毎日新聞(電子版)は10月3日、「岸田文雄氏長男が首相秘書官に 『人事活性化と連携強化のため』」の記事を配信した。“縁故採用”の理由を《人事活性化》と説明したことで、有権者の不評を買っているようだ。

 ***

 あっという間に“渦中の人”となったのは、政務担当の首相秘書官に就任した岸田文雄首相(65)の長男・翔太郎氏(31)だ。担当記者が言う。

「翔太郎さんは広島市の私立・修道高校から慶応大学法学部に進学。卒業後は三井物産に入社し、2020年3月に岸田事務所へ入所しました。公設秘書として父親の外遊に同行するなどしています。ちなみに、毎日新聞の記事はYAHOO!ニュースにも転載され、10月4日現在、1万2000を超えるコメントが投稿されました。その大半が翔太郎さんの起用を批判する内容です」

 有権者が怒っているのは、この人事が世襲を前提としていることが明白だからだ。岸田首相の地元は広島県。ブロック紙の中国新聞も10月4日の記事(註)で以下のように伝えた。

《衆院広島1区を地盤とする首相の後継者として政治経験を積ませる狙いもあるとみられる》

 岸田家の歴史を見ると、政治家という地位の“世襲”が延々と繰り返されてきたことが分かる。

【1】岸田正記(1895〜1961)
 京都帝大法学部卒。1928(昭和3)年の衆院選で初当選。1945(昭和20)年まで連続6回の当選。戦後は公職追放となるが、解除後の1953(昭和28)年に衆議院議員に返り咲いた。

【2】岸田文武(1926〜1992)
 東京大学法学部卒。商工省(現・経済産業省)に入省。1979(昭和54)年の衆院選で初当選すると、1992(平成4)年まで連続5回の当選。自民党経理局長のポストを長く務めたことでも知られる。

秘書官の重要性

 そして3代目が岸田首相だ。

【3】岸田文雄
 早稲田大学法学部卒。日本長期信用銀行(現・新生銀行)に入行。1987(昭和62)年に退行し、父・文武の秘書となる。1993(平成5)年の衆院選で初当選すると、現在まで10回の連続当選を果たした。

 もし翔太郎氏が広島1区から衆院選に出馬して当選すれば、4代目ということになる。北朝鮮の最高指導者・金正恩(キム・ジョンウン)でさえ3代目だ。当然ながらTwitterも批判の投稿で埋め尽くされた。

《自分の子供を引き入れることが、なんで「人事活性化」になるのか意味不明。公私混同縁故主義もはなはだしい》

《こうして国民の気持ちのわからない世襲議員が増殖してきたわけですね》

《人事活性化なら利害関係のない有能な方々を選んで連携強化ができると思う》

 首相を間近で支える首相秘書官の職務がどれほど重要かは、その顔ぶれを振り返れば一目瞭然だ。

 例えば小泉純一郎氏(80)の場合なら、初当選時から秘書を務め「官邸のラスプーチン」との異名を取った飯島勲氏(76)だった。

 安倍晋三氏(1954〜2022)なら、経済産業省のエリート官僚だった今井尚哉氏(64)が辣腕を振るった。

“縁故入社”の現実

 岸田首相の場合は、今井氏と同じく経産省のエリート官僚で、退官後は富士フイルムホールディングスの取締役を務めるなど民間での経験も豊富な嶋田隆氏(62)──という具合だ。

「翔太郎さんは本来なら、嶋田さんをサポートし、中央省庁から派遣された事務秘書官と密接な連携を取ることが求められています。とはいえ、31歳の若さです。率直に言って、社会人としての経験も充分だとは言えず、本当に政務秘書官が務まるのか疑問視されています」(同・記者)

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は、「過去にも様々な政権で、こうした“縁故採用”が行われてきました」と言う。

「結局は将来の世襲を見込んだ、箔を付けるための人事です。有権者から厳しく批判されても仕方ありません。ごく稀に『身内しか信用できる人間はいない』と判断して起用した政治家もいましたが、それほどの緊張感のある政治状況は滅多に起こりません」

 翔太郎氏が秘書官のイニシアティブを取り、国政に有益なアドバイスを父親に行う──常識的に考えれば、そんなことが可能だとは考えづらい。周囲の秘書官やエリート官僚にとって、翔太郎氏は文字通り“お客さま”だ。

タイミングの謎

「どんなエリート官僚でも、翔太郎さんと会えば平身低頭で、何でも言うことを聞くでしょう。しかし、国政の実務を仕切らせることだけはさせないはずです。それどころか、内心では馬鹿にしている可能性だってあるでしょう。岸田首相も、そんな“面従腹背”が起こる可能性は百も承知だと思います」(同・伊藤氏)

 箔を付けるために身内を首相秘書官にねじ込むケースは珍しくも何ともない。前出の中国新聞の記事でも、

《宮沢喜一内閣でおいの洋一氏(現自民党税調会長)が、福田康夫内閣で長男の達夫氏(現自民党筆頭副幹事長)が、それぞれ政務担当を務めた例がある》

と指摘している通りだ。

 伊藤氏は「私にとって理解不能なのは、なぜこのタイミングで起用を発表したのかという点です」と言う。

 岸田政権は支持率の低下に苦しんでいる。10月3日に招集された臨時国会では、安倍元首相の国葬や、統一教会と自民党の癒着に関し、野党側から厳しい質問が飛ぶのは間違いない。

 なぜ逆風が吹き荒れている時期に、長男の起用を発表したのか──?

「翔太郎さんの秘書官就任を1〜2カ月遅らせても、何の問題もないでしょう。それでも岸田さんは起用に踏み切った。合理的な説明が成り立つとすれば、岸田さんは最近、打つ手、打つ手が失敗ばかりで周囲を信じられなくなり、精神的に追い詰められていた。そこで“精神安定剤”として、可愛い長男を手元に置いた──これくらいではないでしょうか」(同・伊藤氏)

「なりたい総理」

 伊藤氏によると、歴代首相は「なったら総理」と「なりたい総理」の2種類に分類できるという。

「『なったら総理』は日々『総理になったら、こんな政策を実行する』と考えている政治家です。代表的な人物は中曽根康弘さん(1918〜2019)でしょう。中曽根さんは初当選を果たした日から『自分が総理になったら、こんな政策を実行してみせる』と考え、大学ノートにメモを取り続けました」

 安倍元首相も「なったら総理」の1人に挙げられるという。

「毀誉褒貶の激しい政治家だったとはいえ、安倍さんなりに明確なビジョンを持っていたことは間違いありません。『総理になったら、こんな日本にする』というイメージを持っていましたし、その実現に奔走しました」(同・伊藤氏)

 一方、「なりたい総理」の代表例は菅直人氏(75)だという。こちらは「総理になりたい」だけで終わってしまった政治家だ。

「菅さんは『いかにして権力を奪取するか』を、毎日のように考えているように見えました。自分が総理になることもイメージしていたでしょう。しかし、実際に総理の座に就くと、やりたいことは何もなかった。目標と手段の混同というか、一種の“燃え尽き症候群”の傾向は、岸田さんにも見出せると思います」(同・伊藤氏)

決断に反発

 話題になった“岸田ノート”は、前に触れた“中曽根ノート”に触発された可能性がある。しかし、岸田首相に明確な政策ビジョンを感じた有権者は少数派だろう。

「有権者が当初、岸田さんを支持したのは、ソフトな佇まいに好感を持ち、バランスの取れた政治家という印象を持ったからでしょう。安倍さんによって分裂してしまった有権者を、再び統合してくれるという期待もあったはずです。そのため、岸田さんが何もしなかった時はイメージが保たれ、高い政権支持率を維持していました」(同・伊藤氏)

 自民党の総裁選でも、多くの議員にとって“岸田総裁”は都合が良かった。自民党を抜本的に改革する姿勢に乏しく、自分たちの地位が安泰に思えたからだという。

「ところが皮肉なことに、岸田さんが国葬や原発再稼働といった果敢な決断に踏み切ると、有権者が持っていたイメージが壊れてしまい、不支持に転じるようになったのです。結局、岸田さんは、政治家として修羅場をくぐった経験を持っていません。首相の座に就いたのも、菅義偉さん(73)が政権維持を諦めざるを得なかったからで、一種の“棚ぼた”です。政治家として修羅場の経験が浅いことが、躓きの原因だと思います」(同・伊藤氏)

政治の劣化

 なぜ岸田首相は政治家として修羅場を経験できなかったのか、それは乳母日傘で育てられた世襲議員だからだという。

「政治家という言葉には『家』がついています。これは音楽家、作家、画家という言葉からも分かる通り、『本人の並外れた情熱で実現する地位で、基本的に一代限り』という含意が汲み取れるはずです。ところが、日本の政治は気がつくと、『屋号』を持つ老舗のように、世襲が常態化してしまいました」(同・伊藤氏)

 岸田家は、まさに政治が“家業”になってしまった典型例だろう。一部の老舗によく見られるように、「多少のボンクラが跡を継いでも、周りの番頭がしっかりしているから大丈夫」というわけだ。

「それでもビジネスの世界は、シビアな競争が日常的に行われています。トップが世襲であれ叩き上げであれ、実績を出さなければいつかは辞めるしかありません。ビジネスの世界で世襲の失敗例が多いのはそのためだと思います。一方、能力や実績を問われることが少ない日本の世襲政治家は、その大半が戦っていないということなのでしょう」(同・伊藤氏)

 一代限りの「家」ではなく、世襲が可能な「屋」である──これが日本における政治家の悪しき現状、と伊藤氏は指摘する。

「『家』ではなく『屋』なのですから、まさに政治家ではなく政治屋に過ぎません。広島の有権者が岸田さんを選んでいる以上、我々は何も言えないというところはあります。とはいえ、日本の政治が劣化している原因の一つに、世襲の問題があるのは間違いないでしょう」(同・伊藤氏)

註:首相秘書官に長男起用へ 岸田首相(中国新聞・2022年10月4日)

デイリー新潮編集部