ゆる目のセレモニー

 2月29・3月1日の両日にわたって衆院で政治倫理審査会(政倫審)が開かれ、岸田文雄首相らが出席し、与野党議員の質問に答えた。現職首相の出席は史上初だけに、何かと耳目を集めた今回の政倫審を振り返るとともに今後の政局について展望する。

「政倫審自体は証人喚問と違って偽証罪に問われることがない。そうした事情を知る国民の間ではもともと“緊張感を欠いた、ゆる目のセレモニー”的な解釈をされていたように思います。実際ほぼその通りで、議員の側もよく理解はしているのですが、岸田首相だけは“強い思い入れ”があったようです」

 と、政治部デスク。

「何をやっても、打ち出しても国民に響かず、内閣支持率は低迷したままで背に腹はかえられない状況でした。だから、たとえセレモニーであっても、まともで真面目な政治をやっていると訴えかける必要があり、政倫審でさえスルーできなかったということなのでしょう」(同)

自民党幹部らの顔に泥を塗るような

 とはいえ、元々は首相自らが出席するというシナリオは想定外のものだったはずだ。

「与党側の国対は首相の意向を受け、出席する方向で調整することは可能なので、やり方は譲歩してほしいとして野党側と一歩ずつ進めてきました。野党側も首相が出席するのならある程度の要求を飲む余地があったのですが、首相が率先してフルオープンで出席すると明かしたことで、そこまでの積み上げ作業がご破算になってしまったと自民党内から批判が集まりました」(同)

 俺が出るのだからお前らも出ろ、透明度を高く、完全公開で――。少し乱暴な言い方になるが、岸田首相のスタンスはそういったものだったのかもしれない。

「森山裕総務会長ら、今回の件で汗をかいた自民党幹部らの顔に泥を塗るような行為だと言われていますね」(同)

 もっとも、少しでも疑惑を持たれているのなら、そもそもその議員は率先して説明すべきではないのだろうか。

派閥解消に近いインパクト

「建前ではそうです。が、今後に想定される検察審査会との兼ね合いから細かなことは基本的には話せない・話さないというスタンスを取らざるを得ない。そんな中で、フルオープンで出ていくことにほとんどメリットがないことも事実です。結果として“出てきたのに何も話していないじゃないか”と厳しい批判にさらされるのは自明で、自爆行為に近いと評する人もいましたね」(同)

 政倫審への現職首相の出席は史上初で、与野党双方にとってサプライズだったという意味では、岸田首相自らが打ち出した派閥解消に近いインパクトがあったと言われているのだが……。

「実際にそうだったかもしれませんが、その後の世論調査結果を見ても、国民の多くが支持しているとは判断できません。首相としては他の選択肢がなかったのでしょうが、自民党内の信頼を失ったという意味では悪手だったと言えるのかもしれません。党内では“首相についていく人はもういないのでは”との声も出ています」(同)

 国民の信頼のみならず党内からも総スカンとなれば、政権運営は危ういという他ない。

出来の悪い芝居を延々と

 今後は追加で衆院での政倫審を開催し、参院に舞台を移して開かれる見込みだ。

「結局、野党側も具体的な証拠をつかんでいるわけではないので質問が表面的で攻めあぐねている印象ですね。まぁそれも開催前からよくわかっていたことなのです。当人らの主張や意識はさておき、我々はもちろん国民も出来の悪い芝居を延々と見せられていると感じているのではないでしょうか(笑)」(同)

 実のところ、政倫審であろうが証人喚問であろうが、そこで野党が言うところの「真相究明」が実現した例などほとんどない。国会は捜査機関ではないのだから当然なのだが、その結果として与党側は「不誠実だ」という批判を招く、というのが定番の流れである。

 政治不信を払拭するための場が、かえって政治不信を増幅させることにつながりかねず、岸田首相はさらに追い込まれるのは間違いなさそうだ。

デイリー新潮編集部