政策が総花的

 内閣支持率が危険水域に入る中でも、岸田文雄首相は持ち前の「聞く力」で世の中の声を拾い上げ、政策に反映しようと努めているという。各方面の専門家から課題を聞き出しているというが、首相が今もなお気にしている中身とは?

「岸田首相は就任以来、さまざまな政策を打ち出したものの、あまりにも範囲が広く総花的すぎると批判を浴びました。就任から900日を目前にしていますが、実現できたものは一般の人にはあまり実感がないかも知れません。ただ、日経平均が過去最高値を更新したという意味では、資産所得倍増計画を掲げたことや、ロンドンの金融街シティで“岸田に投資を”演説を行ったことが奏功していると言えるかもしれませんね」

 と、政治部デスク。

「もっとも首相就任当初は株価が低迷し、関係者からの評価は総スカンでした。首相の保有資産の公開内容によると、持ち株はゼロですしね。それでも当然ながら、日経平均の最高値更新は喜ばしいこととして首相本人も捉えているようです」(同)

政権でダメなところはありますか

 岸田首相が各方面の専門家を官邸や会食場所に招いて語りかける際のお決まりのフレーズがあるのだという。

 それは、「政権でダメなところはありますか?」――。

「面会した人からは、“ある意味でへりくだった感じで聞いて来られるので、話しやすいと言うか、本音を伝えやすい面がある”と聞いたことがあります。忌憚(きたん)のない意見を提案すると、“それは良いですね、ぜひ実現のためにお力をお借りできないでしょうか”といった返答が首相からあるそうです。本人も一国の宰相に対して問題点を指摘し、それに対して協力を依頼された手前、引くに引けず、問題解決の当事者に任命される……といったケースもあるみたいですね」(同)

 首相から頼りにされるというのは、それはそれで名誉なことのようにも受け取れるが、実際はどうなのだろうか。

「もちろんケースバイケースなのでしょうけれど、各方面を巻き込むので、“ちょっと迷惑だ”と感じている経営層もいるようですね」(同)

秘書官の「人材難」も

 そんな中、首相が依然として気にしているテーマがあるという。

「SNS対策ですね。なかなか正解のない世界で、使い方を間違えると地獄に直結しているなどと言われていますから無理もないかも知れませんが、実際、官邸も苦労しているようです。“メディアは揚げ足取りに徹していて頼りにならない、国民に政権の主張が満足に伝わっておらず、SNSをとにかくうまく使って行きたい……”という思いがあるわけですね。長男の翔太郎氏を政務秘書官に任命した際に、その担務としてSNSを入れていましたが、最も信頼する身内に任せたのは危機感の裏返しだったということなのでしょう」(同)

 翔太郎氏は親戚らを公邸に招いて「組閣ごっこ」をしたり、外遊時に公用車を利用してお土産を買って観光地を散策したりした公私混同問題が報じられ、辞任することになった。ちなみにその後を受けた山本高義氏にも、ここ最近、銀座の高級クラブにお目当てのホステスがいて、足繁く通っていることが報じられている。秘書官の「人材難」もまた課題の1つと言えるだろう。

実行に不可欠なのは

「岸田氏がそんなアプローチをしているというのは知りませんでしたが、悪くない方法ですね。前任の菅義偉氏もそういうやり方をしていました。在任中はあまり評価されませんでしたが。たとえ政権が低空飛行を続けているとしても、首相に頼りにされればほとんどの人は悪い気はしないし、ひと肌脱いでやろうという気にもなるというものでしょう」

 と、自民党のある閣僚経験者。

「ただ、問題なのは、首相と経営層がガッチリとは行かないまでもそれなりに意思疎通ができていたとして、実際に政策を動かすのはその下の人たちです。彼らの熱意とか当事者意識とか思い入れみたいなのが、政策の実行には不可欠と言えるでしょうね」(同)

 果たしてそこに人材がいるのかといえば……。

デイリー新潮編集部