誰しも建前と本音が違うように、人間には表と裏の顔がある。沖縄出身だからとて、地元から好かれているかというと……。再選を期する今井絵理子氏(38)がなぜか地元から塩対応を受けている。そのワケとは。

 ***

 今井氏が構える都内の選対事務所には“あの男”が出入りしているともっぱらである。かつて、本誌(「週刊新潮」)に手つなぎ&ホテル不倫を報じられたハシケンこと、橋本健・元神戸市議(42)だ。

「今井さんの選挙を精力的に手伝っているようですね。かねて彼女の政治活動や事務所の方針についても、橋本さんがアドバイスというか、口出ししているといわれていましたから」(自民党関係者)

「沖縄で出馬するより比例の方が票はとれる」

 交際が発覚して5年。未だ再婚はせぬままだが、傍目には夫婦にしか見えない二人にとって、勝負の年である。間近に迫った参院選で今井氏は全国比例で出馬するも、この関係者によれば、

「今年は沖縄が本土に復帰して50年の節目です。沖縄選挙区も絶対に勝たないといけないと、一時は今井さんを擁立しようという動きが党内でありました。ところが、今井さんサイドは“沖縄で出馬するよりも比例の方が票はとれる”と、断ったと聞いています」

 沖縄出身ゆえ、地元のために粉骨砕身の姿勢で尽くしてもよさそうなものだが、そうはできない事情でもあったのだろうか。

「タバコを…」

 さらに、選挙の“人寄せパンダ”として、全国を飛び回る日々にもかかわらず、沖縄入りにはなぜか、及び腰だそう。

 沖縄県議が言う。

「今回の選挙で今井さんはほとんど沖縄に入らないと聞いていますよ。5月頭に徳之島で牛から落下して、骨盤骨折の重傷を負ったからでなく、けがする前からそういう方針だったとか」

 実際、さる県連幹部に聞くと、

「沖縄には1回入るか、入らないかくらいだそうです。いや、別に来るな、とは言っていませんよ。ご本人は“来たい”とおっしゃっているようなので、来るものは拒めませんからね。来てくれれば嬉しいですし。嫌われているのかって? 嫌われているというか普通ですよ」

 と、なぜか奥歯にモノが挟まったかのようなご説明。

 その謎を県連関係者が解き明かす。

「今井さんは必ずしも沖縄県連で好かれてはいないんですよ。橋本さんとの不倫の一件で印象を悪くしたし、その後も来県すると態度が悪いと評判なんです。昨年の衆院選で応援演説に来た際は、演説の合間に市民から見える場所でタバコを吸っていて、県議に“隠れて吸いなさいよ”と注意されていました。彼女はその場で火を消したものの、ムスッとした顔をしていて、県連の中では“マナーが悪い”と言われているのです」

「週刊新潮」2022年6月23日号 掲載