〈番組および会社の信用を傷つけ、損害を与えた〉

 失言による炎上騒ぎは、ついに“処分”という形で決着を見た。今月4日、テレビ朝日の定例記者会見の席上で、「羽鳥慎一モーニングショー」のレギュラーコメンテーター・玉川徹氏に、出勤停止10日間の「謹慎」処分が下されたことが明らかとなったのだ。その理由は、〈事実に基づかない発言を行い、番組および会社の信用を傷つけ、損害を与えたことによる処分である〉だという。

 玉川氏は9月28日放映の「羽鳥慎一モーニングショー」で、安倍晋三元総理の国葬で、菅義偉前総理が読み上げた弔辞について、次のように述べていた。

「僕は演出側の人間ですからね。テレビのディレクターをやってきましたから。それはそういう風に作りますよ、当然ながら。政治的意図がにおわないように、それは、制作者としては考えますよ。当然、これ、電通が入ってますからね」

 この発言に批判が集中し、翌29日の「モーニングショー」で玉川氏は、「昨日のパネルコーナーのなかで、私が安倍元総理の国葬に電通が関与しているという風にコメントしたんですけれども。この発言はですね、事実ではありませんでした。さらに、電通はですね、全く関わっていないということが分かりました。関係者の皆さま、それから視聴者の皆さま、訂正して謝罪致します。申し訳ございませんでした」と謝罪し、深々と頭を下げたのだった。

〈#玉川徹の降板を求めます〉

 政治部記者によれば、

「玉川さんの歯に衣着せない物言いに多くの視聴者の留飲を下げ、『モーニングショー』の人気を支えていていたのは事実だと思います。ただ、今回の失言はさすがに看過できないものでした。玉川さんは番組内で謝罪に追い込まれたものの、ツイッター上では〈#玉川徹の降板を求めます〉というハッシュタグが大量に出回り、テレ朝の会社としての対応が求められる事態となっていた。自民党の役員会でも“正式に抗議すべきではないか”という話が持ち上がったと聞いています」

 さすがのテレ朝も一向に収束を見せない失言騒動を座視できなくなったのだろう。ようやく冒頭の処分へと至ったわけである。

 民放関係者はこう指摘する。

「玉川さんの問題発言はいまに始まったことではありません。実際、これまで何度も謝罪に追い込まれています。また、局内からも“どうして政治部長や社会部長の経験者でもない玉川さんがレギュラーコメンテーターをしているのか”という疑問の声は少なくなかった。ただ、そうしたなかでも司会の羽鳥さんは玉川さんを庇い続けてきたのです」

「羽鳥さんは善玉に徹して下さい」

 2015年に放映がスタートした「羽鳥慎一モーニングショー」は、朝のワイドショー戦線では絶対的な強さを誇る。なかでも、羽鳥氏と玉川氏によるやり取りは、同番組の売り物のひとつでもある。玉川氏は番組内での自身の役割を、かつて次のように語っていた。

〈新番組がスタートするにあたって羽鳥さんに「僕が悪役をやるので、羽鳥さんは善玉に徹して下さい」と言い、羽鳥さんも「それで行きましょう」と。僕はコメンテーターだけど、本質はディレクターなんです。今は僕らの番組が視聴率1位ですけど、以前は「とくダネ!」(フジテレビ系)が絶対的王者で、MCの小倉智昭さんはひとりで悪役と善玉をやっていた。「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の宮根誠司さんも似たようなキャラクター。だったら、悪役と善玉を分けたらどうなのかなと以前から思っていたんです〉(日刊ゲンダイDIGITAL/2019年4月15日公開より)

「『モーニングショー』では、様々なテーマについて玉川さんが舌鋒鋭く斬り込み、それを羽鳥さんが冷静なコメントで受けるのが基本的な形になっている。つまり、好感度の高い羽鳥さんを矢面に立たせないように、玉川さんが“悪役”として番組を盛り上げるわけです。とはいえ、玉川さんの手厳しい発言は“視聴者の声を代弁する”のが前提だったはず。しかし、今回は事実誤認があった上、一国の総理経験者が述べた弔辞を批判してしまい、その結果、最も大事な視聴者からも疑問の声が上がることに。さすがの羽鳥さんでも庇いようがなかったのだと思います」(先の民放関係者)

デイリー新潮編集部