衆院補選に出馬するために須藤元気前参院議員が辞職したことに伴い、先月、5年越しに繰り上げ当選を果たした立憲民主党の奥村政佳参院議員(46)。アカペラグループ『RAG FAIR』の一員として紅白歌合戦出場を果たした「ボイパのおっくん」は、これまでの経歴を投げうって、なぜ国会議員になったのか。当選の余韻も冷めやらぬ5月末。本人に話をきいた。

 ***

2回目のデビュー

「当選してからの数週間は、本当に早かったです。任期が残り1年というタイミングでの繰り上がり当選で、国会ももう終盤。まずは先輩議員の後ろで様子を見て……なんてことはなく、最初から全速力で駆け抜けた感覚ですね。ありがたいことです」

 そう笑顔を見せるのは、奥村議員ご本人。5月13日に繰り上げ当選が正式に決まり、28日の厚生労働委員会では早速初質疑にも臨んだ。次々点で落選という苦汁を嘗めた2019年の参院選から5年越しの繰り上げ当選を果たした今、新たに始まった議員生活をこう語る。

「なんだか2回目のデビューのような感じがしています。アカペラグループ『RAG FAIR』でデビューした頃のドタバタを思い出しますね。当時、テレビ局を彷徨っていたのと同じように、今は国会内を迷子になりながら、毎日走り回っています。ようやくめぐってきたチャンス。とにかく自分にできることを全力でやっていく覚悟です」

「おっくん」こと奥村議員は、打楽器の音色を口だけで表現するボイスパーカッション(ボイパ)のプロとして知られ、フジテレビ系のアカペラ番組「全国ハモネプリーグ」(通称「ハモネプ」)ブームの火付け役であるだけでなく、『RAG FAIR』では紅白歌合戦への出場も果たしている。YouTuberのHIKAKINも、「おっくん」の影響でボイパを始め、それをきっかけに有名になったというのは、よく知られた話。さらに、気象予報士、防災士、保育士という3つの顔も持ち、研究や講演も含め、各分野で広く活躍してきた。

保育現場の課題

 そんな経歴を持つ奥村氏が、どうして政界に進出することになったのか。直接のきっかけは、保育士としての勤務経験にあった。

「アカペラの活動と並行して、2012年からは保育士の資格も取得し、現場で働いてきました。大学時代に保育園でアルバイトをしたことがきっかけで、資格をとりたいと考えていたんです。19年に落選してからも、つい先日までずっと保育の仕事をしていましたから、通算で言えば10年以上にわたって保育の現場の最前線で働いてきたことになります。その中で、遅々として解決されない様々な課題に直面したことが、議員になろうと考えたきっかけです」

 現場では、保育に関わるあらゆる業務を経験してきた。

「担任をもって、1人で20人を見ていたこともありました。配置基準が変わり、4・5歳児クラスの場合、保育士1人で見られる子どもの人数が30人から25人に減ったことが話題になりましたが、実際は20人見るのだって本当に大変ですよ。それから、園のシフトを組んだり、採用に携わったりしたこともあります。だから、実際の保育士が何を感じているのか、そして“いかに人出が足りていないか”といった構造的な問題まで、実感ベースでわかるんです。保育士の待遇、そして配置基準などの問題は、つい先日まで現場の最前線にいた自分だからこそ声を上げられることであり、変えていかなければならないと思っています」

アカペラの経験

 保育士としての目線から、議員としての思いを語る奥村氏。しかしそのルーツを辿っていくと、やはり根底には「アカペラ」の存在が大きいようだ。

「アカペラを始めたのは、大学に入ってからです。実は最初はリードボーカル担当だったんですよ。小柄だった私は声変わりも遅く、マイケルジャクソンさながらの高い声で歌っていました。それが19歳にして声変わりがやってくると、思うように歌えなくなる。そこでボイパに出会ったというわけです」

 所属したサークルでは代表を務め、やがて学生アカペラの中心的存在に。

「アカペラを広めたいという思いから、他大のアカペラサークルとも交流を深め、JAM(Japan A cappella Movement)という、今も続くアカペライベントも立ち上げました。そんな活動をしていたので、テレビ局の方ともやりとりが生まれ、ハモネプに第1回から出場するようになったんです。アカペラバンドのRAG FAIRにも既に加入していた頃なのですが、当時アカペラを教えていた高校生たちと組んだチームで出演することに。テレビの影響力は大きく、後にRAG FAIRがメジャーデビューできたのも、この番組で注目していただいたからこそだと思います」

 ハモネプファンには、第2回大会で「おっくん」率いる『レプリカ』が優勝したときのことを思い出す向きも多いのではないだろうか。

「第1回大会で負けて、“勝たなければいけない”状況下で迎えた第2回大会。一世一代の勝負という感じでした。ボイパ担当の自分が最後の最後で歌うというのも、私が考えた戦略だったんです。このときの仲間とは、今でも繋がりがありますよ。私が出馬するときには、レプリカのメンバーたちが集まってくれて、『初心忘れるべからず!』というメッセージがついたプレゼントもくれました。当時のライバルたちとも時々集まっています」

5年前よりも……

 華々しいアカペラの経験は、今も役に立っている。

「アカペライベントを立ち上げ文化を広めていった経験は、大きな自信になっていますし、先頭に立って何かを主導するという点では、議員としての活動にも通ずるものがあると思っています。そして人前に立って何かを伝えるという意味では、議会も舞台の一つ。アカペラの舞台に立ち続けた経験がすごく活きていると感じます。ボイパ担当としてグループを支えてきた身としては、政界もうまくハモってくれたらいいなと思うんですけどね」

 しかし、5年越しの当選だっただけに、残す任期もあと1年。限られた時間をどうとらえているのか。

「任期の話はどうしてもついて回りますが、今は目の前、目の前のことに全力で取り組むことに尽きますから、その先のことまでは考えていません。とにかくこの1年、保育士議員としてだけでなく、気象予報士議員でもあり、はたまた防災士議員でもある立場を最大限活かして、多くの問題に取り組んでいきたいです」

 高校時代の卒業文集では、小説のこんな一節を引用している。

〈昼寝して待っていても、その時は来はしない。ひたすらに学び、おのれを磨いていてこそ、その時は、いつかくるのだ〉(早乙女貢著『明智光秀』)

「アップダウンの激しい人生でして、家賃2万円の部屋で毎日お腹を空かせていた時代や、音楽でなかなか芽が出ずに苦しい思いをしていた時代もありました。しかし、腐らずに目の前のことを頑張っていると、“その時”がちょこちょこ訪れていた気がします。参院選で落選したときも、絶望することなく、目の前のやるべきことを一生懸命やっていたら、こうしてチャンスがめぐってきた。5年前よりもできることは増えているし、このタイミングの当選も前向きにとらえています」

デイリー新潮編集部