デイリー新潮は今年1月26日、記事「緊急事態宣言下、麻生側近議員が23時まで『イタメシ』と『銀座クラブ』をハシゴの証拠写真」を配信した。

 ***

 いわゆる「銀座3兄弟」について最初に報じた記事だ。

 週刊新潮が2月4日号の特集記事「コロナの驕り 『永田町のマツジュン』夜の顔 国民・飲食店に犠牲を強いながら 麻生最側近『松本純』元大臣が『イタリアン・銀座』三昧」で詳報している。

 自民党の松本純・元国家公安委員長(71)は、緊急事態宣言下であり、おまけに国会の会期中だったにもかかわらず、公用車で東京・中央区のイタリアンレストランを訪問。更にタクシーで移動すると、同じ中央区にある銀座のクラブを2軒ハシゴ――その一部始終を証拠写真とともに報じた。

 この際、田野瀬太道・文科副大臣(47)、大塚高司・国対副委員長(57)も同席していたことが発覚した(註:共に当時の肩書き)。

 週刊新潮は田野瀬、大塚の両氏が“夜遊び”する姿も撮影していた。デイリー新潮は2月1日、記事「平気でウソをつく松本純議員 クラブホステス同伴? まだある同席2議員の“問題写真”」を配信。3氏は同日午後、自民党を離党した。政治担当記者が言う。

「銀座3兄弟のうち、大塚氏は10月12日、総選挙には立候補せず、引退する意向を示しました。残る松本、田野瀬の両氏は出馬します。松本さんは神奈川1区、田野瀬さんは奈良3区で、共に無所属となりました」

神奈川1区の逆風

 10月11日、自民党の甘利明・幹事長(72)は「銀座3兄弟」について、「衆院選の前に復党させることはない」と断言。その一方で「対立候補は立てない」ことも明らかにした。

「総選挙の直前まで結論が引き延ばされたのは、松本さんが麻生太郎・副総裁(81)の側近中の側近であることも大きく影響しました。麻生さんが『何とか助けてやってくれ』と打診していたのです。その要望を甘利さんは突っぱねたわけですが、対抗馬は擁立しませんでした。松本さんや田野瀬さんが選挙に勝って“みそぎ”を済ませば、自民党から追加公認され、復党の可能性があるというサインを送ったと受け止められています」(同・記者)

「銀座3兄弟」ならぬ「銀座兄弟」への逆風は、相当なものがあるのは言うまでもない。だが、選挙区のリアルな情勢調査を調べてみると、2人の明暗は分かれている。まずは松本氏の神奈川1区から見てみよう。

「松本さんは薬剤師の資格を持ち、1990年に横浜市会議員に初当選。その後、96年の総選挙で国政に打って出て当選を果たしました。しかし、2000年には比例復活も果たせず落選するなど、もともと選挙に強い方ではありません。今回の情勢調査を見ても、比例復活を果たした立憲民主党・篠原豪さん(46)にリードを許してしまっています。松本さんはかなり頑張らないと、落選するでしょうね」(同・記者)

奈良3区は波乱なし!?

 一方、奈良3区は正反対の状況になっている。意外にも田野瀬氏への支持は根強いようなのだ。

「田野瀬太道さんは二世議員です。父親の良太郎さん(77)は五條市議、奈良県議を経て衆議院議員となり、当選6回と選挙に強いことで知られていました。後継者として強固な地盤を引き継いだ太道さんは2012年の総選挙で初当選し、前回17年は得票率61・62%と圧勝しています。今回も田野瀬さんの強さを嫌がったのか、対立候補は共産党新人の西川正克さん(63)と、NHK党新人の加藤孝さん(43)だけです。早くも当選確実という声さえ出ています」(同・記者)

 問題行動を起こしたわけではないが、無所属で静岡5区から立候補した細野豪志氏(50)も全国的な注目を集めている。

細野豪志は圧勝!?

「静岡5区の自民党候補は、2019年3月に比例東海ブロックで繰り上げ当選を果たした吉川赳さん(39)です。細野さんが旧民主党の国会議員だった時、吉川さんは自民党の対抗馬でした。ところが細野さんは2018年に無所属になると、自民党・二階派に入会。今回の総選挙では自民党の公認は得られませんでしたが、当選すれば自民党に入党することは確実です。つまり今回の静岡5区は、実質的に自民党の候補者同士が争うことになります」(同・記者)

 静岡5区では立憲民主党新人の小野範和氏(48)と諸派新人の千田光氏(43)も出馬を表明している。しかし情勢調査は、吉川vs.細野の争いが中心になると示している。

「民主党時代からの細野人気は維持されており、早くも過半数に達しそうな勢いです。一方の吉川さんは、3割程度と出遅れています。支持者層を比較すると1・8倍という開きになっており、改めて細野さんの強さが浮き彫りになっています」(同・記者)

新潟5区と北海道11区も注目

 2018年4月、女性問題で新潟県知事を辞職した米山隆一氏(54)は、無所属で新潟5区から立候補する。5区の前職は、同じく県知事を務めた自民党の泉田裕彦氏(59)だ。元知事同士の戦いとして注目を集めている。

「米山さんは無所属ですが、立憲民主・共産・社民が推薦する、事実上の野党統一候補です。一方の泉田さんは、実は地元であまり評判がよくありません。自民党支持者でさえ『東京ばかりで帰ってこない』と不満を漏らしています。金品を渡して女子大生と交際していたことが発覚して知事を辞職した米山さんも有権者の心証はよくないはずですが、泉田さんへの不満票をうまく吸収しているようです。情勢調査ではリードしており、泉田さんがどれだけ巻き返すかが焦点になっています」(同・記者)

 自民党元職の中川郁子氏(62)は2015年、同僚の自民党議員と不倫関係にあり、いわゆる“路チュー”を週刊新潮に撮影された。中川氏は北海道11区を地盤にしていたが、17年の総選挙で落選した。

滋賀3区は「風俗通い」候補

「11区の前職は立憲民主党の石川香織さん(37)で、夫は陸山会事件で有罪が確定した石川知裕さん(48)です。石川さんは小沢一郎さん(79)の秘書だったことでも知られていますが、17年の総選挙では公民権停止中だったため出馬できず、代わりに妻の香織さんが立候補して当選を果たしました。それ以来、香織さんは着実に有権者の支持を得ており、今回の情勢調査でも中川さんにリードしています。ちなみに中川さんは、財務大臣などを歴任し09年に急逝した夫の中川昭一さんの地盤を引き継いでいるため、北海道11区は“政治家の妻対決”と注目を集めています」(同・記者)

 デイリー新潮は4月14日、記事「コロナ緊急事態下で立憲・高井議員が『風俗店』通い 本人認める」を配信した。

 セクシーキャバクラに通っていたのが発覚したのは、立憲民主党の高井崇志氏(52)。これで同党を除籍となったため、今回はれいわ新選組から滋賀3区で立候補する。だが、有権者の支持は1割を切っている状況だ。

デイリー新潮取材班

2021年10月20日 掲載