現職の小池百合子知事(71)と参院議員を辞して戦いに挑む蓮舫氏(56)との事実上の一騎打ちになると見込まれている東京都知事選。7月7日の投開票後、当選した新知事を支えることになる都庁職員たちは、どちらのほうがいいと思っているのか。現場の声に耳を傾けてみた。

 ***

 さる都庁職員は苦虫をかみつぶしたような顔でこう語るのだった。

「別に蓮舫さんを好きなわけではありませんが、われわれからすれば小池知事の再選は地獄。私と同じように蓮舫さんのほうがまだマシじゃないか、と考えている職員は多いと思います」

 これはいったいどういう意味なのか――。小池知事を批判し、都の関連団体理事長の職を追われた都庁OBの澤章氏に、自身の経験を踏まえた見解を尋ねると、

「少しでも気に入らないことがあると、すぐに報復人事を発動させる小池知事は職員にとって恐怖の対象でした。特に1期目は、港湾局や議会局などの局長級をはじめとする幹部たちが、次々に左遷されていきました。2期目になってからも、コロナ対策の陣頭指揮を執っていた福祉保健局長が突如、更迭されてしまったことがありました。結果として都庁の中には、上に異議を唱えられるような自由闊達とした空気がもはやなくなってしまった、といわれています」

“旦那が過労死してしまう”

 恐怖政治の実態は報復人事だけではない。前出の都庁職員が言うには、

「小池知事は職員の労働環境に関心がないように見えます。たとえば、子ども1人につき月額5000円を支給する“018サポート”などパフォーマンス優先のトンデモ政策を場当たり的に繰り出し、無慈悲にも職員の仕事量を増やしていくからです。ある職員の奥様は“このままでは旦那が残業に押しつぶされて過労死してしまう”と、心を痛めていました」

 事実、小池知事の脈絡のなさに振り回され、退職する職員は多い。特に昨年3月、彼女のお膝元である都政の中枢を担う政策企画局の職員が一斉に約20人も退職した騒動は、都庁全体に大きな衝撃を与え、暗い影を落としたという。

“二面性”を心配

 では、一方の蓮舫氏の評判はどうなのか。

「ほとんどの職員は蓮舫さんの素顔をよく知らないので、現状では是非について何とも言えません。ただし、彼女には官公労が付いているので、小池知事のようにわれわれ職員を好き勝手にいじめることはできない、とみられています。もし、彼女があまりに恣意的な人事や政策を実行しようとした場合、官公労がストッパーの役割を果たすでしょう」(前出の都庁職員)

 とはいえ、蓮舫氏の“二面性”を心配する向きもあるそうだ。彼女が所属してきた立憲民主党のさる関係者によれば、

「蓮舫さんは支援者や若手議員と写真を撮ってあげる際、一瞬だけカメラの前で満面の笑みを浮かべ、その後はほとんど相手をせずにササッと場を去ってしまうことがしばしばあります。よって、カメラがないところでは偉そうだと、恨み節がよく聞こえてくるわけです。仮に都知事になれたとしても、謙虚さを欠いたままでは職員との信頼関係が築けず、小池都政と同じ轍を踏むことになるのではないか」

 共にキャスター出身で、パフォーマンスが得意な似たタイプだと評される小池知事と蓮舫氏。都民は“究極の選択”を迫られているのかもしれない。

「週刊新潮」2024年6月20日号 掲載