ご承知のように、暴力団を取り締まる法規制は1990年代以降から急速に強化されてきた。全国の暴力団員数は年々減少を続け、老舗組織といえども弱体化や解散を余儀なくされるケースも続出している。【藤原良/作家・ノンフィクションライター】

 ***

 暴力団が解散する場合、本部がある地域の警察署の署長宛に「解散届」を提出するのが通例だ。

 ところが昨今、解散届を受理したにもかかわらず、警察が解散を認めないケースがある。一体、どういうことか?

 暴力団に対する法規制が厳罰化されるなか、法の目をかいくぐって生き残るための策として、「偽装行為」を企てる組織があるからだ。

 例えば代替わりの偽装だ。ニセの二代目組長を新しく擁立し、本物の初代組長への捜査追求をかわす。偽装解散を行い、組織ごと地下に潜ることもある。いずれも偽装の手口は大胆で巧妙だ。

 こうした偽装行為を警察が確認しているため、解散届を受け取っても鵜呑みにはできないという状況が続いている。

 治安維持を担う警察当局が、暴力団や犯罪組織に「本当のことを隠しているのではないか」という強い姿勢で臨むことは、もちろん悪い話ではない。

 だが、あまりに度が過ぎてしまうと、「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」という刑事裁判上の法諺(ほうげん)に反し、無意味な別件逮捕や冤罪を生み出しかねない。バランスの取り方が難しいところでもある。

暴力団員と誤認逮捕

 誤認逮捕とは、真犯人ではない者が逮捕されることをいう。現行犯逮捕を除くと、容疑者が本物の犯人であるという確証は100%ない状態で逮捕を執行せざるを得ない。

 だからこそ逮捕に至るまでの捜査は入念かつ慎重に行わなければならないのだが、被疑者が暴力団員だと捜査側が安易に逮捕してしまうケースがある。

 某暴力団幹部のAさんが、まさにそうだった。外国から覚醒剤を密輸した罪で、Bという人物が当局に逮捕された。その数カ月後、Aさんも身に覚えのない容疑で当局に逮捕されたのだ。

 Bが事件の主犯格だった。Bへの取り調べで得られた自供内容から、数人の共犯者たちが次々に逮捕された。

 彼らはBも含めて全員が外国籍の男で、日本語による会話が不充分だった。当局の取り調べは、言葉の壁によって難航した。そんな中で、共犯者のひとりだったCの口からAさんの名前が出たのだった。

 そもそも当局は、外国籍の彼らのことを取り調べるうえで、「日本語も不得手な彼らが日本国内に覚醒剤を密輸するということは、必ず日本人のボスや協力者がいるはずだ」という一方的な捜査方針で臨んでおり、この方針に沿って“日本人のボスや協力者”を自白させることが取り調べの焦点となっていた。

警察の見込み捜査

 この状況下で共犯者のCがAさんの名前を出した。そこで捜査員たちは急いでAさんを逮捕したのだった。

 ところがCは、取り調べ中に「日本人の知り合いはいるか?」と質問されたので「Aさんのことを知っている」と答えただけだった。CはAさんから個人的にカネを借り、その返済日が迫っていた。しかし自分は逮捕されて留置場に拘束されている。

 真相は「Aさんに返済が出来ないのでどうすればいいのか?」というような相談話を捜査員にしたいだけだった。

 だが捜査当局は、Aさんこそ密輸事件の日本人ボスに違いないと決めつけて逮捕した。Aさんは現役の暴力団幹部であり、しかも過去に覚醒剤事件での逮捕歴があったことが、当局の予断を強めてしまった。

 Aさんは過去の逮捕に懲り、覚醒剤には近寄らず、今は貸金業を営んでいた。その客のひとりがCだったのだ。

 もしAさんがカタギの一般人だったら、こんなふうに即逮捕となったのだろうか?

組員に人権なし

 捜査当局はAさんに任意同行を求め、時間をかけて事情を訊くことは容易にできたはずだ。しかし捜査員たちは、Aさんが暴力団幹部だったため、「日本人ボスはコイツに違いない」と思い込んでしまった。

 少しでもAさんの身辺を捜査していれば、Aさんは覚醒剤とは無縁であり、Cとは金銭の賃借関係しかないということが判明したと思われる。

 覚醒剤による過去の逮捕を反省している、といったAさんの人間性が捜査で考慮されることもなかった。単に「暴力団幹部」という肩書だけを見ての逮捕だったのだ。

 誰もが知っている通り、近年は暴力団員というだけで様々な規制の対象となる。それにとどまらず、暴力団員という理由だけで簡単に逮捕されるようになってしまえば、もう暴力団員の人権は忘れ去られてしまったとしか言いようがない。

 その昔、未解決事件の犯人逮捕に業を煮やした当局が、無実の被差別部落の住人を逮捕して犯人にでっちあげて事件解決としたというような都市伝説のような噂を聞いたことがある。Aさんのケースは、まさにそれに近いものがあるのではないだろうか。

組員には“補償”もゼロ

 逮捕されたAさんは留置場に拘束され、数日間にわたって取り調べを受けた。そもそも密輸事件とは無関係なので、話すことは何もない。すると捜査員たちは、Aさんが隠しごとをしている、否認をしているとして、執拗に疑い続けた。

 繰り返すが、もしAさんが暴力団員ではなく一般人だったら、絶対にこんな目には遭ってはいなかっただろう。

 Aさんは、暴力団員で居続けることにホトホト疲れたそうである。密輸事件の取り調べが進むにつれて、BやCだけでなく他の共犯者たちの証言からもAさんは無関係だと判明し、ようやくAさんは不起訴で無罪放免となった。

 誤認逮捕の場合、被疑者補償規程によって、身柄拘束を受けた1日あたり1000円以上1万2500円以下が補償される。

 Aさんが密輸事件と無関係だったことは明白な事実だ。にもかかわらず、暴力団員であるという理由だけで、補償対象から外された。補償を受けることはできなかったのだ。

本末転倒

 Aさんは、もう暴力団を辞めてしまおうと考えたこともあったそうだが、脱退したところで今さらやることも見つからない。仕方なく「暴力団員=弾圧の標的」という生き地獄のような生活に耐え忍ぶ日々を送っている。

 暴力団の取り締まりに関する法律や規制が強化される度に、「とにかく暴力団員を逮捕するべき」という気運が社会的に高まってしまうのはしょうがないことなのかもしれない。

 そうした気運に後押しされ、警察も暴力団の取り締まりに前のめりとなる傾向があるのかもしれない。

 しかし、そのせいで見込み捜査が横行するような事態となれば、まさに本末転倒ではないだろうか。

意外な落とし穴

 刑務所暮らしを終えたKさんは、暴力団員生活に息苦しさを覚え、足を洗った。

 晴れてカタギとなったKさんは、暴力団員時代から親交があった外国人実業家のGと組んで、日本の中古車や重機等を海外に輸出販売する会社を本格的にスタートさせた。

「エンジンがあるものなら何でも売買するよ!」

 Kさんは元気溌剌、毎日のようにあちこちを駆け回り、熱心に仕事に励んだ。そして会社も軌道に乗った。Kさんは足を洗った暴力団員としては、かなり成功した部類だった。

 Kさんは暴力団から離脱したとはいえ、人間的なつき合いは多少残っていた。昔の知り合い(現役の暴力団員)や自分の元若衆(子分)たちからの生活苦にまつわる相談に乗ることもしばしばだった。ある元若衆がカタギになることを支援したこともあった。

 Kさんは日本国内で集めた中古車や重機などを、外国人実業家のGに売り渡すことで輸出業を成立させていた。Kさんの売り先は全てG経由。もしGが裏切ったり、音信不通にでもなったら、Kさんのビジネスは瞬く間に頓挫してしまうという危険性があった。

「Gは絶対に裏切らない」

 だから時折、社員たちから「G以外の売り先を開拓しましょう」と提案されていた。しかし、義理人情に厚い性分のKさんは、決してそれを許さず、「ビジネスは信頼の上に成り立つ」と言って、Gとの取引のみを続けた。

 そもそもKさんとGが知り合ったのは、Gが初めて日本に来た頃だった。Gは日本製品を母国に輸出するビジネスを日本で始めようとしていたが、ツテもなくて困っていた。それを共通の知人の縁で知り合ったKさんが、彼に営業先などを紹介して面倒を見たことが仲良くなるキッカケだった。

 Kさんの支援で日本に取引先を見つけたGは、順調に事業を拡大していった。Kさんがカタギになった際は、「昔の恩を返したい」と言い、Kさんが興した事業に全面協力したのだった。

 だからKさんは、「Gは絶対に裏切らない」という自信があった。また、Gの方は、Kさんがカタギになったとはいえ、Kさんの事務所には今でも現役の暴力団員たちが昔のつき合いで出入りしていることを熟知していたので、「Kさんとはケンカしないよ。私はバカじゃないよ」と常に尻尾をふっている様子だった。

Kさんの誤算

 こんなふたりの関係は、一見、世代も人種も超えたすばらしい友情にも見えた。

 だが、GがKさんの名前を勝手に使って、他業者に売買金額の値引きを迫ったり、時には未払いを発生させているのを社員たちは知っていた。「Gは危ないですよ」と社員たちはKさんに助言を繰り返した。それでもKさんは、「元ヤクザのオレに刃向かうわけがないだろう」と、Gとの取引関係を続けた。

 問題なのは、KさんがGを無条件に信じてしまったことではなく、「元ヤクザのオレに刃向かうわけがない」という考え方だ。この考え方は、元暴力団員で商売をしている人の特徴と言ってよく、時として「大きな失敗につながる原因」となる。それはまさに「油断」と言えた。

 社員たちの心配は的中して、GがKさんに対する多額の未払い金を残したまま音信不通となった。

 Kさんはありとあらゆるツテを使ってGのことを探したが、結局、見つからなかった。Kさんは多額の負債を背負い、会社も倒産した。Kさんは精神を病み、向精神薬に頼る生活を送るようになってしまった。

傲りと慢心

 元暴力団員の人にありがちな失敗談が、このパターンである。

 暴力団員時代の人脈を使っているのであれば、相手が誰であろうとも油断すべきではない。ところが「元ヤクザのオレに刃向かうわけがないだろう」というオゴリが、大きな落とし穴となってしまうのである。

 もし、いまだにKさんが現役の暴力団員のままだったら、復讐を恐れてGは音信不通とはならなかったかもしれない。もしくは、まだ何かしらの利用価値があると本性を隠し、Kさんとの関係を続けていたかもしれない。

 しかし、現実のKさんはもうカタギだった。Gからすれば、ダマし続けたカタギの社長のうちの一人でしかない。Gは他の社長たちと同じように、Kさんをダマしたに過ぎなかったのである。

 暴力団から足を洗って、カタギとして事業で成功する人は、ほんのひと握りかもしれない。せっかく興した事業が軌道に乗っても、元暴力団員特有の「オゴリ」と「油断」が、カタギとしての再出発を奈落の底へ引きずり込んでしまうことがある。Kさんの例がその典型である。

 せっかく、やっとカタギになった人は、ぜひ油断せずに、その後の人生を生きて欲しい。

藤原良(ふじわら・りょう)
作家・ノンフィクションライター。週刊誌や月刊誌等で、マンガ原作やアウトロー記事を多数執筆。万物斉同の精神で取材や執筆にあたり、主にアウトロー分野のライターとして定評がある。2020年に『山口組対山口組』(太田出版)を、今年8月には『M資金 欲望の地下資産』(同)を上梓。

デイリー新潮編集部