものもあり、深夜でも利用できるとなると、その分、飲酒運転のリスクは高まるのではないでしょうか。当然、飲酒運転が禁止されていることは利用者にも周知されていますが、それでも守らない人は守らないということでしょう。電動キックボードだから飲酒運転が起こるというわけではなく、自転車や車でも違反と知りながら飲酒運転をする人がいるのと同じことだと思います」(同前)

 つまり利用者のモラルの問題というわけだ。

「禁止されているのに歩道を自転車で走る人が多いように、どんな乗り物であってもルールを守らない人が出てきてしまいます。事業者としては、交通ルールをできるだけ分かりやすく周知するとともに、安全講習会やサービス開始前にテストを実施するなどして、今後とも利用者の意識の向上に努めたいと思います」(同前)

「サムライド」の特徴は、LINEを使ってサービスを利用できる手軽さである。利用者の交通ルールに関する疑問にもLINEで答えている。

「24時間受け付けており、月に数千件ほどの問い合わせが寄せられます。例えば、『どうやって乗ればいいですか?』とか『この標識があるところは走っていいですか?』など、チャットで写真を送っていただければ、すぐにお答えします。操作方法や乗り方については文章で説明していますが、読んだだけではなかなか理解しづらいみたいです」(同前)

事故件数は非公開

 ミントグリーンの車体が印象的な「LUUP(ループ)」は、東京、大阪、京都などでレンタルサービスを提供している。政府の特例措置のもと、昨年4月から国内で初めて電動キックボードのレンタルサービスを開始した先駆けでもある。

「年代は幅広く、20代から50代を中心に、男女ともにご利用いただいています。具体的な数や内訳は非公開ですが、数万人にご利用いただいています」(広報担当者)

 転倒や接触などの人身事故や物損事故が発生している実態は認めつつ、その件数についても同様に非公開だという。

 否定的な意見が出ていることについては、

「真摯に受け止めております。弊社も参加する実証実験での検証結果を踏まえ、今後も交通ルールの整備に向けた関係省庁による議論が進められていくものと考えております。弊社としましては、その中身も含め、新しい形のモビリティに対するご理解を多くの方々にしていただけるよう、今後も説明などの努力を続けてまいります」(同前)

大半はルールを遵守

 電動キックボードが“迷惑な乗り物”とみなされてしまうことについては、2つの理由が推測されるという。

「免許証の登録と乗車前に課せられる交通ルールテストに満点で合格しているにもかかわらず、一部の利用者が違反走行をしてしまっていることによって、大半の利用者が交通ルールを遵守いただいているにもかかわらず、全体として危険な印象になっている可能性があります。一部の悪質な利用者がいることについては重く受け止め、アカウント停止等の厳正な対処を行っています。また、違反走行に対する注意喚起をアプリ等で繰り返し行うなどの対策にも取り組んでおります」(同前)

 さらに問題視されているのは、自動車のドライバーから嫌われる“速度”についてだ。

「特例措置を受けた電動キックボードは、最高速度が時速15キロに制限されていることに起因するかと考えます。これは実証実験上、『小型特殊自動車』として車両を位置づけた結果として定められた制限です。道路を走行する多くの自動車は時速15キロを大きく上回る速度で走行しており、これらの車両のドライバーの方にとっては、速度差の大きい時速15キロで走行するモビリティがいることは運転しにくいと感じられているのかと推察しています。実際に、マイクロモビリティ推進協議会で実施したアンケートによれば、電動キックボードの速度は時速20キロが望ましいとの声も多くありました」(同前)

 一方で、規制変更の過渡期ということもあり、事実誤認によるあらぬ批判を受けることもあるという。そうした中でも、安全性向上のために取り組みを続けているそうだ。昨年のサービス開始以降、車両のバージョンアップは4度行ってきた。

「警察や自治体と連携のもと、走行禁止ゾーンを設定したり、禁止事項の注意喚起画面の表示を行ったりするなど、事故や違反防止のための対策を実施しています」(同前)

 東京都中央区は、歩行者の多いエリアでは事故の危険性が高いとして、走行禁止区域の整備を求めた要望書を警察庁に提出したという報道もある。暗い話題が続くが、ルールを守れば、誰でも乗りこなせる手軽な乗り物だと、先の「サムライド」の担当者は言う。

「まずは2、3回、地面を足で蹴って漕ぎ、そのあとゆっくりと手元のアクセルを入れます。一気にアクセルを入れてしまうと体がついていかないですし、逆にゆっくり過ぎるとバランスを取るのが難しい。少し練習してコツを掴めば、誰でも乗ることができます。これまで数百人くらい見てきた中で、『乗れない』となったのはお一人だけでした。それくらい手軽に乗ることができる乗り物なんです」

デイリー新潮編集部