手足口病の症状がある園児のお尻を別の園児に触らせ…

 12月4日、静岡県裾野市にある「さくら保育園」の元保育士、三浦沙知容疑者(30)、小松香織容疑者(38)、服部理江容疑者(39)が児童への虐待を行ったとして、暴行容疑で逮捕された。容疑者たちはどのような人物で、そして誰が主導したと見られているのか。

 ***

「逮捕容疑となった虐待があったのは今年6月から8月にかけて。園の職員が三人の行状を見るに見かねて、8月半ばに市の担当者に“不適切な保育が行われている”と通報したのです」

 とは、さる社会部デスク。

「通報を受けて、市は園に事実関係を調査するよう指導。8月下旬、園は市に彼女らが15件に及ぶ虐待を行っていたという調査報告書を提出しています。ですが、市はその後2カ月以上もこの事案を放置した。担当者が重い腰を上げたのは11月も半ばを過ぎてから。その要請を受け先月29日、ようやく園は保護者説明会を開き、謝罪したのです」

 捜査関係者が具体的な虐待の内容について明かす。

「三浦容疑者と小松容疑者は、泣いている園児を撮影して笑ったり、“ブス”“テブ”“ガングロ”と暴言を浴びせたり、頬をつねっては頭をたたいたり。さらには、倉庫に閉じ込めるなんてことも。また、服部容疑者はバインダーで子供の頭をたたいている。一方で、三浦容疑者については、お昼寝中の子供たちに“ご臨終です”という言葉まで吐いていました」

 園児相手に“ご臨終ごっこ”をしていたというからあきれ果てる。三人の中でも最もひどいのは小松容疑者の行いだったという。

「子供のズボンを無理矢理おろし、足をつかんで逆さ吊りにしたほか、手足口病の症状がある園児のお尻を別の園児に触らせるなんてことも。挙句、カッターナイフを突き付けて園児を脅したのですから始末に負えません」

“犯行”を主導したのは…

 その振る舞いはあまりに常軌を逸しているというほかないが、

「三人が同じ1歳児のクラスの担当になったことで、事件が起きてしまった」

 と言うのは、さる園の関係者である。

「三浦先生は正規職員で9年間、小松先生は臨時職員で6年間、服部先生は派遣職員で3年間勤務していましたが、主犯格は小松先生です。彼女はよく言えば明るくて、ノリの良いタイプなのですが、悪ふざけが過ぎるところがある。保護者からすればとんでもないことでも、彼女からすれば悪ふざけの延長です。その彼女のノリに、服部先生が追随してしまった」

 しかも、だ。

「本来は常勤でクラスの責任者でもあり、そうした行いを止めなければならない三浦先生は二人より年下。彼女たちに強い態度で出られず、それどころか、結果的に同じノリを共有してしまった」

 9月に三浦・小松両容疑者は勧奨退職、服部容疑者はけん責処分に付され、全員が最終的に退職したものの覆水盆に返らず、なのである。12月8日発売の「週刊新潮」では、近隣住民が明かす容疑者らの“素顔”についても詳報する。

「週刊新潮」2022年12月15日号 掲載