両親と紀子さまは学習院の同級生

 佳子さま(27)と「エリート歯科医」との“交際”が報じられた。7月6日、都内北西部の住宅街にある歯科医院兼自宅をお忍びで訪れた佳子さまは、そこで約2時間半を過ごされたという。

 交際を報じた「女性自身」(8月23日・8月30日合併号)によれば、クリニックの院長とその2人の子息(Aさんと次男)も共に歯科医というファミリーで、お相手とされるAさんは佳子さまとは学習院初等科時代の同級生だという。

 Aさんは学習院高等科から有名私大の歯学部を卒業し、現在はある大学の歯学部に勤務しつつ、実家の手伝いをしている。一家4人全員が学習院の出身であることに加え、両親と紀子さまは学習院の同級生だとされる。

「Aさん一家と秋篠宮家とは家族ぐるみの付き合いのようですね。佳子さまに特定のお相手がいることは間違いなく、コロナ禍でも宮邸などで愛を育まれてきたと聞いていました。早ければ今年にも結婚かといった情報も流れ、実際に報じられたこともありました。Aさんが語られてきたそのお相手なのか判然とはしませんが、同一人物である可能性は高くないと見ています」

 と、担当記者。

“文句のつけようがないお相手だ”

「紀子さまも、眞子さんのことでは随分と悩まれ、苦しむ日々を過ごされてきましたが、佳子さまの交際については“喜ばしいこと”と受け止めてこられたようです。関係者によれば、“文句のつけようがないお相手だ”という声も聞いたことがあるとのことです。このことを踏まえると、昨日や一昨日というレベルで佳子さまと男性が知り合ったわけではなく、秋篠宮ご夫妻も男性自身のことはもちろん家柄などについてよく理解されているということになりますね」(同)

 秋篠宮さまを約5年にわたって取材したジャーナリストが上梓した『秋篠宮』には、眞子さんと圭さんとの交際に先立って小室家に関する調査をしなかった、できなかったことが明かされている。

「その点、佳子さまのお相手とされてきた男性について調査の必要はないというふうに聞いたことがあります。今回のようにAさんの両親と紀子さまが学習院の同級生だということであれば、さもありなんという感じがしますね」(同)

 佳子さまは大学卒業のタイミングで、「結婚の時期については,遅過ぎずできれば良いと考えております」と回答されている。佳子さまが唯一、結婚の時期に言及した貴重なコメントとされている。

“姉の結婚を待ちたい”

「佳子さまはかねて、“姉の結婚が先だ、それを待ちたい”などと仰ってきたようです。これを裏返せば、ご自身の交際についてもそれなりに煮詰まった、つまり将来を見据えた具体的なものになっているのではないかと察せられますね」

 と、別の担当記者。

「眞子さんの結婚について佳子さまは、“姉の結婚を早く認めてほしい”という気持ちを秋篠宮さまに伝えてきたようです」(同)

 佳子さまは眞子さんの結婚に関して「応援団」を自称してきた。もちろん姉の幸福を祈ってのことだろうが、ご自身の事情も関係していたのかもしれない。

「佳子さまは現在の交際相手との結婚に前向きな意思を示されており、さらに順序として眞子さんの方が先だというようなことを秋篠宮さまに伝えられていたようです。そういった声を受け、秋篠宮さまとしても、眞子さまの問題に結論を出さなければならないタイミングになっていたことはあるでしょう」(同)

 実のところ、佳子さまとの交際を噂されてきた男性がAさんだと確定したわけではない。とはいえ、周囲には、佳子さまの結婚自体はそう遠くない時期に決まりそうと見る向きが少なからずいるということのようだ。今度は国中が祝福ムードに包まれることを祈る国民も多いことだろう。

デイリー新潮編集部