東京都知事選で争うことになる小池百合子都知事(71)と蓮舫参院議員(56)。この両者にアプローチしたとされる舛添要一前都知事に真相を聞いてみると――。

 ***

 テレビと政治。同じ世界で成り上がってきた二人の女傑だが、年齢差が15歳あり、また、片や自民党、片や野党が主たる活動の場だったこともあって「接点」はほとんどない。

 それ以前に、そもそもお互いがお互いを認め合っていないようで、さる永田町関係者によれば、

「蓮舫が“仕分け”でさまざまな省庁の事業をばっさりと廃止していた頃。小池さんは彼女のことを“先人の業績に対する敬意がない”と酷評していました」

 蓮舫氏も、

「小池さんが『希望の党』を立ち上げた時、“小池さんて核武装論者でしょ”“そんな人とは組めない”と言っていました」(別の永田町関係者)

“立派な代議士の妻になれる”

 そんな「水と油」の関係の二人だが、何とその両者と深い“縁”を持った男性が……。

 舛添要一・前都知事(75)。

 舛添氏が1980年代後半から90年代前半の一時期、キャスター時代の小池都知事と交際していたといううわさは知られた話。

 一方、蓮舫氏はタレント時代の92年、テレビ番組で司会者から「あの舛添さんからプロポーズされたんでしたっけ?」と問われて、「そうなんです。“ボクと一緒に代議士の道を歩もう。キミだったら立派な代議士の妻になれる”って言われたんです」と暴露していた。

 事実であれば、舛添氏は二人にアプローチした、猛獣ならぬ“猛女使い”となるわけである。

小池都知事と付き合っていたといううさわについては…

「いや、二人と接点があったのは事実ですが……」

 と苦笑しながら話すのは、舛添氏ご本人。

「きちんと話しますと、小池さんと付き合った事実はありません。彼女とはテレビ番組の共演で知り合い、本人が頼むものだから、大使館関係のパーティーに同伴し、関係者に紹介したこともある。それでそんなうわさが広まったんでしょう」

 蓮舫氏については、

「田中康夫君や三枝(成彰)さんとの集まりの席に彼女がいてね。覚えていないけど“こういう人が嫁さんだといいね”みたいなことを私が言ったらしい。そうしたら彼女がテレビで“プロポーズされた”と話してしまったんです。後に向こうの事務所の責任者が謝りに来たのを覚えていますよ」

 としつつ、

「そういううわさがあるのだとすれば、私が相当モテていたか、遊び人みたいですよね。光栄というか、恥ずかしいというか……」

 まんざらでもないご様子なのである。

小池都知事は「裏工作が平気でできる」

 その舛添氏が二人を比べて語るには、

「小池さんの方がずっとしたたかですよ。蓮舫さんは他の政党と裏で交渉するとか手を握るとか、そういう工作はしたことないでしょ。好き嫌いが激しくて“この人と組むのは嫌”とかがあるじゃないですか」

 他方の小池都知事は、

「裏工作が平気でできる。表ではカッコつけていても、裏で役人や自民党とこっそりうまくやる。上昇志向が強く、テレビ受けするパフォーマンスをする点では共通していますが、そこが最大の違いかな」

 なるほど両名を良く知る男ならではの分析なのである。

「週刊新潮」2024年6月13日号 掲載