「おお、お前か? “古田2世”いうんは」

 楽天の投手・安楽智大がチームメイトに日常的にパワハラを行っていたことが「ほぼ事実」とされ、自由契約になった。プロ野球界のパワハラ問題は今に始まったものではなく、過去にも明らかになったものがいくつかある。【久保田龍雄/ライター】

 まず巨人時代の清原和博に“浣腸攻撃”やプロレス技の実験台にされるなど、“いじられキャラ”として名を馳せたのが、小田幸平(現・中日2軍バッテリーコーチ)である。

 1998年にドラフト4位で巨人に入団した小田は、メガネをかけた捕手であることにちなみ、“古田2世”と呼ばれていた。自著『ODA52 15年以上、プロで生き残った2番手捕手の竜儀』(洋泉社)によれば、小田は巨人入団直後、「おお、お前か? “古田2世”いうんは」と清原に声をかけられたことがきっかけで、元木大介、福井敬治とともに“清原軍団”の一員となり、“清原の子分”としてマスコミに取り上げられるようになった。だが、“番長”の子分に対する物理攻撃は半端ではなかった。

 格闘技好きの清原は、PRIDEやK-1の試合の翌日になると、小田を実験台にチョークスリーパーなどの必殺技を実演した。「昨日はK-1あったからヤバい」と小田が警戒して身を隠していると、清原は周囲をキョロキョロと見回して“実験台”の姿を探し、結局、最後には見つかってしまう。

 もうひとつの必殺技・浣腸も頻繁にやられ、あまりの強烈さに出血して病院送りになったことも。2004年オフ、小田の年俸が500万円アップすると、翌日のスポーツ報知は「小田“かん腸代”込み」の見出しで報じている。

「お前の失敗なんか10日もしたら、みんな忘れてる」

 だが、小田自身は「それでも僕は、『なんやこの人、嫌やなあ』と思ったことは1度もありません。なぜなら、清原さんは、誰よりも思いやりのある透き通った心の持ち主だったからです」と擁護している。

 パスボールなど自分のミスでチームが負け、落ち込んでいると、清原は「お前の失敗なんか10日もしたら、みんな忘れてるから、お前も気にするな」と慰め、試合前のある日には「うまそうやったから買ってきた」と小田の分だけコンビニの袋に入った菓子パンとコーヒー牛乳を手渡してくれたこともあったという。

 清原氏は2021年12月、自身の公式ユーチューブチャンネルで、ヤクルト戦でこてんぱんにやられた古田への不満のはけ口として顔が似ている小田を襲撃したという思い出話を披露し、ネット上で苦言を呈されたが、これに対し、小田コーチは現在も清原氏を慕いつづけていることを公言している。

 第三者から見みると、清原氏の行為はパワハラにしか見えないが、信頼関係があれば、結果が違ってくることがわかる。

菊池雄星への“暴行”事件

 一方、選手への暴力行為で解雇されたのが、2010年の西武・大久保博元2軍打撃コーチである。

 自主参加のアーリーワーク(早朝練習)を行うメンバーたちで「アーリー会」を結成した大久保コーチは、遅刻1分につき1000円の罰金を徴収。貯まったお金は、メンバー数人で集まる食事会で還元されていた。

 だが、体罰が当たり前の時代を体験し、自ら嫌われ役になって選手を育てようとする大久保コーチのやり方は、若い世代には受け入れられなかった。10万円を超える罰金を取られた選手もいたことなどから、不満の声が上がり、6月下旬、選手会を通じて「チームの統制を害する言動があった」と球団に報告された。

 球団から罰金をやめるよう注意された大久保コーチは、噂だけでルーキーの菊池雄星が「チクった」と決めつけ、胸ぐらを掴むなどの暴行を加えた。

 事件を知った球団は7月22日、「コーチとして不適切な行為があった」として、大久保コーチを解任し、暴行の事実を確認すると、同29日付で解雇した。

 当時の大久保氏は「自分の指導は正しい」と思い込んでいたそうだが、その後、球団を相手に地位保全などを求める訴訟を起こし、裁判が進むにつれて自分に非があることに気づいたという。

 そして、2016年2月、大久保氏解雇の際に「僕の立場としては、選手も守らないといけないし、コーチも守らないといけない。デーブを守れなかったことに関して、すごく自分を情けなく思う」と複雑な胸中をのぞかせた渡辺久信SD(2010年は監督)が仲介する形で、菊池と再会した大久保氏は「オレみたいな大人が苦しめて悪かった」と謝罪。7年目の和解が成立した。

「やっぱり野球でしか人生は良くならない」

 まだファンの記憶に新しいのが、2021年に日本ハム時代の中田翔が起こした後輩投手への暴行事件である。

 同年、中田は開幕から打撃不振が続き、前半戦終了時点で打率.197、4本塁打に終わっていた。思うような結果が出せず、イライラが高じるなか、8月4日に事件が起きる。

 東京五輪開催中の中断時期に行われたDeNAとのエキシビジョンマッチの試合前、後輩投手と話していた中田が突然腹を立て、顔面を殴りつけた。2人はふだん食事をともにするなど、仲が良かったが、最近、後輩投手が距離を置きはじめたことに中田が不満を爆発させたようだ。

 中田はその日のうちに謝罪し、後輩投手も「おおごとにしないでほしい」と望んだが、事態を重く見た球団側は8月11日、「暴力は決して許されない」として、中田を無期限出場停止処分にした。

 その後、「人は間違いを起こしたときに、ちゃんと謝って、それで道をつくってもらえるならば、やっぱり野球でしか人生は良くならない」と考えた栗山英樹監督が巨人・原辰徳監督に相談し、8月20日、巨人へのトレードが決まった。

 巨人で3年間プレーした中田は「(坂本)勇人さんだけでなく、いろんな方からすごくいい勉強をさせてもらいました」と感謝の言葉を残し、来季は中日でプレーする。

 冒頭で触れた安楽がこれからどんな道を歩むことになるか、現時点ではまだわからないが、本人が改心したうえで、野球の道をつくってくれる恩人とめぐり合えるかどうかにかかっているはずだ。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

デイリー新潮編集部