そろそろ潮時ではないか

 6代目山口組による神戸山口組への包囲網が狭まっていく中、とりわけ神戸山口組の寺岡修若頭(73=俠友会会長)を取り巻く環境は厳しく、その一方で神戸山口組の井上邦雄組長(73)との軋轢も噂されている。その辺りの事情について、元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は暴力団組員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を主宰)が解説する。

 ***

 2021年12月6日、徳島市内にある民家が銃撃され、犯人と見られる男が拳銃を所持して交番に出頭、銃刀法違反の容疑で逮捕された。

 2022年6月18日、同じく徳島市内の飲食店内で金属バットを振り回し、入口のドアなどを損壊させたとして、男2人が建造物損壊の容疑で逮捕された。

「両事件で逮捕されたのは、いずれも6代目山口組傘下の組員でした。狙われたのは、去年の銃撃については寺岡若頭が目をかけている女性宅、そして今年6月の件はその女性がやっている焼肉店でした」

 と、竹垣氏。

「家族でないにしても家族に近い存在でしょうから、そういった間柄の人がしつこく嫌がらせを受けたら、本人にもじわじわボディブローのように効いてくることでしょう。そして、『そろそろ潮時ではないか』という話が出てくる可能性もありますよね」(同)

解散話が進まないことへの苛立ち

 もちろん、6代目山口組からターゲットとされた神戸山口組の幹部は寺岡若頭に限らない。今年5月には入江禎副組長(77=2代目宅見組組長)、翌月には井上邦雄組長が、相次いで6代目山口組側から自宅への車両特攻や銃撃を受けている。

「寺岡若頭の場合、狙われた女性はあくまでもカタギですし、複数回に及んでいることからも、寺岡若頭への圧力を弱めないという6代目側の執拗さを感じさせました」(同)

 井上組長、入江副組長、寺岡若頭というトップ3の中で、寺岡若頭がより狙われる理由があるのだろうか。

「寺岡若頭は神戸山口組の解散を推進する立場と見られてきました。6代目側もそれを踏まえて推移を見守ってきたものの、解散や井上組長の引退といった話が一向に進まないことに苛立ち、先述の銃撃などに打って出たのではないかという解釈が優勢です」(同)

 実際には説得工作などの面で、寺岡若頭が手をこまねいていたわけではない。

「陰に陽に井上組長に話をしてきたようです。しかし不首尾に終わり、そうこうするうちに、井上組長との間に埋め難い溝ができてしまったと聞いています」(同)

行き違いが進んでいった経緯

 例えば、どういったことなのだろうか。

「組織の立て付けとして、神戸山口組のトップと山健組の当代を兼任すべきではないと指摘し、井上組長はそれを受け入れたようです。しかし結果的に、山健組トップの座を井上組長が譲り渡した中田浩司組長(63)は、6代目側に移籍してしまいましたね。これでは何のために組長の座を引き継がせたのか、となっても不思議はない。こういったことが重なって、行き違いが進んでいったということなのかもしれません」(同)

 寺岡若頭は今後どういった道を選ぶことになりそうなのか。

「彼自身、神戸山口組の限界についてはよくわかっているでしょう。とはいえ、いきなり全部を投げ出すようなタイプではないので、落とし所を探っているのだと思います。進むほうにも退くほうにも、いずれにも展望がなく、一番しんどい時じゃないでしょうか」(同)

 この寺岡若頭の人物像について竹垣氏は、1989年3月の山一抗争終結直後のエピソードを振り返りながら「温厚な人柄で人望がある」と評する。

「一和会側に射殺された竹中正久4代目山口組組長(1933〜1985年)の実弟・武2代目竹中組組長(1943〜2008年)は抗争終結に反対し、5代目体制となっていた山口組を飛び出して独立することになり、私もこれに付き従いました。独立組織とは言うものの、実際は孤立していたという表現が近いかもしれません。そんな折、当時、5代目傘下組織にいた寺岡若頭と互いに若い衆を連れて食事をしたことがありました。この時、先方の狙いは5代目側に我々をリクルートすることかと思っていたが、そんな話は一切持ち出されなかった。結局、『最後まで頑張ってよ。何かあったらいつでも』と言ってくれ、連絡先を交換して別れたんです」(同)

宅見勝若頭の射殺後に

 そしてそれから8年後の1997年8月。5代目山口組の宅見勝若頭(1936〜1997年)がヒットマンに射殺された事件の際にも、竹垣氏と寺岡若頭の間にちょっとしたエピソードがあったという。そのころ竹垣氏は銃撃に関係していると目された中野会の若頭補佐をつとめており、寺岡若頭は5代目山口組の直参組長だった。

「犯行が中野会関係者によるものだとわかると、事件直後は破門だった処分が絶縁へと切り替わりました。ちょうどそのころ、彼が部下を通じて私に連絡をくれたんですね。処分の中身を伝えると同時に『気をつけろ』というメッセージがあったと記憶しています。8年前の『何かあったらいつでも』という言葉にも通じる、彼の人情味を感じたものです」(同)

 寺岡若頭の「今後の道」に話を戻そう。

「僭越ではありますが、できるだけ早いタイミングでカタギになるのがベストだと感じています。これは彼に限ったことではありません。カタギになったからといって人生が終わるわけではなく、むしろそこから始まるわけです。金銭も含めていろんな意味で“余裕”がある状況でヤクザから足を洗わないと、“その後”がうまく行かない。その点、彼は刀折れ矢尽きるといった状態ではなく多少の余裕はあるし、人柄の良さで新たな“カタギ人生”を切り拓いて行けるように思いますよ」(同)

 寺岡若頭と「何かあったらいつでも」連絡を取り合おうと語り合った竹垣氏はすでにカタギとなっている。そのエールは、どんな風に届くだろうか。

デイリー新潮編集部