現場の強い意向

 フリー・エージェント(FA)権を行使した選手の去就が決まり始め、佳境を迎えつつある今年のプロ野球の「ストーブリーグ」。そんな中で、ファンだけはなく、解説者も驚く“電撃トレード”が明らかになった。11月24日、日本ハムの吉田輝星と、オリックスの黒木優太による1対1の交換トレードが両球団から発表されたのだ。【西尾典文/野球ライター】

 これまでの通算成績を見ると、吉田は64試合の登板で3勝9敗5ホールド、防御率6.23、黒木は133試合の登板で10勝11敗3セーブ47ホールド、防御率4.37となっている。実績は、黒木が明らかに上である。

 だが、吉田は2018年にドラフト1位で入団しており、今年で22歳とまだまだ若く、高校時代の甲子園での華々しい活躍もあって、将来のエース候補として期待が高かった。そもそも高卒のドラフト1位選手が、この若さで移籍するというのが異例だ。吉田の“育成”を放棄してしまったと言っても過言ではない。一方、交換要員の黒木は、今年大きく成績(12試合1勝5敗、防御率6.58)を落としていることから、ファンの間では、今回のトレードに対する疑問の声も少なくない。

 トレードの理由として考えられるのが、現場の強い意向だ。就任2年目となった新庄剛志監督はシーズン前に「日本一しか目指さない」と宣言していたが、終わってみれば2年連続の最下位に沈んでいる。ただ、続投が決まった後の会見では、来年も同じような成績であればユニフォームを脱ぐ覚悟と話しており、来季、すぐに戦力となる選手の獲得を要望していた可能性は高い。

多くの「ドラフト上位指名組」が主力になれない

 このオフ、日本ハムは、オリックスをFAとなった左腕の山崎福也を獲得したものの、エースの上沢直之はメジャー挑戦を目指して退団見込みとなっており、そのマイナス分を埋めたに過ぎない。

 今年のドラフト会議では、支配下で指名した投手は、1位の細野晴希(東洋大)だけだった。ただ、細野は調子の波が大きく、即戦力ではなく“2年目以降の戦力”と見られている。こうした事情があって、将来のエース候補、吉田を放出し、即戦力となりうる黒木を獲得するトレードに踏み切ったと言えそうだ。

 しかしながら、今回のトレードやここ数年の日本ハムを見ていると、筆者は、チームの重要方針と言われている“スカウティングと育成”が機能していないのではないかと感じる。

 過去10年にドラフト1位、2位の上位指名で獲得した選手で、今シーズンチームの主力として十分な働きを見せたのは、加藤貴之(15年2位)、河野竜生(19年1位)、伊藤大海(20年1位)の3人しかいない。

 野手陣では、清宮幸太郎(17年1位)と野村佑希(18年2位)に開花の兆しがあり、下位で指名した万波中正(18年4位)がブレイクしたことは、プラス材料だ。とはいえ、ダルビッシュ有(04年1巡目)をはじめ、陽岱鋼(05年高校生ドラフト1巡目)や八木 智哉(05年希望枠)、吉川光夫(06年高校生ドラフト1巡目)、中田翔(07年高校生ドラフト1巡目)、大野奨太(08年1位)、西川遥輝(10年2位)、松本剛(11年2位)、大谷翔平(12年1位)らが主力となった2000年代前半から2010年代前半と比べると、“当たり”の選手が減っている。

栗山氏「フロント入り」は吉か凶か

 そして、もうひとつ気になる点が、わずかな在籍期間で球団を去る選手が多いところだ。これまでも結果を残した選手は、積極的にポスティングでのメジャー挑戦やFA移籍を促してきたという部分はあったが、近年は結果を残せずに退団となる選手が目立っている。

 2016年に指名した選手では、3位の高良一輝と4位の森山恵佑がともに、3年でユニフォームを脱いだ(※高良は一軍登板なし、森山は一軍で通算5試合出場)。2019年には支配下で7人、育成で3人を指名したが、既に8人が自由契約、もしくは引退となっている(6位の梅林優貴は今オフに自由契約となり育成再契約)。

 また、岡大海(13年3位)と西村天裕(17年2位)は、トレード先のロッテで重要な戦力となっており、逆に獲得した選手は日本ハムで目立った活躍を見せていない。このあたりも、スカウティングと戦力の見極めが上手く機能していないと言えそうだ。

 昨年のドラフトでは、新庄監督から「わがままを言って即戦力の選手を獲得してもらった」という発言の通り、3位という高い順位で、メジャーでのプレー経験がある加藤豪将を指名したが、怪我の影響で期待通りの活躍を見せることはできなかった。また、6位で入団した社会人4年目の宮内春輝は、即戦力として大きな期待を寄せられたものの、15試合に登板して防御率6.48と低迷してしまった。さらに、秋季キャンプでは、左膝の怪我を負ってしまい、11月19日に育成契約へ切り替わっている。

 日本ハムは、低迷から脱出するために、稲葉篤紀ゼネラルマネージャー(GM)が二軍監督に配置転換となったほか、一昨年まで監督を務めた栗山英樹氏が編成トップの役職に就くことが発表されている。これらの発表後、最初の大きなニュースが、吉田と黒木のトレードであるところに、日本ハムの先行きに大きな不安が感じられる。

 栗山氏は、監督として日本ハムと侍ジャパンで結果を残したが、中日で監督とGMを務めた落合博満氏の例を見てもわかるように、優秀な監督が編成トップとしても結果を残せるとは限らない。華々しく開場した新球場「エスコンフィールド北海道」に歓喜の瞬間が訪れる日は、果たしていつのことになるのだろうか。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部