「総裁選は本来、自民党のキングを決める選挙です。しかし、今回は“キングメーカー”の座を争う選挙になってしまっている。要するに、これまでの権力構図を維持したい勢力と、それを刷新させたい勢力との対決ということです」

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はそう評する。

 たしかに、派閥の足し算では勝利が見通せない選挙と言われながらも、菅総理が河野太郎氏をバックアップし、安倍前総理は高市早苗氏を擁立しつつ、決選投票では岸田文雄氏支援に回ると囁かれるなど、候補者の背後には常に“大物”の存在がある。

 自民党担当記者によれば、

「安倍前総理は本腰を入れて電話作戦に取り掛かっています。出身派閥である細田派の議員に告示前から“高市に協力してやってほしい”と迫り、安倍政権下の役職経験者を中心に他派閥の議員にも連絡している。その結果、安倍チルドレンだけでなく、細田派幹部の間にも困惑が広まってしまった。安倍さんのあまりの入れ込みぶりに、側近の萩生田光一文科相や世耕弘成参院幹事長までもが“派閥内の反発を考えるとそこまでやらない方がいい”などと進言するほどでした」

「安倍さんというより、森さんが推しているから」

 安倍前総理の熱のこもった高市支援は、もはや誰もが知るところとなった。だが、その裏には別の“黒幕”の影が見え隠れしている。

「それは森喜朗元総理です。実は、清和会を退会した際に故・町村信孝氏を激怒させてしまった高市氏に対し、派閥のベテラン議員には根強い嫌悪感があった。安倍さんもそれを理解していて、“細田派の中堅・幹部クラスからはとにかく評判が悪い。その点は高市にも伝えている”と漏らしています。それでも、派閥内で高市支持が広まった理由として耳にするのが“安倍さんというより、森さんが推しているから”という声です。実際、安倍さんも周囲に“私の言葉は森さんの言葉だと思って聞いてほしい”と話しています。安倍さんがいち早く高市支援に乗り出したのも、森さんの意向があったからではないかと囁かれているのです」(先の政治部デスク)

 かつて森元総理との愛人関係を仄(ほの)めかす真偽不明の怪文書が飛び交ったこともある高市氏。神の国発言などで世論の不興を買った総理時代の森氏を“勝手補佐官”と名乗って擁護するなど、彼女がおぼえのめでたい存在だったことは間違いない。

「森さんの威光があったからこそ、高市さんは早々に出馬を表明し、ここまで支持を広げられた。とはいえ、細田派の若手からは“最大派閥が勝ち目の薄い無派閥候補を推していいのか”“長老政治が透けて見えては総選挙にも影を落としかねない”との反発もある」(同)

「週刊新潮」2021年9月30日号 掲載