400万円を返したが、1600万円は返金してほしい

 小室圭さん(30)や母・佳代さん(56)が、これまで報じられるように金銭的に何らかの問題を抱えてきたことは間違いないことだろう。圭さんと眞子さんの結婚直前まで、元婚約者との借金トラブルは世間の耳目を大いに集めた。また最近、新たに1600万円にのぼる返金トラブルが報じられ、これまでになかったレベルで佳代さんの「財政危機」が懸念されているとされる。

 その新たな金銭トラブルとは、週刊文春によると以下のようなことである。
佳代さんは昨年、約400万円の貸借関連で問題となっていた元婚約者にその金額を返済したが、その一方で、かつて同棲していた男性にこれまで“貢いで”きたという約1600万円の返却を求めた。

 男性はその苛烈な“取り立て”に思い悩み、やむなく地元・横浜市内の警察署に被害を訴え出ることにしたというのだ。同誌によれば、被害を届け出た男性の職業は彫金師。一時はこの男性との結婚も視野に入っていたが、圭さんの反対にあって頓挫し、その後に登場したのが最初の金銭トラブルの際の元婚約者だったとのこと。

すでに“カツカツ”の状況

「陰に陽に圭さんの成長を見守り、金銭を支出してきた元婚約者は自ら警察に訴え出ることはありませんでした。一方で今回報じられた一件では、男性側が警察に被害を申し出ているようです。まず、その違いやインパクトは大きく、宮内庁側もショックだったようです」

 と、担当記者。

「ただ、それ以上に関係者に衝撃を与えたのは、佳代さんの金欠具合の深刻さです。“あぁついに来たか”という反応の方が強かったかも知れませんが」(同)

 どういうことなのか。

「かねて宮内庁側は、佳代さんの生活がいわば“カツカツ”の状況だということを把握してきました。それがいよいよ表面化してきたと受け止めたということではないでしょうか」(同)

 佳代さんは夫が2002年に亡くなってから、有名ケーキ店で働き、そこでの給与と亡くなった夫の遺族年金が主な収入源となってきた。合わせて月に25万円前後だったという。

「これに加えて、同居する父親の年金も生活費の一部となってきました。しかし、佳代さんが仕事を辞めるに至り、一家の収支は一気に悪化しているはずです」(同)

何らかの金策の候補とは?

「遺族年金と父親の年金はあるとしても、父親も佳代さんもそれぞれ病を抱えているようで、通院治療費が結構な額になっています。解決策として、佳代さんが新たに職に就くことが考えられますが、それもままならない状況です。これまで支払った額を取り戻せるならと彫金師の男性に返還を求めたのも、将来を悲観してのことではないかと分析されています」(同)

 佳代さんにとってネックなのは、警察に駆け込まれた以上、今回の問題が彼女の望むような穏便な形で解決するとは思われない点だ。

「約1600万円の一部であっても、お金を取り戻すことは難しいのではないかと見られています。となると、何らかの金策が必要で、候補としてあがっているのが自宅の売却です」(同)

 佳代さんは父親と共に横浜市内の50m2ほどのマンションに暮らす。

「1990年代に4000万円弱で住宅ローンを組んで購入し、すでにこれを完済しています。現時点で3000万円弱の資産価値があるとされています。新たに収入のあてが見つからない以上、宮内庁には“ここを売却せざるを得ないのではないか”といった厳しい認識があるようです」(同)

 当然ながら立場上、宮内庁は具体的に手を差し伸べることは難しく、見守ることしかできない。宮内庁側は、今回の金銭トラブルに関心が集まり、「自宅を売却すれば良いじゃないか」等々、世論が盛り上がることについても警戒しているという。前回の苦い経験の記憶がまだ生々しいということだろうか。

デイリー新潮編集部