ダントツの優勝候補だったのに

 2011年から2020年までの10年間で7度の日本一と圧倒的な強さを誇ったソフトバンクだが、それ以降の3年間はオリックスの後塵を拝する結果となっている。特に昨年オフは近藤健介をはじめ、有原航平やオスナ、ガンケル、嶺井博希らの大型補強を敢行し、ダントツの優勝候補と評判だったものの、最終的にはオリックスに15.5ゲームの大差をつけられての3位に終わった。【西尾典文/野球ライター】

 今年のオフもパ・リーグの覇権を取り戻すべく、さらなる大型補強に乗り出すと見られていたが、ここまでは例年と比べて、補強が上手く進んでいない。高橋礼と泉圭輔を交換要員に、巨人からウォーカーを獲得したが、そこまで強いインパクトがある補強とはいえない(移籍に関する情報は12月6日時点)。

 ウォーカーは、来日1年目の昨年は打率.271、23本塁打、52打点とまずまずの成績を残したものの、7月以降は極度な不振に陥った。2年目の今年は、外国人枠の関係もあったが、57試合の出場で打率.263、6本塁打、20打点と大きく成績を落としており、二軍でも目立った活躍を見せることはできなかった。

 来年で33歳という年齢や、守備の不安もあり、ここから大きく成績を伸ばすとは考えづらい。むしろ、二軍で抜群の結果を残していた高橋、年齢的にまだ若い泉を獲得できた巨人の方が、プラスが大きいという意見も多い。

“最優先事項”といえる補強に失敗

 そして、大きな誤算は、オリックスをフリー・エージェント(FA)となった山崎福也の獲得に失敗したことだ。残留交渉を行っていたオリックスを含めて6球団の大争奪戦となり、条件面ではソフトバンクが圧倒的に有利と見られていた。だが、最終的に山崎が選んだ球団は日本ハムだった。山崎の決断が、ソフトバンクに与えた衝撃は大きかったという。

「昨年の近藤(健介)も一時は他球団が有利と見られていましたが、最終的には条件面で大きく上回るソフトバンクに入団しているため、山崎も獲得できると思っていた関係者は多かったようです。それが蓋を開けてみれば、山崎は、同じパ・リーグの日本ハムを選んだ。ソフトバンクにとっては、“二重の痛手”だったと言えるでしょう。今後は山崎に限らず、金銭よりも自分がいかに必要とされているか、また活躍しやすい環境かどうかということを重視する選手が増えているように思います。昨年オフに、好条件で入団した嶺井(博希)の出番(今年のスタメン出場はわずかに9試合)が極めて少なかったということも、影響したかもしれませんね」(在京スポーツ紙記者)

 ソフトバンクの投手陣を見てみると、規定投球回数に到達した選手は1人もおらず、左投手で最多の8勝をマークした和田毅は、来年で43歳という大ベテランである。チーム事情を考えると、山崎は喉から手が出るほど欲しかった投手であり、山崎に提示した条件にも、それが現れていた。“最優先事項”といえる補強に失敗したことで、完全に計算が狂ったと言えそうだ。

獲得を見送っても不思議はない

 また、山崎以外の補強で話題となっているのが、西武をFAになった山川穂高の獲得についてだ。山川は数年前からFA権を取得したらソフトバンクに移籍するのではないかという噂が絶えなかったが、今シーズンは自身の不祥事で長期離脱となったことが影響して、12月4日時点でソフトバンクが交渉しているという報道は出ていない。11月27日には、後藤芳光球団社長兼オーナー代行は、山川の獲得について、慎重に調査していくと発言している。

「もちろん、山川が入団すれば、戦力強化として大きいです。ただ、球団内には不起訴になったとはいえ、不祥事に対するイメージの悪さから獲得を見送るべきではないかという声もある。不祥事自体はもちろんそうですが、女性とのトラブルがありながらも、今年3月に開かれたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に何食わぬ顔で出場していたということが、特に印象の悪さに繋がっています。先日発覚した、前楽天・の安楽智大の“パワハラ騒動”を見ても分かるように、以前に比べて、野球界もコンプライアンスについてはかなり厳しさが求められています。獲得を見送る決断を下しても、なんら不思議ではないですね」(前出の在京スポーツ紙記者)

 現在のソフトバンクの打線は、柳田悠岐をはじめ、近藤健介や中村晃、栗原陵矢と左打者が揃い、右打者で安定してホームランや長打を期待できる選手が不在だ。

 過去3度のホームラン王を獲得した右の大砲である山川は、補強ポイントという意味では、かなりマッチしており、クリーンアップにおさまれば、得点力の向上は確実に期待できる。

 しかし、前出の在京スポーツ紙記者が指摘するように、他の選手への影響や世論を鑑みて、“火種”を生む可能性がある選手をあえて獲得することをリスクと考える球団関係者が出てくるのも当然だ。そういう意味では、山川の不祥事に頭を悩ませているのは、西武よりもソフトバンクのフロント陣と言えるのかもしれない。

オリックスとの差は歴然

 他の補強としては、新外国人選手の獲得が考えられるが、投手は、既にモイネロ、オスナと実績のある2人と、夏場以降に先発に定着したスチュワート・ジュニアが控えている。一軍登録の枠が4人までという点を考えると、新外国人選手が大きなプラスになるとは考えづらい。ここ数年は、野手の外国人選手がこととごく苦戦しており、今年も4人の外国人野手で放った一軍でのホームランは、わずかに1本という散々なものだった。

 当然、球団としても実績のある選手を集めるだけではなく、三軍に加えて四軍も創設し、アメリカのマイナーリーグを参考にしてチームの強化を図っていくと報じられている。しかし、日本の場合、どうしても70人枠という支配下登録の制限が大きなネックとなっており、育成選手は3年で一度自由契約になるというルールもある。また、FAやトレードでの移籍は、米国に比べると少なく、有望な若手選手を交換要員にして、実績を持つ選手を獲得することが難しい。

 実際、ソフトバンクが近年、育成ドラフトで獲得した選手を見ても、一軍の戦力になっているのは周東佑京と大関友久くらいしか見当たらない。周東と同期入団の大竹耕太郎が、現役ドラフトで移籍して、今年、阪神でブレイクしたのも皮肉な話だ。今年は、育成契約から支配下登録されたのは、ルーキーの木村光だけであり、多くの選手は背番号三桁のまま、ユニフォームを脱いでいる。

 改めて、来シーズンの予想メンバーを並べてみても、投手陣は、パ・リーグ最年長の和田毅を筆頭に、東浜巨や又吉克樹、石川柊太、有原航平。野手陣は、前出の柳田や中村、近藤をはじめ、今宮健太と甲斐拓也、牧原大成と30歳以上の選手が並び、若手はほとんど見当たらない。

 昨年オフに獲得した有原と近藤が、期待通りの活躍を見せたのはプラス材料だが、今年の山崎の獲得失敗の例を見ても、同じような補強が続けられる可能性は低い。レギュラーを脅かす若手も少なく、吉田正尚(現・レッドソックス)や山本由伸(メジャーリーグへのポスティング移籍を申請)が抜けることになっても、次から次への新星が飛び出してくるオリックスとの差は歴然だ。

 現在の主力が衰える前に、次のレギュラー候補をどこまで揃えることができるのか。常勝軍団復活のためには、今後、数年が極めて重要になることは間違いない。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部