竜王戦七番勝負(主催・読売新聞社ほか)の第6局が12月2日から行われ、藤井聡太五冠(竜王・王位・叡王・王将・棋聖=20)が挑戦者の広瀬章人八段(35)を下して対戦成績を4勝2敗とし、初防衛。将棋界最高となる賞金4400万円を獲得した。これまで藤井は出場したタイトル戦すべてに勝利し、通算タイトル期数は11期(奪還5、防衛6)となった。20歳4カ月での竜王戦の防衛は、永世竜王の資格を持つ渡辺明二冠(名人・棋王=38)の最年少記録21歳7カ月を更新した。敗れた広瀬は4期ぶりの竜王復帰を目指したが力及ばなかった。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

スペイン戦は「ニュースで」

 これで年内のタイトル戦はすべて終わった。藤井は来年1月8日から、注目の王将戦七番勝負(主催・毎日新聞社など)で羽生善治九段(永世七冠=52)の挑戦を受けることになる。

 竜王戦の第6局は鹿児島県の薩摩半島に位置する指宿市で、12月2日、3日の両日にわたって行われた。会場は砂むし温泉で知られる旅館・指宿白水館だ。

 先手は藤井。角交換から両者「腰掛銀」の戦型で、途中まではほとんど同型の盤面だった。同型のまま進行すれば先手が有利になることが多く、後手の広瀬はそれを嫌ってか少し手を変えていった。双方、読み込み済みだったのか、序盤の進行は早かった。広瀬は新手を繰り出したが、2日目からの藤井は見事な差し回しで攻め立て、広瀬に反撃を許さずに差を広げて寄せ切った。

 スポーツ紙は藤井の勝利を、W杯で大活躍しているサッカー日本代表にたとえた。2日目から一挙に攻め立てて勝利に結びつけた藤井の将棋が、後半にギアチェンジして鮮やかに逆転勝利したドイツ戦やスペイン戦の「森保ジャパン」に似ていると見たようだ。

 対局後、広瀬は「飛車を取った手順が甘い考えだった。大長考もよくなくて、形勢を損ねてしまった」と反省していた。広瀬は大のサッカーファンとして知られ、対局前に「今朝のサッカーを見ましたか?」と尋ねられると、「さすがに見るわけにはいかなくてニュースで(スペイン戦の勝利を)知りました」と語っていた。スペイン戦は対局1日目の早朝のことで、質問者も愚問とは前置きしていた。

広瀬が積み重ねた「藤井研究」

 3日朝、広瀬の「封じ手」の検討は、立会人の藤井猛九段(52)によって行われ、藤井が自陣の最下段に据えていた飛車にぶつける「3八銀」だった。

 これは大方の予想通りだったが、この一手に対して通常は飛車を「1九」「5九」などに逃がそうと考える。しかし藤井は「4六飛」と縦に動かし、この飛車を捨てたのだ。広瀬がこの飛車を取ると、藤井は「2六角」と打ってきた。

 藤井の陣形は玉を囲ってはいない上、飛車を打ち込まれやすい形だったので、素人目にも飛車は絶対に渡さないだろうと思っていたが違った。

 藤井が大ゴマを切り(捨て)ながらそのまま攻撃を続ければ、広瀬の駒台には次々と駒が増え、反撃の武器は十分蓄えられる。しかし藤井は、たとえそうなってもわずかの差で自玉が詰まないことを読み切っていたようだ。読み切れなければ、大胆に攻め続けることはできない。

 ABEMAで解説していた中川大輔八段(54)らも、広瀬の攻めについて様々な変化を解説していたが、簡単には結論が出なかった。

 広瀬は「藤井研究」を積み、様々な新戦法を繰り出した。藤井も驚いてはいたが、冷静に分析して応戦した。持ち時間を一挙に消費することを厭わず、時に大長考もするが、ひとたび「大丈夫だ」と判断すれば恐れることなく攻めて行く。新手に驚きながらも慌てることなく的確に対処し、僅差で相手の玉の首を掻き切ることだけを狙って脇目も振らない。その緩急が光った。

 広瀬は早い段階で藤井陣の奥深く「2八」に歩を打っていた。その後、この筋への藤井の攻撃を歩で止めることは禁じ手の「二歩」になってしまうためできず、香車などで止めるしかなかったのも響いたようだ。

敗れても高い評価

 5年前、当時の羽生竜王からタイトルを奪取しながら、翌年の防衛戦で豊島将之九段(32)に敗れた広瀬。竜王奪還に向けて研究を重ね、第2局や第3局は勝ってもおかしくなかった。特に第3局は絶対的な優勢をわずかなことで逆転され、本人もかなり衝撃を受けていた。広瀬自身も「第3局を落としたのが悔やまれます」とシリーズを振り返った。

 藤井は感想戦後の会見で、この6局の戦いを振り返って「(広瀬八段は)最近、指されていない形を何局か指されて、珍しい形になりました。(中略)掘り下げてその中で一歩踏み込んだ工夫をされている印象でした。対応に失敗して苦しくした感じでしたが、こちらも踏み込んで指さなくてはならなかった」などと話した。

 記者の質問に、まず「あ、はい」と優しい声で答えてから「そうですね」としばらく沈黙し、今度は早口で答える姿は相変わらずだ。

 具体的な手筋を聞かれると「封じ手の『3八銀』は有力な手と思っていたが、それに対してどうするか。こちらから千日手になるような変化もあってうまくいかなかった。『3八銀』に対して『5九飛車』も有力で、その比較も掘り下げて考えなくてはならなかったのかなあと思っています。『2六角』の局面は悪くないと思っていましたが、『4四香』は千日手になる展開もあって、自信が持てない展開でした」などと話した。

 中盤で藤井は「1五」に角を打って広瀬の玉を狙ったが、広瀬はこの角の頭に歩を打って追い払おうとした。加藤一二三九段(82)は日刊スポーツ 12月4日付の「ひふみんEYE」で、この一手が敗因だと分析した。それでも「(藤井の)11回のタイトル戦のなかで、最年少5冠を最も苦しめたと思いますよ」と、この一局の内容を高く評価した。

 広瀬は6局を振り返って「スコア以上に完敗だった」と肩を落としたが、ABEMAで解説した中川八段は、「『4六』と飛車が縦に逃げたのは意外な手でした。スコアは4勝2敗だが、内容的には肉薄したシリーズだった。3局目では広瀬が勝っておかしくなかった。先手を生かして広瀬八段が七番(六番)通じて自分の将棋がある程度成功したのでは。この手が悪いというのはなかった気がする。難しい将棋が多かった」などと振り返った。

 藤井のこれまで11回のタイトル戦で彼に2勝したのは、2021年の叡王戦五番勝負の豊島と今回の広瀬だけである。大勝負を終えた広瀬は、これで少しは大好きなサッカーW杯が観戦できるだろう。早稲田大学在学中の2010年に将棋史上初めて大学生のタイトルホルダー(王位)になった好人物の強豪・広瀬が、深い研究を重ねて再びタイトル戦に登場し、15歳年下の天才を相手に今回のような名局を見せてくれることを期待したい。敗れても内容をプロ仲間に高く評価されるのは、真のトップ棋士の証しだろう。広瀬に「ブラボー」である。

 さて、年明けからの王将戦七番勝負で通算タイトル100期を目指す羽生九段の挑戦について、会見で質問された藤井は、「(羽生九段は)一局ごとにテーマを持って臨まれて工夫されていて充実しているのかなあと思っています」などと話し、いつものように引き締めていた。(一部、敬称略)

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

デイリー新潮編集部