遠のく夢

 相手の攻撃を倍返しするような強烈なカウンター「美誠パンチ」は、伊藤美誠(23)の代名詞だった。だが、その美誠パンチが最近、影を潜めている。相手が研究し、対策を講じているのか、それとも、美誠パンチそのものの威力が衰えてきたのか――。いずれにせよ、伊藤らしさがなくなり、パリ五輪代表の座すら危うい状況に追い込まれている。

 伊藤は2021年の東京五輪の混合ダブルスで金メダルを獲得。団体戦とシングルスでもそれぞれ銀メダル、銅メダルを獲得するなど、日本女子のエースとして君臨し、日本卓球界の悲願である「打倒中国」の最右翼と目されてきた。日本女王にも3度輝き、世界ランクは最高2位。そんな伊藤を卓球王国・中国は「大魔王」と呼んで、警戒していた。

 ところが、2023年のアジア大会で代表落ちし、パリ五輪の日本代表の選考レースでも現在3位に甘んじるなど、ここ最近の伊藤は明らかに精彩を欠いている。選考レースでは上位2名が五輪のシングルスに出場できるため、このままいけば五輪のメイン種目であるシングルスに出場できない可能性すらある。五輪では団体戦用にもう1名が、日本卓球協会の推薦という形で選ばれるが、それでは若い頃からの伊藤の夢である“シングルスでの五輪チャンピオン”が遠のいてしまう。

燃え尽き症候群

 なぜ、伊藤の調子は上がらないのか。卓球担当記者が解説する。

「スポーツ界の習わしですが、急上昇してきた選手や上位に君臨する選手に対して、他の選手は徹底的に研究を重ねて対策を練り上げ、何とか勝とうと必死に努力します。今の伊藤は研究し尽くされ、袋小路に追い詰められている状況です。具体的には、ピッチの速さが特徴の伊藤のプレーに対し、相手選手は意図的に緩いボールを混ぜている。伊藤はタイミングを狂わされて、本来のプレーを見失っています。そのせいで美誠パンチも出せなくなっている。自分のリズムが壊されてしまったのです」

 もう一つ、メンタル面の不調を日本卓球関係者が指摘する。

「東京五輪の混合ダブルスで金メダルを獲得し、燃え尽き症候群に陥ってしまったことが考えられます。東京五輪は1年延期されて開催されたため、次のパリ五輪までは3年しか時間がない。モチベーションが下がった状態で、もう1度気持ちを立て直す間がないまま選考会や国内の大会、海外遠征と、過密なスケジュールをこなさざるを得ないことも精彩を欠いている要因かもしれません」

ママ、大丈夫よ

 加えて、伊藤には臀部・腰部の故障もあり、現在も心身ともに万全というにはほど遠い状態という。

 現在、五輪の代表の座を巡る選考レースは、早田ひなが大差をつけてトップを独走しており、ほぼ代表“当確”。2位の平野美宇と3位・伊藤は、僅差でシングルスの代表権を争っている。残る選考会は、2024年1月の全日本選手権のみ。伊藤にとってはかなり厳しい戦いが続くが、そこで雌雄は決する。一方、その2人の争いに割って入ってくるのが15歳の張本美和だ。11月の選考会を兼ねた全農カップで伊藤を下し、決勝では現在の女王・早田にも勝利して初優勝を果たした。反対に、伊藤はこの大会1日目に張本戦を含め2連敗。2日目にも平野とのライバル対決に敗れ、7位という納得できない結果に終わった。五輪代表の3枠めは日本卓球協会の推薦による。全日本の戦いぶりにもよるが、将来性を見込んで張本が3位の伊藤に替わり選出されるとなると、伊藤は五輪の団体戦にも出場できない可能性もあるのだ。

 卓球選手だった母の指導を受け、幼いころから頭角を現した伊藤は、同学年の平野美宇、早田ひなとともに黄金世代と呼ばれ活躍してきた。まだ10代だったある年、国際大会で優勝を果たした伊藤。母はその金メダルを楽しみに帰国を待っていたが、娘はそれをどこかに忘れて帰ってきた。落胆する母に伊藤はこう告げたという。

「ママ、大丈夫よ。五輪で金メダルを獲ってママに掛けてあげるから」

親子鷹

 静岡県磐田市にある伊藤家のダイニングキッチンには卓球台が置かれ、ここで伊藤の礎が築かれていった。トイレに入ると、前の試合でよかった点や反省点、今後の課題などが、母の字で記されている。伊藤は、「いまの自分があるのは母のお陰」と感謝の念を忘れていない。まさに親子鷹なのだ。

 伊藤の母は、伊藤美誠が6歳のころこんな手紙を娘にあてて書いている。

<オリンピックに にほんだいひょうででようね!!>

 これに対し伊藤は、「オリンピックに出て優勝したい」というタイトルの作文を書いた。幼いころから母娘で目指してきた五輪の金メダル。果たして伊藤は、代表権を獲得してそのスタートラインに立つことができるだろうか。絶体絶命の現状を覆し、パリ五輪出場、そしてメダル獲得という起死回生の必殺カウンター「美誠パンチ」は炸裂するだろうか。

ノンフィクションライター 青柳雄介

デイリー新潮編集部