昨年6月に突如発表され、波紋を広げたPGAツアーとリブゴルフの統合話。その後どう進展したのか。【舩越園子/ゴルフジャーナリスト】

モナハン会長の独断に怒り

 PGAツアーのジェイ・モナハン会長が米コンソーシアムのSSG(ストラテジック・スポーツ・グループ)とパートナーシップを結び、営利法人「PGAツアー・エンタープライズ」を共同で設立すると発表したのは1月末のことだった。

 振り返れば、モナハン会長はリブゴルフを支援するサウジアラビアの政府系ファンドPIF(パブリック・インベストメント・ファンド)のヤセル・ルマイヤン会長と「統合に合意した」ことを昨年6月、電撃的に発表。「PGAツアー・エンタープライズをPIFとともに創設する」と発表して世界のゴルフ界を驚かせた。

 しかし、それはモナハン会長とルマイヤン会長が「勝手に決めたこと」「僕たちは何も聞いていない」という怒りの声がPGAツアー選手たちから上がり、以後はPGAツアーの選手理事6名が主体となってツアーとしての意思決定を行なう形に変わっていった。

 そして1月31日にPGAツアー・エンタープライズの設立が正式に発表され、PGAツアーが手を組んだ相手がPIFではなくSSGであることも明かされた。

 今回はそこから現在に至るまでの「続報まとめ」である。

選手から「お金のスペシャリスト」に転身

 SSGから最大30億ドルの投資を得てPGAツアー・エンタープライズが設立されることが発表されてからほぼ1カ月後の3月1日、新会社の頭脳となる13名の役員が発表された。

 CEOに就任するのはPGAツアーのモナハン会長。そして、PGAツアーの選手理事を務めるタイガー・ウッズ、ウェブ・シンプソン、パトリック・カントレー、アダム・スコット、ジョーダン・スピース、ピーター・マルナチの6名も新会社の役員を兼任することになった。ウッズはモナハン会長のサポート役となる副会長も務める。

 注目はジェフ・オギルビーの起用だ。オギルビーは2006年に全米オープンを制し、一時は世界ランキング4位まで上昇した元PGAツアー選手だが、すでに第一線から退き、「以前からとても興味があった」という金融の世界へ身を転じた。現在は資産家として第二の人生を歩んでいる。

 選手仲間からの信頼が厚いオギルビーは、今ではPGAツアーにおけるファイナンシャル・アドバイザーとして選手たちのお金の運用などのアドバイスも行なっている。そんな「お金のスペシャリスト」であり、なおかつPGAツアーのことを熟知している希少な存在ということで、オギルビーは新会社でもオブザーバー的なディレクター職の役員に就くことになった。

 残る5名は、PGAオブ・アメリカの役員が1名、SSGの役員が4名という内訳だ。

 PGAツアーは従来通りの非営利法人だが、新会社のPGAツアー・エンタープライズは営利法人。企業の在り方やお金の流れは異なるものの、PGAツアー・エンタープライズの13名の役員のうち過半数の7名がPGAツアーの役員や理事との兼任という意味では、両者は「同じ頭脳」と考えることができる。

実力だけでなく人気の高さも反映

 その「頭脳」たちがまず決めるべきは新会社の巨額の株式資本の配分であり、早くも米メディアはその顔ぶれや配分を勝手に取り沙汰し始めている。

 例えば、米スポーツイラストレイテッド誌は「株式の総額は約9億3000万ドルとなり、そのうちの約7億5000万ドルがPGAツアー選手36名の手に渡る」と予想している。

 同誌によれば、PGAツアーはその36名を選ぶための3つの基準を設けているという。

 1つ目はキャリアにおける通算のパフォーマンス、2つ目は過去5年間のパフォーマンス、3つ目はPGAツアーがリブゴルフ対策として導入した人気ランキングに基づくボーナス制度「PIP(プレーヤー・インパクト・プログラム)」の結果だという。

 1つ目と3つ目を考え併せれば、戦線は離脱していても通算82勝を挙げPIPで1位の座を守り続けたウッズが株式を得る筆頭となることは誰の目にも明らかだ。2位以下には、ロリー・マキロイ、ジャスティン・トーマス、スコッティ・シェフラー、ザンダー・シャウフェレ、スピース、ビクトル・ホブラン、トニー・フィナウ、コリン・モリカワ、マックス・ホマという順番で上位10名がリストアップされている。

 日本のエース・松山英樹は、この5年間でメジャー大会であるマスターズを含めて計4勝も挙げているというのになかなか名前が出てこず、トップ20ぎりぎりの19位に付けている。

 そのワケは、米国における人気の度合いが反映されるPIPで「ほとんど得点がなく、ランク外だから」と同誌は記している。それが理由で得られる株式が本当に激減するのだとしたら、それは少々首を傾げたくもなる状況であろう。しかし、プロゴルフが人気商売であることを考えれば、頷けないこともない。

ルマイヤン会長との初会合が実現

 そんなふうにPGAツアーとSSGのパートナーシップ締結やPGAツアー・エンタープライズ創設のニュースが流れ、そのための準備が着々と進められている傍らで、PIFが焦りや苛立ちを感じていないはずはない。

 とりわけルマイヤン会長は、昨年6月にPGAツアーとPIFとの統合合意が発表された際は、PIFと共同で新会社が設立され、ルマイヤン会長自身がそのトップに座るとされていた。それなのに、今ではルマイヤン会長もPIFも「蚊帳の外」のような状態に置かれてしまっている。

 PIFとの関係を今後どうしていくべきかについては、PGAツアーの6名の選手理事の中でも意見が分かれている。

 理事の1人であるスピースは「SSGと手を組んだ今、もはやPIFからの追加投資は必要ない」ときっぱり言い切った。だが、モナハン会長は「PIFとの交渉は続けていくし、続けている」「近いうちにいい結論が得られるはすだ」などと語り、実際、「第5のメジャー」と呼ばれるプレーヤーズ選手権が終了した翌日の3月18日には、PGAツアーの選手理事たちとルマイヤン会長の初会合がバハマで開催された。

 選手理事6名のうち5名はプレーヤーズ選手権に出場していたため、大会終了後に急遽バハマへ飛んだ。モナハン会長、然り。同大会に出場していなかったウッズは、毎年、バハマで開催される「ウッズの大会」ヒーロー・ワールド・チャレンジの舞台となるアルバニーに一足早く入り、この会合のホスト役を務めた。

 資産家オギルビーやSSGの役員らも含め、PGAツアー・エンタープライズの役員のほぼ全員がバハマに集まり、ルマイヤン会長と初めて直に向き合った。

 会合では何が話し合われ、どんな結論が得られたのか? モナハン会長は「詳細を明かすことはできないが、このミーティングは建設的で継続的なものだ」と語り、PIFとは将来的に手を結ぶことを前提に今後も交渉を続ける意思を垣間見せた。

モナハン会長の大きな変化

 それにしても、昨年6月ごろと現在とでは、モナハン会長の表情や語調に大きな変化が見て取れる。

 PIFを後ろ盾とするリブゴルフのマネーパワーに「PGAツアーは太刀打ちできない」と白旗を挙げ、秘かにルマイヤン会長にアプローチをかけた一昨年から昨年にかけてのモナハン会長には、不安と焦り、心身の疲弊が色濃く見て取れた。しかし、SSGと手を結び、新会社設立も現実化して新たな軌道に乗った今、以下のようにモナハン会長の言動には大いなる自信と強気が戻り、時には尊大とも感じられる態度まで見られる。

「このミーティングはPIFによるPGAツアー・エンタープライズへの投資が適正であるかどうかを評価するための重要なプロセスだ」

「ルマイヤン会長は選手理事たちに自己紹介を行なった後、自身のビジョンや何にプライオリティを置いているか、なぜPGAツアーに対して投資を行ないたいのかを熱く語っていた」

 モナハン会長はすべてにおいて「決めるのはPGAツアーだ」「選ぶのはPGAツアーだ」「決定権はわれわれにある」というトーンを強く打ち出していた。そして締め括りは、モナハン会長のこんな言葉だった。

「これからもPIFとの交渉は続ける。その状況についてはできる限りアップデートするつもりだが、この交渉を公の場で行うことはできない。そこは理解してほしい。そして、これ以上、メディアに語ることはない」

 良くも悪くも「強いモナハン会長」が戻りつつある。それが「最強のPGAツアーのカムバック」につながるのなら、「それもまたよし」というところだ。

舩越園子(ふなこし・そのこ)
ゴルフジャーナリスト/武蔵丘短期大学客員教授。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。1993年に渡米し、在米ゴルフジャーナリストとして25年間、現地で取材を続けてきた。2019年から拠点を日本へ移し、執筆活動のほか、講演やTV・ラジオにも活躍の場を広げている。『王者たちの素顔』(実業之日本社)、『ゴルフの森』(楓書店)、『才能は有限努力は無限 松山英樹の朴訥力』(東邦出版)など著書訳書多数。1995年以来のタイガー・ウッズ取材の集大成となる最新刊『TIGER WORDS タイガー・ウッズ 復活の言霊』(徳間書店)が好評発売中。

デイリー新潮編集部