共産党独裁政権下の中国で無期懲役刑を言い渡された79歳の日本人元市議。その処遇に目下、注目が集まっている。無実を訴え続けたものの、中国の司法当局が真剣に耳を傾けた痕跡は見て取れず、このままでは異国の刑務所で生涯を終えることにもなりかねないのだ。

 ***

 11月25日、中国の高裁に当たる広東省高級人民法院は、愛知県の元稲沢市議・桜木琢磨被告(79)の上訴を棄却し、一審判決を支持。二審制を採用する中国において、桜木氏の無期懲役刑が「確定」する事態となった。

 大手紙の中国特派員が言う。

「2013年10月、中国・広州市の白雲空港から帰国しようとした桜木氏は安全検査の際、持っていたスーツケース内のサンダルの靴底から覚醒剤約3.3キロが発見され、“中国から日本へ覚醒剤を密輸しようとした”として逮捕。問題のスーツケースは、桜木氏が中国のホテルで会ったアフリカ・マリ出身の男から“東京にいる妻に靴のサンプルを渡して欲しい”と頼まれたもので、桜木氏は一貫して“覚醒剤が入っているとは知らず、騙された”と無罪を主張していました」

 中国では50グラム以上の覚醒剤を密輸した場合、最高刑は死刑となる。一方で75歳以上の被告は原則、死刑適用の対象外となるため、無期懲役刑に落ち着いた事情があるという。

「桜木氏が起訴されたのは14年7月。翌月には結審しましたが、そこから約20回も判決の言い渡しが延期され、結局、一審判決までの拘束期間だけで6年におよびました。二審の審理は今年6月に始まり、今回は半年程度で判決を迎えた。日中間では、受刑者を母国に移送する受刑者移送条約が締結されていないため、現状、中国の刑務所で刑期を務めることになる公算が大きい」(同)

「7000万円を騙し取られた」

 “密輸”事件の背景を支援者のひとりがこう明かす。

「もともと桜木さんは市議会や講演の場で尖閣諸島問題などについて、中国に対して歯に衣着せぬ厳しい発言をしてきた保守系の議員です。中央政界とのパイプも有していた彼が、多大なリスクを伴う覚醒剤密輸に荷担する動機やメリットはどこにもない。実は桜木さんは中国に出国する前、ナイジェリアを舞台にした国際的な詐欺に巻き込まれ、70万ドル(約7200万円)を騙し取られる被害に遭っていたのです」

 俗に「ナイジェリアの手紙」と呼ばれるもので、ある日突然、丁寧な英文メールが送られて来て、“ナイジェリアから日本への投資計画”や“ナイジェリア内に眠る巨額資金のマネーロンダリング”などを口実にカネを引っ張る手口で知られる。

 桜木氏が中国に向かったのも、ナイジェリア国籍の“ハッサン”と名乗る男から「騙された70万ドルを取り戻してあげる」と言われ、誘い出されたためという。

「ハッサンから“広州市に来て書類にサインすれば70万ドルを口座に振り込む”と持ちかけられ、上海経由の電子航空券がメールで送られてきたそうです。桜木氏が空港で逮捕されたのも、返済を免れるためにハッサンらが中国側に“密告”した可能性も指摘されている。しかし中国当局はハッサンへの事情聴取はおろか、事件の背景に潜む詐欺事件を捜査した形跡すら窺えません」(支援者)

最高人民法院での審理の行方

 地元の同僚市議によると、この間、日本に残された家族の心労も大きかったという。

「外務省関係者が“必要な支援はします”と家族に話したこともあったそうですが、“救出”に向けた具体的な行動に乗り出すことはなかったという。今回の判決には関係者一同、ショックを受けています」

 日本政府が介入できなかった理由について、全国紙政治部デスクはこう話す。

「スパイ容疑での拘束であれば、日本政府も当事者となり得るため、政府が前面に出る余地もありました。けれど今回は、事実認定は別にして、犯罪事案のため“政府として積極的に動きにくい事情がある”と自民党関係者は話しています」

 9年の勾留生活において、歯はほとんど抜け落ち、入れ歯も入れてもらえないなどの不便や苦労も経験したという桜木氏。今後の見通しはどうなるのか。

「二審制が原則の中国ですが、最高裁に当たる最高人民法院への申し立ては可能です。ただ判決が見直される可能性は非常に低いとされる一方、適用法律に誤りがあると認められたり、判決の及ぼす影響が大きいと判断された事案については審理のやり直しが行われるケースもある。また今後、中国の裁判所が桜木氏の年齢などを考慮し、有期刑に減刑される可能性も残されています」(前出・特派員)

 故郷の土を再び踏む日は訪れるか。

デイリー新潮編集部