内閣改造を終え、岸田内閣の面々が高揚感に包まれる一方で、来秋の自民党総裁選に臨む、「ポスト岸田」の動向に暗雲が垂れ込めている。“再エネ汚職”で逮捕されたのは、筆頭候補・河野太郎デジタル相(60)の最側近。10年以上にわたるその歪(いびつ)な関係性をひもとくと……。

 ***

 強烈な日差しが照りつけ、最高気温が35度を超える猛暑日となった今年7月29日のことである。

 土曜日だったこの日、東京・永田町に立つ衆議院第一議員会館は、外気とは対照的にひんやりとした空気が流れ、人気もなく、ひっそりと静まり返っていた。

 平日と打って変わった静けさの中、その12階でうごめくひとりの女性の姿があった。同階の一室に事務所を構え、後に東京地検特捜部に逮捕されることになる衆院議員、秋本真利容疑者(48)の秘書である。彼女は人目を気にしながら、長時間にわたり、溢れかえるほどの大量の書類を同フロアのごみ箱へと捨てていた。その書類の中にはこんなタイトルのファイルが含まれていたという。

「青森洋上風力事業」――。

 秋本事務所のスタッフは8月3日にも大量の書類を廃棄。その翌日の4日に東京地検特捜部が秋本容疑者の事務所へ強制捜査に入った。このガサ入れを経て、今月7日、秋本容疑者は地検特捜部により、受託収賄の容疑で逮捕される。

“謝礼”という形で国会質問を

 社会部記者が解説する。

「秋本容疑者は洋上風力発電事業を手掛ける日本風力開発(日風開)の塚脇正幸前社長から約6146万円の賄賂を受け取ったとされています。塚脇前社長とは共同で馬主組合を設立しており、賄賂は馬の購入費などの関連費用として渡されていました。そして、賄賂の実質的な“謝礼”という形で、同社の事業に有利になるような国会質問を行っていたのです」

 その一つが青森県・陸奥湾での風力発電事業に関するものだ。日風開はかねて陸奥湾で環境影響評価(アセスメント)を実施し、同海域で事業を展開しようとしてきた。しかし、青森県が防衛関連施設への影響等を考慮し、消極的な姿勢を見せると、秋本容疑者は2019年、国会質問で「過度な規制をかければ国益を損ねる」と迫り、結局、この海域は事業対象地域に選定されることになった。

 廃棄された資料はこの海域に関わるものだったのか。捜査を予期して重要書類を処分したのならば、証拠隠滅以外の何物でもあるまい。

後援会名簿を盗み「相当詰められた」

 かくして、塀の中へ転落せんとしている秋本容疑者は千葉9区、つまり佐倉市や四街道市などを地盤とする。政界に入ったきっかけは、千葉の衆院議員だった実川幸夫氏(79)の事務所に若くして入ったことだった。

 地元市議が証言する。

「彼は実川事務所の秘書という名刺は持っていたけど、秘書でもなんでもなくて、ただの運転手だったんですよ。もともと運転がうまいからと採用されただけでした。その事務所を辞めて富里市議に当選した時、ある“問題”を起こしましてね」

 市議に初当選するのは03年4月のこと。

「事務所を辞める時に、同じく事務所の秘書で、現在は自民党千葉県議の高橋祐子とともに後援会名簿を盗んだんです。そして、その名簿をもとに選挙活動を行い、富里市議に当選した。祐子は実川事務所で名簿管理をしていたので、実川さんの奥さんから相当詰められ、実川事務所を辞めることになりました」(同)

 秋本容疑者より15歳年上の高橋氏は第92代警視総監である高橋清孝氏の妹で、独身だと周囲に語る秋本容疑者とはいまに至るまで「男女の関係」にあると地元ではみられていた。

「アイツの選挙になれば祐子はお茶くみや会計など何から何まで、世話をして回ります。まるで女房のようなんです」(同)

“上にペコペコ、下には粗暴”

 彼女を利用して富里市議に当選後、秋本容疑者はある人物との運命的な出会いを果たす。「アニキ」と慕うことになる河野太郎デジタル相だ。

 秋本容疑者の著書によれば、市議時代に通っていた法政大学大学院へ講師として訪れたのが河野氏だった。その講座で河野氏が「核燃料サイクルとプルサーマルの違い」を質問すると、秋本容疑者は挙手してスラスラと回答。驚いた河野氏に「国会議員になれよ」と声をかけられ、12年の衆院選で初当選を果たした、とある。当時、河野氏は党関係者に秋本容疑者を猛烈プッシュし、選挙では10回以上も応援に入ったという。

「確かに初選挙で河野さんが応援に入ってはいましたが……」

 とため息をつくのは、秋本容疑者の支援者のひとり。

「実際には千葉県連の幹部が根回しして出馬にこぎ着けたので、河野さんがプッシュしたという話はうそですよ。しかも、初めての国政選挙で秋本のスタッフへの扱いは本当にひどく、選挙事務所の大勢人がいる前で、あるスタッフに椅子を蹴飛ばしながら“何やってるんだ、バカヤロー!”と怒鳴りつけた。アイツの特徴は“上にペコペコ、下には粗暴”なんです」

1千万円を受け取って、あっという間に辞めた

 その本領は国政進出後にも垣間見られた。

 秋本容疑者は初当選後、同じ法政大卒という縁から菅義偉前総理との結びつきを強め、後に菅氏を囲むグループ「ガネーシャの会」に参加し始める。

 だが、ここでもひと悶着あったのだ。

 自民党千葉県連関係者が、

「実は初当選後、秋本さんは平成研(現・茂木派)に3カ月だけ入会していたんですよ」

 と、彼の“不義理”を回想する。

「当時、同派の事務総長だった故・竹下亘さんは、彼の選挙のために1千万円を陣中見舞いとして渡していたんです。ところが、入会したと思ったら、あっという間に平成研を辞めて、当時の権力者、官房長官だった菅さんのところに行ってしまった。平成研の代議士はカンカンに怒っていましたよ。その代議士からこの話を聞かされた河野さんは、“許してやってください”と頭を下げてきたと聞いています」

秘書から“罰金”を徴収

 大派閥に後ろ脚で砂をかける一方、地元秘書には罰金を科していた。

「秋本が2期目の時だったか、地元の男性秘書がいつもタッパーに入った手弁当を食べていたんです。“メシ代出ないの?”と聞くと、メシどころか、罰金をとられて全く金がないと言うのです。遅刻したり、毎日の報告書に不備があったりすると秋本に罰金を科せられ、月15万円ほどの給料のうち、2万〜3万円はもっていかれるのだと。その後、彼は辞めてしまいました」(先の支援者)

 永田町と地元で横暴に振る舞っても、河野氏は秋本容疑者と関係を深めていった。

 先の地元市議によれば、

「ある時、地元の市議選で秋本事務所から与党会派の候補者たちに一斉メールが届いたんです。“河野さんと遊説をしたい希望者はいますか”と。希望すると河野さんが事務所の前まで来てくださって、私のことを褒め、激励してくださる。なぜ秋本が河野さんを呼べるのか不思議でした」

 秋本容疑者は「河野側近」としての地歩を徐々に固めていたのだ。

河野氏との信頼関係

「直近まで河野さんの勉強会『火曜会』の事務局長を務めていましたからね」

 とは、さる自民党の若手議員。

「『火曜会』は火曜の昼に党本部で会合を開いていて、カレーを食べながら、ゲストスピーカーや河野さん自身の話を聞く、中堅若手議員の勉強会です。幹部は河野さんを含めた4人で、そのうち秋本さんは事務局長として、運営の一翼を任されていたんです」

 火曜会のメンバーは公表されていないが、同会は河野氏を総理にするための集まり。その事務局長というのだから、よほどの信頼関係である。

 さらに、秋本容疑者は河野氏が顧問の「自由民主党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟(再エネ議連)」の事務局長も務めていた。再エネ議連は16年に発足。そのチャーターメンバーが河野氏と秋本容疑者だ。議連会長の柴山昌彦衆院議員(57)に聞くと、

「われわれ自民党は野党時代から議論を重ね、河野さんを中心に自民党エネルギー政策議連を発足させたんです。その後、それを母体に再エネ議連ができた。秋本さんは熱心に勉強していて、強い思いがありましたが、彼の意見だけが通っていたわけではありません」

 しかし、再エネ議連は贈賄側である日風開の秘かな浸透を許していた。

「人を利用する天才」

 風力発電業界関係者によれば、

「日風開の子会社『エネルギー戦略研究所』の役員でもある大学教授が再エネ議連にレクチャーを行っていて、“価格に偏重した入札ルールを是正すべし”という日風開側の主張を吹き込んでいたのです。価格競争では大手企業に負けてしまいますからね。さらに、菅さんが総理の時代には、日風開の副会長と菅さんとの食事会を秋本氏がセットし、総理への陳情の場を設けていました」

 しかも、冒頭で触れた廃棄された資料の中には「自民党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟7」と題されたファイルもあった。地検に隠さねばならぬ情報でもあったのか。

 こうして秋本容疑者が風力発電業者と政界実力者をつなぐ中、地検は極秘に捜査を進めていた。自身のツイートがきっかけで秋本容疑者から訴訟を起こされた経済学者の池田信夫氏が言う。

「昨年6月、私が秋本について“東京地検特捜部が内偵しているらしい”とツイートしたら、名誉毀損だと秋本から訴状が届きました。こちらも弁護士を立て、どう事実と違うのか、と今年の初めに準備書面を出すと、ぷっつり返事が来なくなり、今年7月には秋本の弁護団全員が辞任してしまった。日風開の弁護士と秋本の弁護士は同じ事務所だったので、弁護団も“こりゃ無理だ”と思ったのでしょう」

 前出・千葉県連関係者が怒りをにじませる。

「アイツは人を利用する天才ですよ。菅さんの総理時代、支持率が落ちると、ガネーシャの会に所属しているのに“菅さんじゃ選挙に勝てない”と騒いでいた。あんなに自分のことしか考えていない奴はいません。最近は地元で河野太郎と2連ポスターを張り、ガネーシャの会合にも出席しておらず、挙句、逮捕ですから」

最側近が短期間で2人も退場

 大きなダメージを負ったのは河野氏である。

「河野さんの側近は“衆の秋本、参の高野”と言われてきました」

 と自民党の中堅議員。“参の高野”とは、パワハラエピソードに事欠かず、今年6月に秘書の顔を殴打したとして議員辞職した高野光二郎前参院議員(48)だ。

「今回の逮捕により河野さんの最側近が短期間で2人も退場することになりました。そもそも秋本さんは直情的すぎるというか、官僚にもギャーギャー言って、自分の要求を通そうとして悪評が立ち、党内でも付き合う人は少なかった。火曜会は、“秋本が障害になって、人が集まらない”と言われていました」

 最側近である子分はこんな連中しかいない。総理への道も脱原発の夢も、“同じ穴のムジナ”である彼らの不祥事で、ますます遠ざかってしまったというわけだ。

「週刊新潮」2023年9月21日号 掲載