チーム防御率はリーグ最下位

 現在、低迷しているプロ野球チームといえば、セ・リーグは中日、パ・リーグでは日本ハムになる。ともに2年連続最下位に沈み、かつての強さは見る影もなくなっている。しかし、それ以上に、“危険な状況”に追い込まれつつある球団がある。それは、楽天だ。過去5年の成績を見ると、3位が2回、4位が3回と常にAクラス争いを演じる一方で、暗黒期に突入しかねない危険性が出ている。【西尾典文/野球ライター】

 まず、大きな課題は、投手陣である。今年のチーム防御率は、3.52で、リーグ最下位となった。先発投手を投球イニング数が多い順に並べると、則本昂大(32歳)、田中将大(35歳)、岸孝之(38歳)となっており、ベテランへの“依存度”が高いかがよく分かる(※年齢=2023年シーズン中の年齢)。

 若手投手に目を転じると、今年は、大卒ルーキーの荘司康誠が19試合に登板して5勝3敗、同じく大卒ルーキーの渡辺翔太が51試合に登板して8勝3敗1セーブ25ホールドをそれぞれマークした。また、高卒3年目の内星龍は、53試合に登板し、4勝2敗7ホールド、防御率2.28とフル回転の活躍を見せている。

 とはいえ、一軍で戦力となった24歳以下の若手は、彼らしか見当たらない。二軍にはブレイクが期待できそうな選手も少なく、世代交代が進んでいない。

「絶対的なクローザー」のメジャー移籍

 こうした厳しい状況に、“絶対的なクローザー”松井裕樹のメジャー移籍が追い打ちをかけそうだ。松井は、抑えに定着した2015年以降の9年間で、30セーブ以上を6度記録している。今年も59試合に登板し、2勝3敗、39セーブ、8ホールド、防御率1.57という見事な成績を残し、自身3度目となる最多セーブのタイトルを受賞した。

 松井に代わるクローザーとしては、現時点で前出の渡辺が候補に挙がっている。とはいっても、抑えとして未知数な部分が多いうえ、渡辺が抜ける中継ぎ陣にしわ寄せが行くことは間違いない。それに加えて、今年57試合に登板した安楽智大は、チームメイトへの“パワハラ問題”が浮上し、自由契約になった。松井のみならず、安楽までいなくなると、楽天のブルペンは一気に崩壊すると言っても過言ではない。

 一方、野手陣の戦力も不十分だ。今年のチーム得点数はリーグ2位、チーム打率はリーグ3位と悪くない。ただ、中心選手の顔ぶれを見てみると、浅村栄斗をはじめ、岡島豪郎や島内宏明、鈴木大地、阿部寿樹が、いずれも33歳を超えており、投手陣と同様にベテランへの“依存度”は非常に高くなっている。浅村以外の4人は、シーズンを通しての活躍が難しくなっており、来年はさらに成績を落とす可能性が高い。

 今年は、外野手の小郷裕哉と、ショートで頭角を現した村林一輝といった中堅選手が大きく成績を伸ばした点はプラス材料だ。だが、他の選手を見渡しても、小深田大翔や辰己涼介、山崎剛はいずれも20代後半のチャンスメーカータイプばかり。強打者タイプで、一軍の戦力になった若手選手は、捕手の安田悠馬ぐらいだ。

 選手の特性に合わせて、機動力を生かした攻撃で得点する野球ができているとはいえ、安定して長打と打点を稼げる選手が浅村だけで、それに続くような主軸を担える若手選手が出てこない。

観客動員数は12球団ワースト

 ならば、投手も野手も、新外国人選手で戦力を補強したいところだ。しかしながら、楽天は、外国人の補強戦略にも、多く課題を抱えている。過去5年間を振り返ると、中心選手として機能した外国人選手は、リリーフの宋家豪とブセニッツ、外野手のブラッシュとロメロのみ。宋以外は既に退団している。

 特に、野手は苦戦が目立つ。過去3年間で、規定打席に到達した外国人選手は1人もいなかった。これは楽天だけに限ったことではなく、どの球団も外国人の不振に苦しんでいる。こうした点を踏まえても、来季に向けて、楽天が“助っ人”に過剰な期待をかけることは、リスクが大きい。

 ここまで、チームの厳しい現状を見てきたが、問題はこれだけに留まらない。球団と親会社の経営にも課題が残されている。今年からコロナ禍で禁止されていた「声出し応援」が解禁となり、どの球団も観客動員数が戻りつつあるにもかかわらず、楽天の観客動員数は12球団でワーストに甘んじた。

 楽天グループは、楽天モバイル事業の収益化が遅れ、2022年12月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が3728億円の赤字だった。赤字幅は過去最大だ。今年は、昨年に比べると赤字幅が改善しているとはいえ、2023年1〜9月期連結決算は、最終損益が2084億円の赤字(前年同期は2625億円の赤字)となった。

 楽天本体の不振は、球団の経営に影響しているとみられる。10月17日に就任した今江敏晃新監督の推定年俸は4000万円と、他球団の監督と比べてかなり低く、野球ファンの間で話題となった。石井一久GM(※来季からシニアディレクター)時代は、他球団で実績がある選手をかき集めて、チームの強化を図っていたが、今では、従来のやり方が難しくなった。

「緊縮財政」下での立て直し

 在京スポーツ紙の記者は、楽天の現状について、以下のように話す。

「楽天本体の経営が苦しいことは明らかですから、球団を買い取りたい企業があるという噂です。ただ、(楽天グループが)毎月100億円単位で赤字が出ている現状を考えると、球団を売却してもほとんど穴埋めにはなりません。12球団しかないプロ野球チームを持っている価値を、三木谷(浩史)オーナーもよく分かっていると思いますので、すぐに球団売却ということはないでしょう。ただ、球団としても親会社の経営が苦しいことで、あらゆる面で影響が出てくることは間違いない。“緊縮財政”の中でチームを立て直すのは簡単ではないでしょう」

 本記事の前半で言及した松井のメジャー移籍についてだが、ポスティングシステムであれば、球団に譲渡金が入るが、今回は、松井が海外フリー・エージェント(FA)権を行使したもの。球団に譲渡金が入らない。これも大きな痛手だ。

 2013年に球団創設以来初となるリーグ優勝、日本一を達成して、はや10年。ここまで列挙した危機的な状況を、楽天球団は、どのようにして乗り越えることができるのだろうか。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部