8月10日に行われる内閣改造人事の調整が大詰めを迎えるなか、自民党内で「処遇」に注目が集まる大物議員が2人いる。木原誠二・官房副長官と甘利明・前幹事長だ。党内からは「旧統一教会問題よりも2人の存在こそ、岸田政権の火薬庫になりかねない」との声すら上がっているのだが……。

 ***

 岸田文雄首相は6日、新しく入閣する閣僚と現閣僚などについて、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を点検させる考えを表明。その上で、閣僚については「半分以上が交代」する大幅改造になる見通しだ。

「旧統一教会と自民党議員との繋がりが次々と明らかになり、内閣支持率が急落したことに強い危機感を覚えた岸田首相にとって、今回の改造人事は同協会と関係の深い議員を“一掃”する機会でもある。新内閣は旧統一教会と接点がないか、もしくは関係を見直した“クリーン”な議員で固める意向で、これによって一連の問題に幕を引きたい考えです」(全国紙政治部デスク)

 すでに党役員では麻生太郎副総裁と茂木敏充幹事長の留任が内定。閣僚では松野博一官房長官に林芳正外相、鈴木俊一財務相などの続投が固まっている。

「改造後も安定した政権運営を目指すため、岸田首相は内閣の要となるポストには手を加えない方針です。そのため首相が信頼を寄せる“最側近”の木原誠二官房副長官も留任する方向です」(同)

 しかし党内では「木原続投」を危ぶむ声が日に日に強まっているという。

“ガーシー”にロックオンされた木原氏

 岸田首相が内閣改造の意向を表明した5日夜、出版社「幻冬舎」社長の見城徹氏が自身のSNSに書き込んだ“暴露”が波紋を広げている。

〈本当にガーシーという人が言っている通りだ。こんな人(木原氏)が政権の中枢に居るなら、もう日本は終わる〉

 7月の参院選で初当選を果たし、参院議員となった“ガーシー”こと東谷義和氏は選挙前、木原氏のスキャンダルを自身のユーチューブチャンネルで暴露。内容は昨年12月、楽天グループ会長の三木谷浩史氏が経営する店で開催されたパーティーに木原氏も参加していたというものだ。

「パーティーには約20人の外国人モデルらが呼ばれ、ドンチャン騒ぎが繰り広げられたといいます。木原氏は午前3時頃まで滞在し、泥酔した挙げ句に携帯電話を紛失して大騒ぎになった顛末が明かされました」(スポーツ紙記者)

 東谷氏が指摘しているように、同パーティーが開かれたのは「週刊新潮」(2021年12月23日号)が木原氏の「愛人」と「隠し子」疑惑について報じた直後に当たる。

「ガーシーは今後も木原氏を“徹底的に暴露する”と宣言しており、木原氏の“女遊び”などに関するネタも揃っているという。国会議員となったガーシーの“口撃”は重みが増しており、すでに彼のユーチューブはBAN(チャンネル停止)されているとはいえ、有料サロンなどで暴露されれば影響は無視できない。木原氏の醜聞は、普通なら旧統一教会問題以上に“身体検査”で引っ掛かるはずだが、岸田氏は“木原がいないと政権が立ち行かない”と周囲に話し、この問題をスルーする意向だ」(自民党関係者)

 党内からも首相の危機管理能力に疑問を呈する声が上がり始めているという。

甘利氏と安倍派の軋轢

 人事の刷新で旧統一教会と政治をめぐる問題にフタをしようと目論む岸田首相だが、その強引な手法がすでに党内にひずみを生んでもいる。

「自民党内で旧統一教会と繋がりが深いのは安倍派(清和会)所属の議員が大半を占め、今回の人事は実質、安倍派を“排除”する方向に進んでいる。そのため、安倍派議員からは“我々をスケープゴートにして批判をかわすつもりか”と怨嗟の声が上がり始めている」(同)

 その安倍派との軋轢を決定的な“亀裂”へと変化させかねないのが甘利前幹事長の動向という。甘利氏といえば、自身のメールマガジンで、安倍派について「誰一人、力もカリスマ性もない」とコキ下ろしたことで安倍派議員が猛反発。さらに安倍元首相の追悼演説を「甘利氏が行う」方針が発表されると与野党挙げて反対の声が上がり、方針撤回へと追い込まれた経緯がある。

「その甘利氏を一時、党4役のいずれかに起用する案が浮上したものの、岸田首相が引っ込めたとの話があります。“麻生派大幹部”の甘利氏を無碍にはできないが、幹事長まで務めた甘利氏に適したポストは容易に見つからない。甘利氏の処遇は対応を誤れば党を分裂させかねないため、岸田首相も頭を悩ませたとされる。状況を察知した甘利氏は7日に首相官邸を訪れた際、“子飼い”の山際大志郎・経済再生担当大臣の続投を要望。政権への影響力確保の道を残し、首相に“恩を売る”ことで自ら身を退いたとも伝えられます」(前出・デスク)

 改造後も難題山積――岸田首相の手腕が試される。

デイリー新潮編集部