「私もまだ67歳。若いんです!」

 安倍晋三元総理がひと際声を張り上げた。6月12日、大阪市内。参院選で改選を迎える松川るい氏の決起大会でのことだが、応援演説にもかかわらず、自身をアピールしたのにはワケがある。

 3週間前の5月21日にも安倍氏は大阪を訪れていたが、奇しくも同じ日、岸田文雄総理も大阪にいた。安倍氏は自身が率いる清和研所属の谷川とむ代議士のパーティーに参席。一方の岸田総理は、昨年の総選挙で自民党が全19選挙区で総崩れとなった大阪で、比例復活もかなわず落選となった11人の前議員らが設立した「挑戦(チャレンジャー)の会」の設立総会に招かれていた。

 この会の代表を務める中山泰秀元外務副大臣は安倍氏の側近として有名で、岸田派の竹本直一元IT担当相を岳父に持ちながら清和研に加入した、加納陽之助氏もメンバーだ。

「だからこそ、安倍さんは挑戦の会に自身でなく、岸田さんが招かれたことにご立腹でした。最大派閥の長たる自分を蔑ろにするとは、ということですね」(自民党大阪府連関係者)

安倍氏に対するわだかまり

 安倍氏が気分を害するのも分からぬではない。が、この関係者は弁明しきり。

「安倍さんを軽んじたわけではありません。目前の参院選を無事にやり過ごせば、総選挙も参院選もない“黄金の3年間”が到来します。ただ、その間に岸田総理が解散を打てば、候補者の公認権は党総裁を兼ねる岸田さんが握るわけです。清和研の前議員らも岸田さんの不興を買うわけにいかず、非清和研の元議員らも“ここは総理を呼ぶのが筋”と言って譲らなかった」

 とはいえ、府連にはいまも安倍氏に対して微妙なわだかまりが残っている、と語るのは別の関係者だ。

「先の総選挙で、大阪は過去に経験したことのない苦戦を強いられた。その理由は安倍さんや菅さんが国会対策などを理由に日本維新の会と蜜月関係を築き、台頭を許したからだという思いがあるんですよ」

岸田総理へのライバル意識

 さらには、最近の安倍氏の言動にも危機感を募らせていると吐露する。

「いまも岸田さんを牽制する発言を繰り返していますよね。政権が掲げる『新しい資本主義』に“意味が分からないよね”と周囲に聞こえよがしに言ってみたり、米軍との核共有構想や核武装に向けた議論の提起を唱えたり。最近も円安対応を巡って“日銀は政府の子会社だ”なんて発言し、官邸を困惑させているでしょ」

 これらは最大派閥を率いながら、現政権で存在感を発揮できないことへのいら立ちや焦りと解されている。

「必勝を期する大切な場なのに、安倍さんを招いて主賓の岸田さんを尻目に、不用意なことを口にされたら困っちゃいますからね」

 冒頭の安倍氏のエネルギッシュな訴えは「岸田、何するものぞ」という強いライバル意識の表れなのか。が、閣僚経験者は苦笑い。

「清和研所属の松川さんも、いかに安倍さんが親分とはいえ、岸田総理との鞘当てはよそでやってほしいって思ってるんじゃないかな」

 自民党には「派閥は100人で割れる」との言葉が伝わる。清和研は現在94人――。

「週刊新潮」2022年7月7日号 掲載