日本維新の会に所属する海老沢由紀氏(48)。その肩書は大阪市議会議員、それに参院東京都選挙区支部長である。

 2012年に維新の政治塾に入塾した海老沢氏は、13年と17年の都議選に維新から出馬するも落選。19年の大阪市議選でようやく当選したものの、今年4月になって一転、参院選の東京選挙区から出馬すると発表したのだ。

大阪市での居住実態に関する疑惑が

 市議の任期をなげうって、候補者が乱立する東京選挙区に挑む海老沢氏。一時は“台風の目”などともてはやされた彼女だが、先日「フライデー」にある疑惑を報じられ、状況は一変した。

 全国紙記者によれば、

「彼女は大阪市議選に出馬する直前まで、夫や4人の子どもと都内で暮らしていました。市議選では候補者に“3カ月以上住所を有する者”と住所要件が定められていますが、都内在住の彼女には、大阪市での居住実態がないのではないか。そんな疑惑を暴露され、参院選で東京から出馬するのも、大阪在住という“偽装”を維持しきれなくなったからでは、とささやかれる始末です」

 海老沢氏はこの疑惑にHP上で反論。いわく、市議選のおよそ4カ月前に出馬要請を受け、

〈「念の為」と思いながらも、大阪市内にある実家に単身転居し、居住して準備を始めた〉

 結局この選挙区には他の候補が内定したが、

〈万が一に備えて大阪にとどまり準備を継続した〉

 念のため、あるいは万が一に備えて「準備を継続した」というだけなら、やはり居住の実態があったとは到底思えないのだが……。

片手運転の動画をアップしないようスタッフに指示

 東京の調布市で街宣を行っていた海老沢氏本人に改めて説明を求めると、

「選挙のためでも選挙のためじゃなかったとしても、引っ越しをして、生活しているわけですから、何か問題がありますか。私は東京に家族もいて、大阪から進んで出たいというわけではありませんでしたが、維新の都構想の実現という目的がありましたから!」

 居住実態について具体的な説明はついぞ聞かれず、

「法律が定める3カ月はクリアしている」

 そう繰り返し主張するばかりの海老沢氏。

 彼女に近い関係者は、

「なんというか、遵法精神がアンバランスなんですよ」

 と溜息をつく。

「彼女は参院選に出馬することが決まった後、東京を自転車で周回しながら街宣をするという活動をしていたんです。その模様をSNSに随時アップしていたのですが、撮った写真の中に彼女が手を振りながら自転車を片手で運転しているものがあった。それを見た彼女は、スタッフに“片手運転は道路交通法に違反しているからアップしないように”と指示したそうです」

 公選法違反の疑いへの十分な説明こそ大事だろうに、片手運転の露見のほうをむしろ恐れるその精神――。

「週刊新潮」2022年5月26日号 掲載