首相は自信満々!?

 Twitterで検索すると、ハッシュタグ「#菅やめろ」を付けたツイートが多いことに驚かされる。菅義偉首相(72)は7月30日、記者会見を行った。だが、少なくともネット上の有権者は、首相に「NO」を突きつけた格好だ。

 ***

 会見の眼目は、東京都と沖縄県に加え大阪府など4府県に新たに緊急事態宣言を発令することだったが、記者も有権者もそんなことに関心はなかったようだ。

 首相官邸の公式サイトによると、質疑応答の最後に海外週刊誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」の日本人特派員が、オリンピックの開催が感染拡大を引き起こしていると指摘。

 感染拡大を止められなかった場合、「総理の職を辞職する覚悟はありますか。明確にお答えください」と質問した。

 これに菅首相は「私の責任で私はできると思っています」と感染対策に自信をのぞかせた。だが、世論は「#菅やめろ」と反発したのは上記の通りだ。政治担当記者が言う。

「菅首相は会見で『高齢者の73%が2回目のワクチン接種を終えた』と胸を張りました。40代と50代で感染拡大が続いていることは認めた上で、対策としてアストラゼネカ製のワクチンを40代以上に承認したと発表。8月下旬には2回の接種を終えた国民が4割に達する見通しも明らかにしました」

 だがSNSを見てみると、誰も評価などしていない。少なくともネット上では、有権者は相当に怒っているようだ。

スピードの不満

「アストラゼネカ製のワクチンは、まれに血栓が生じるリスクがあることが分かり、これまで日本政府は公的予防接種には使用してきませんでした。台湾に送られたのは使わなくなった同社のワクチンで、『日本での不要品を渡すのはどうなの?』という疑問の声があったほどです。その方針を撤回するわけですから、『要するにワクチンが足らないんでしょ』と有権者に見透かされています」(同・政治担当記者)

 首相の“決断”に、「アストラゼネカ製ワクチンを使ってくれてありがとう」と感謝する声など皆無だ。Twitterを見ると、むしろ異論が相次いでいる。

《最初アストラゼネカダメって言ってなかった?って不安ばかりを残してるのに外出控えろなんて絶対無理》

《血栓も嫌だけど副反応の発熱が激しかったりすると仕事できないから困ります》

《40代〜50代は未だ予約もできず、アストラゼネカを回され、大手企業や大学に行く“上級国民予備軍”には予約無しでファイザーかモデルナ》

 そもそも有権者はワクチン接種が遅いことに疑問を抱いている。Twitterを見てみると「遅い」という意見が多い。

計画は7月に接種完了!?

《先進国なのに本当に遅い…》、《菅政権ではワクチンしかできないしそれすら遅い》、《最初は国民全員のワクチン確保と言ってなかった?》──こんなツイートは枚挙に暇がない。

「菅首相は、政権支持率を上げて総選挙で自民党が勝利するためには、オリンピック・パラリンピックを有観客で開催することが重要だと考えていました。そのためワクチン接種を最重要の政策と位置づけてきたのです。国民の多くが抗体を持っていれば、感染拡大リスクが減少します。その上での有観客開催なら、世論は理解してくれると思っていたのです」(政治担当記者)

 菅首相は今年1月の参院本会議で、東京五輪については「ワクチンを前提としなくても開催できるよう準備を進める」と発言するなど、予防線は張ってきた。だが、政権内部では「五輪までにワクチン接種をできるだけ進める」ことを計画してきたことが明らかになっている。

「朝日新聞などが報じましたが、政府内部では高齢者の接種を3月下旬から開始し、6月までに2回目を終えるよう計画していました。東京五輪の開幕日である7月23日をデッドラインに設定し、『できれば7月上旬までに一般国民に行き渡らせるのが理想』という幹部の声が記事(末尾:註1)に紹介されています」(同・政治担当記者)

低接種率に驚く外国人

 だが、さっそく高齢者の接種開始がずれ込む。河野太郎ワクチン担当相は1月、「高齢者の接種開始は、早くても4月1日以降にずれ込む」としながらも、「6月の第3週までに2回目の接種を終える」見通しを示した。

 菅首相は7月30日の会見で「高齢者の73%が2回目のワクチン接種を終えた」と強調したが、本来ならとっくに終わっているはずだった。

「その後も注射器の確保などに混乱が生じました。その都度、菅政権はスケジュール通りに進むと説明してきましたが、6月に入ると全国知事会が疑問を呈します。ファイザー製ワクチンの供給量が減少することから、必要量が確保できないと国に助けを求めたのです。しかし河野大臣は『必要な量は配分している』としか答えませんでした」(同・政治担当記者)

 7月、全国知事会の憂慮は現実のものとなった。ワクチンの供給量が不足し、「1回目を打ったのに2回目の予約ができない」人の存在が大きく報じられることになった。

「五輪の取材で来日した外国人記者と話していると、『日本でこんなにワクチン接種率が低いとは思ってもみなかった』と驚いています。彼らの母国では、もっと接種率が高いのだそうです。菅さんがどれだけ会見でワクチン接種の成果を誇っても、なかなか有権者の理解は得られないのではないでしょうか」(同・政治担当記者)

世界のスピード

 イギリスのオックスフォード大学が運営している「Our World in Date」は「データで読む私たちの世界」というタイトル通り、様々な「世界ランキング」をデータに基づいて示しながら公表している。

 この公式サイトに「新型コロナウイルスを2回、接種した人の割合による国ランキング」が公開されている。

 ランキングによると、7月30日現在、日本は27・99%で、なんと第73位だ。この数字だけで、どれだけ遅いか分かるというものだが、詳しく見てみよう。表をご覧いただきたい。

「ワクチン接種率を見ると、経済的に発展し、人口が少ない国が上位を占めています。ワクチン購入の資金があれば、国民が少ないと小回りがきくのは言うまでもありません。トップのジブラルタルはイギリスの海外領で、接種率は100%を超えました。外国人労働者にも接種しているからと言われています。日本はカンボジアやモロッコと同じレベル。両国に失礼なことを言うつもりはありませんが、これだけも日本のワクチン接種率が低いことは一目瞭然です」(同・政治担当記者)

英独も高い接種率

 では、いわゆる“先進国”の中で、日本はどれくらいのワクチン接種率なのか見てみよう。まず名目GDPのランキングと「2回接種率」を組みあわせてみる。日本のGDPはアメリカ、中国、に次ぐ世界第3位だ。

 ちなみに「Our World in Date」のランキングで、中国の割合は空欄になっている。そのため表は11位のロシアを加えた。

「国民が集団免疫を獲得する1つの目安が、2回接種率が6割と言われています。カナダとイギリスが迫る勢いです。実際、イギリスは感染者数が減少していると話題になりました。アメリカとフランスも5割に達するペースです。翻って日本は3割を目指している段階ですから、遅いと言われるのも当然でしょう」(同・政治担当記者)

 更に「国民1人あたりのGDPランキング」とも組みあわせてみる。この場合、1位はルクセンブルグとなり、日本は23位だ。ベスト10に日本を組みあわせて表を作った。

有権者の判断は?

「当初、菅首相は、オリンピック・パラリンピックを有観客で実施し、その勢いで総選挙を勝とうと考えていたわけです。先進国でもアイスランドは7割を超え、カナダでも6割に達しようとしています。これくらいの割合に達していれば、“反オリンピック・反菅”の声が大きくなることはなかったと思います」(同・政治担当記者)

 菅首相は、できるだけ総選挙の時期を引き延ばすと言われている。ワクチン接種率が上昇すれば、国民の間に安心感が増し、自民党に投票する有権者が増えると考えているからだ。

「ただでさえワクチン接種のペースが遅いというのに、ここに来てさらに感染者が増えています。これでは国民の菅政権に対する不信は募るばかりです。五輪でいくら日本のメダルラッシュが続き、お祝いムードになったとしても、コロナの感染拡大で相殺されてしまいます。秋には接種率は今よりかなり上がるでしょうが、国民はそれを政権のおかげだとは思わないでしょう。このまま総選挙に突入したら、自民党は惨敗する可能性が高まってきました」(同・政治担当記者)

註1:朝日新聞1月27日朝刊「【時々刻々】ワクチン、いつ私たちに 見通せぬ承認・供給量 政府、全体像を示さず 新型コロナ」

デイリー新潮取材班

2021年8月1日 掲載